2013年06月09日

サブウーファーの設置位置探しリベンジ+0.2ch化。セミファイナル

異なる形式のサブウーファーを2台使用するという11.2ch化の試みなのですが、結局こういう事になりました。

130609-1.jpgお馴染みの絵柄ですが、良く見てください。

ありません。
サブウーファーが。
1台も。

どうもうまく行かないんで、とうとうブチ切れてしまいまして・・・。



2台とも撤去してしまいました・・・!?





・・・前方から。


そう、前の方に無いだけです(笑)



そろそろ飽きてきてませんか?
このシリーズに。

・・だと思っていますが、今回とあと1回くらいお付き合い下さい。



さて、上の画像ですが、実際の様子に間違いは無いんです。

つまり、11.2ch化のサブウーファー設置場所の最終プランはこの2つ。

130511-2.jpg


この図を見て違和感、疑問を感じる方も居らっしゃるでしょう。
分かります。これについては後で触れます。

まずXQ60bを後方右に移動して、これをメインのサブウーファーと位置付けます。
Q400bは、それと対称になる位置に配置します。

メインのサブウーファーとはどういう事か?

今まで使用して来たXQ60bはウチのリファレンスですから、低音再生のデフォルトが耳に残っている訳です。
これををQ400bでサポートさせるつもりで考えているのです。
(つまり、サブウーファーのサブウーファー?これはおかしいか)

同一品を2台使用する+0.2chが推奨なのは当然なので、それを補う工夫を一応考えてみると言う事です。

実際に試す前に当然「StndWave2」を使ってシュミレーションしてあります。
その結果がこちら。

130526-4.jpg

130526-5.jpg

いささか見飽きたかも知れませんが、このグラフに「気付き」があれば、真面目に読んで戴いていたと思います。

80Hz以下を見ます。クロスオーバー周波数が80Hzで設定されおり、その上の音は出ないからです。

一見して、山と谷がほぼ合っていますから、位相のズレはほぼ無し。
そしてトータルを表す青い線は一番上にありますから、2台使用の相乗効果が期待できそう。

これだとメインスピーカーのQ700の低域の落ち込みを(64Hz辺り)をうまくカバー出来るかも。

これならイケるのでは?


しかし、『サブウーファーは普通、後ろじゃダメだろ?』


そういう一般論が多いです。
これが上で書いた違和感、疑問となるところです。

これは条件次第です。この話は次回でします。





【送料無料】ホームシアターファイル 2013年 07月号 [雑誌]

 

posted by shu at 11:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | サブウーファー設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shuさん、こんにちは!!

うちのは、何も考えずに、真ん中にど〜〜〜〜んと置いているのですが、音の質が変わった性か、天井の鳴りがどうしても起こります。

いろいろとこの点、対処していかないととはおもっているのですが、うちは、部屋が狭いし、コンセント位置の問題もあるので、なかなか、厳しいですね〜〜〜(涙)
Posted by ajisai at 2013年06月10日 15:42
ajisaiさん、こんばんは。

て、天井の鳴りですか?
大音量で鳴らしすぎとは違うんですね(笑)

ウチでは背面の壁側をカーテンでデッドにする事で、極端に低音の強い場所を幾らか軽減出来ました。

あー、コンセントの位置は確かに重要ですね。

まあ、天井が鳴るほどですから、逆に位置的には悪くないのではと思います。


Posted by shu at 2013年06月10日 21:24
Shu さん、お久しぶりです。

とうとう、サブウーファーの回も大詰めですね。
周波数のグラフですか?私には難しいことはわからないですが、60 Hz辺りの波形の落ち込みも少なくなったのですかね。飽くなき努力の結果ですね(^-^)

低音域の調整って難しいですよね。うちはアパートなので、小音量でも充分な量感があって、バランスの取れた調整が必要です。

アンプのDSP調整ではなく、あくまでもスピーカーのセッティングで追い込んだ今回の話は大変参考に成りました。

私事ですが、サラウンドsp 更新しましたので、近々裏にもお邪魔しますね(^^)/
Posted by H の君 at 2013年06月15日 22:39
Hの君さん、こんにちは。

グラフについては、素人の見たまま判断ですから、それなりに見ると矛盾点があるかも知れません。
プロか、それに近い人でもないですからね。

実際、フロントスピーカーの片方とサブウーファー1個のグラフで見た場合には、あそこまでの改善はありません。
結局、各自の環境に合わせて設置すれば、今はAVアンプの方で十分調整してくれるはずです。

では今までのは無駄か?
やればそれなりの効果はあると思っていますし、それが楽しみですからね。

サラウンドSPは何にしたのでしょう?
またお待ちしております。
Posted by shu at 2013年06月16日 11:25
1さん。

恐れ入ります。
URLのみのコメントでしたので、スパムと混同し、削除してしまいました。

再度のコメントいただけないでしょうか?
Posted by shu at 2013年06月21日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック