2013年12月01日

HDMIケーブル更新。

もう12月に入ってしまいました。
今年を振り返りますと・・一部の方はまだ早いと思うでしょうか。
この時期に特別の収入がある方には、機器買替えのお楽しみはこれからでしょうから。

あれはなんと言いましたかねえ。ビーナス?ボケナス?棒ナス?
・・これ以上は止めましょう。

今回ですが、今年の動きでまだ紹介していないことがありました。

HDMIケーブルに関してです。
2年前にこんな記事を書きました。その後の関連記事はこちら。

これまでのHDMIケーブルの使用状況です。
AVアンプとプロジェクター間はワイヤーワールドのクローマ6。
BDプレーヤーにはウルトラバイオレット6。
BDレコーダーはオーディオテクニカのゴールドリンクAT599V。

BDレコーダーのそれを替えた方が良かろうと思ってはいたものの、そのままでした。
オーディオ機器と言うよりは一般家電というくくりに近いので、軽視していたわけでは無いのですが実際、WOWOWのエアチェックがメインの我が家ではもっと重視すべきではなかったか・・。

そこでクローマ6あたりを購入しようと考えていた折、モデルチェンジがありました。
シリーズ7になったんですね。
なので、一部のショップでは旧シリーズを破格値で販売しているではありませんか。

クローマ7を買う値段で、6のウルトラバイオレットが買えるのです。
ならばと考えて、もうちょっと頑張ってその上にしよう、と。

赤いケーブルのスターライト、新製品の7ならば1mで3万円越え。通常ならば手を出せない商品です。
それが型落ちの6ならば1万8千円!。
型落ちは気にしない。(しないことにする)これなら買いだ!!。

と言う訳で、スターライト6の1mを購入。
131201-10.jpgですが、これを使うのはBDプレーヤーのアズール751BDの方。

そのお下がりのウルトラバイオレット6をBDレコーダーにつなげました。

それでも当初考えていたクローマ6よりも上位ケーブルを使える事になります。

131201-1.jpgさて、BDレコーダーのDMR-BZT815とオーテクのHDMIケーブル、AT599V(手前の黒いの。実売3千円後半だったか)との組合せの画質に対して、ウルトラバイオレット6に交換後の比較ですが・・。

「もっと早くやるべきだった。」(いや今回の条件があればこそ出来た事だが)

そのくらい画質に関しては変わりました。
BDレコーダーではHDDの容量をケチってレートは3段階下で録画しています。
だから、BDプレーヤーで見るディスクの画質に劣って当然と考えていました。

ところがこれがディスクに肉薄するまでになりました。
具体的には解像度と明るさが一見して違います。

映画であれば、粒子感の見え方に明らかな差があったものが同様に近くなりました。

ではBDプレーヤーにつないだスターライト6の方はと言いますと、BDレコ同様に解像度と明るさ、それに情報量の違いで画面に深さが出て、リアリティを感じました。

131201-2.jpgAVアンプ背面の様子。
黄色がプロジェクターに行く5mのクローマ6。
プラグはクローマは樹脂。他の2つは亜鉛ダイキャスト。

ところで、音の方はどうか。

これは正直デジタルの場合、画質ほどは歴然と変わらないのかも知れませんが、悪くなるはずも無いと考えられるので、それでいいのです。
画質の向上のメリットだけでも十分と感じています。

実際音質の違いなどは、その場でメモでもしないと忘れていまいますね。
すぐに慣れてしまうからでしょう。

効果を忘れる程のものなら、買う意味があるのか?
そう言う意見が想定できます。

それは『何食っても胃袋に入ったら一緒だ。』と同義語なのでしょうか。(笑)


ご連絡・・
予告と違う?
気がついた方にはすみません。
一緒の記事で書こうとしたら、多くなりすぎましたので次回とします。

それと、以降の記事予告です。
オートセットアップの検証関連で。
まずは「スピーカー距離設定値について」を予定しています。


【メーカー在庫限り!在庫処分特価!50%OFF!】WIREWORLD SHH6/1.0m HDMIケーブル ワイヤー...

WIREWORLD CHH7/1.0m HDMIケーブル ワイヤーワールド[クローマ]

 

posted by shu at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | HDMIケーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック