2013年11月22日

ケーブル自作の意義。その2

自作した2種類の電源ケーブルの比較です。

フルテックの電源タップe-TP60と、壁コンセントとの間につないで比較してみます。
この2種類のケーブル自体の価格差は約6000円です。

以下の感想は初聴き時の直感をメモした箇条書きを、そのまま書いています。

まず安価な方の、フジクラ3.5sqとWATT GETEの非メッキプラグの組合せ

低域はたっぷり。
ダンピングも良く効く。
ここがこのケーブルの特徴であり、長所でしょう。
対して、上は出ているようだが、雑味を(荒さ)感じます。

以前はプラグにパナソニックのWF5018、インレットがシェルター8101という仕様でした。
こちらでは「高域のキツさ」が気になっていました。
これが非メッキプラグではどうか?という確認のための組合せでした。

ちなみにフジクラ3.5sqに金メッキプラグを使うと、性格が穏やか傾向になるようでした。
反面でダンピングの強さという個性は後退する印象がありました。

次に、Zonotone3.5sqとロジウムメッキプラグの組合せ

131122-1.jpg価格はプラグと合わせると、同社の既製品と同様な価格になってしまいます。

ボリュウムが上がった感じ。
全域パワフル。
立ち上がり鋭い。
低音は今までで一番出る。
高域の抜けが良い。

高音のキツさはやや軽減されたのですが、鋭すぎてやや耳にイタイ場合があります。

やはりパフォーマンスは、こちらが優れていました。

ちなみに同じケーブルを自作の非メッキタップ(ケーブルはフジクラ3.5sq直付け)とPMA-2000RE間で使うと・・

シルキーサウンド。
高域伸びる。
センター定位が良い。
余韻が豊か。
華やかな感じも。
と言う第一印象でしたが、全体の比較では上のe-TP60経由の方が良い感じでした。

つまり、e-TP60を使うにあたってより高音質が期待できる方がどちらか。
やはり価格通りの結果となったのでした。

ここまで色々試して見ましたが、この前書いた「メーター6000円の差」は確かにありました。
ただ個人の感性の部分なので万人にはどうか?と言う部分はあるでしょう。

もっとも、オーディオの世界は感性でナンボっていうものなでしょうけど。
フジクラで十分だと言う人がいても何ら異議はありませんし、これは使えないと言う意見があってもそれもしかり、でしょう。

結局お金はある程度かけた方が、相対的に良いと言う事になるでしょうか。
色々とやって感性を磨く。これが自作の意義の一つと受け取っています。

131122-2.jpg青いのがe-TP60につながるゾノトーン、黒いのはフジクラ・ダイア3.5sqの電源タップ直付けです。

ところで、気になるのはe-TP60にまだ不安要因がある事です。
「鋭すぎて耳にイタイ」という事がですね。

それの改善の糸口を偶然手に入れました。

次回はその件を。



【送料無料】自作でオーディオアクセサリー(part.2) [ Stereo編集部 ]


6NPS-3.5 Meister(1.8m) Zonotone(ゾノトーン) IEC電源ケーブル


 

posted by shu at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電源関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック