2013年07月21日

ケーブル自作の入口。その2

こんにちは。
まずは「夏の点呼」にご協力、誠にありがとうございました。(笑)

今現在41拍手。見たことが無い数字です。
予想以上の数をいただきまして驚きました。

おかげ様で、止める口実が無くなってしまいました。(笑)
またモチベーションを保って行けそうです。
今後ともよろしくお願い致します。


さて本題です。
初めての電源ケーブル自作に必要な部品の選択です。
Amazonあたりで探すのが手っ取り早いでしょう。

プラグは定番のパナソニックのホスピタルグレード。954円。



またはアメリカン電機製のこちらが手頃です。650円。



ケーブルはもはや定番の感がある、フジクラダイヤCV-Sの3芯3.5sqだと、メーター売りは480円。
藤倉電線 フジクラダイア CV-S 3芯 電源ケーブル 切り売り (5.5sq)
商品の説明欄の内容は非常に的確だと思いました。
2.0sqが今月のAVレビューでも紹介されていましたね。


IECインレットコネクタはSCHURTER 8101。690円


これらは何百円の世界ですから、意外と安いモノですよね。
自作の入り口としてはとても敷居が低いです。


で、全くの初心者が注意すべきところなんですが・・。


まずケーブルです。

130721-4.jpgフジクラダイア3.5sqでは、芯線をはじめ全てが硬すぎて、加工に難儀します。

これは余ったケーブルですが、自身で直立するくらい硬いです。
画像に写りきりませんが、60cmの端を持っても曲がらずに自立します。

不安でしたら、細い方の2.0sqで始められたらと思います。

何も3芯が必要でなければ(アース未工事)2芯だけ使えば良いのです。
あるいはホームセンターで売られている柔らかいグレーのCV-S線の方がもっと無難です。(効能は多少下がるようです)

そう、電源ケーブルの自作で一番手間の掛かる作業は被覆を剥く作業です。

130721-1.jpg一番外の被覆の下に介在(硬い紙状)と銅箔のシールドがあります。

このケーブルのこの銅箔シールド。かなり厚いです。
下に落とすとカサッでは無く、カランという音がしますので。指を切らない様に注意する必要があります。

芯線も硬いので扱いにくいですが、一方で繊細なスピーカーケーブルの被覆を剥く際に芯線の何本かを一緒に切ってしまう様な心配は無く、その点だけは気を使わないと言えます。


次、IECインレットコネクタのSCHURTER 8101。

この価格帯では、他に物自体が見つかりません。
その上は一気に3000円台です。
それゆえ価格で選ぶと、これしか選択肢が無いのです。

しかし、これが初心者には曲者です。

特にフジクラの3.5sqを3芯で使おうとすると、困難を極める事になるでしょう。
と言うか、出来ない人が出てると思います。

なぜか?

130721-3.jpgこんな状態だからです。

このSCHURTER 8101の場合は端子に直にネジがついているだけです。
小さな頭のネジですから、太い芯線を締め付けて固定するには無理があります。

ですから、圧着丸端子を必要とします。
しかし、スペースの余裕がありません。


130721-2.jpgこれは別のIECインレットコネクタ(オヤイデ製)ですが、オーディオ用として市販されているオス側プラグでも、メス側のIECインレットにしても、結線方法は「差し込んで、ネジで締める」というのが通常の作業で、単純なのです。

芯線は小さなプレートをネジで挟む形で締め付けられますから、簡単かつシンプルで確実なのです。


さあ、そうなるとケーブル加工未経験者では荷が重くなってしまいますね。

すみません。今回はここまでです。

パナソニック電工 WF5018 医用接地15Aキャップ
7112GN アメリカン電機 平刃形 プラグ(ナイロンカバー) 接地2P 15A 125V
SCHURTER 8101 IECインレットコネクタ

 

posted by shu at 11:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | 電源関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
電源ケーブルの回に突入ですね。また、楽しく拝見させていただいてます。
電源系ってやりはじめると、本当に楽しいですよね。
アース処理や、タッブのシールド化、ケーブル自体の制振、結構やれることが多いですよね。
新しいアイディアが出来たら、また連絡しますね(^-^)
Posted by H の君 at 2013年07月25日 03:35
Posted by お at 2013年07月25日 10:42
電げコード
Posted by dライフ at 2013年07月25日 10:44
Hの君さん、こんばんは。

せっかくきっかけを与えて頂きましたものですから。(笑)
実は、RCAピンケーブルもサブウーファー用に作りましたよ。

まあ、ほどほどにやってみます。

と言うか、もう他にお金をかけられないって言うのもあるんですが・・。

またよろしくお願いします。

Posted by shu at 2013年07月25日 20:22
おさん、
dライフさん・・

コメントありがとうございます。
Posted by shu at 2013年07月25日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック