2013年05月05日

サブウーファーの設置位置探しリベンジ+0.2ch化。 その3

既設のサブウーファーXQ60bと、追加したQ400b。前者が30センチウーファーでダウンファイヤリング(下向きウーファー)。
対して後者は25センチでフロントファイアリング(前向きウーファー)。

異なる仕様の2台をどう使う?っていうテーマです。

基本的には11chにプラス0.2ch化を目指すのですが、この異種サブウーファーの組合せがうまく行かない場合にはAVアンプ接続による11.2chではない、別の使い方も想定できるのです。

まず、

メインスピーカーにアドオン接続。
同じくセンタースピーカーにアドオン接続。
同じくサラウンドスピーカーにアドオン接続。
アドオン接続とは、スピーカーの端子にスピーカーケーブルでサブウーファーをつなぐ方法です。(片方からで可)

いずれもそのスピーカーの、低音を補強するためです。

上の3つはAVアンプを通さない、サブウーファー単独での追加方法です。

それから・・
外部パワーアンプとしても使用中の、プリメインアンプの出力端子につないで、2ch専用のサブウーファーとする。

これはサラウンドでの使用を諦めた場合の方法です。
Q400bという設備投資を正当化するための救済策です。(別の呼び方で言い訳)


これらを踏まえたところでまずは、AVアンプAVR-4311のSW2出力につないで、オートセットアップをかけてみました。


さて、最初に試したQ400bの位置は1番。
視聴位置からの距離は1メートルくらいです。
(黒い楕円はXQ60b。この位置は変えません。)

130505-1.jpg

視聴位置の後ろで動線にかからない所です。

そして映画で試聴・・

・・すると・・低音の質とか量とかの前に、問題があり。
なんと表現しましょうか。

こう、頭の中がもやーっとしてどうしようもないんです。


正確には耳の奥なのでしょう。頭痛とはまた違うんですよね。
なにか頭の中を捻られる感じがします。

これでは聴いていられません。


続いて2の位置。 

ここでも同様のもやーっとしてダメ。


そもそもこの、もやーってのは何なのか??


ショップのNさんに確認。


『あー、それは位相ですね。』

(やはりそうでした。)

『サブウーファーは前の方に置くと位相がずれても解りにくいんです。』
『後ろに置くと、頭(耳)を挟んでしまうので、位相のずれがそう聴こえます』

との事でした。

これで前後の2台使いという、当初のプランはボツリヌス・・。

じゃあどうすれば良いのか?
普通に前方左右に2台?


また次です。

この休みにこれを試しています。↓
良いですよ。付録の電源ケーブル。裏ブログに書いています。



【送料無料】自作でオーディオアクセサリー [ 福田雅光 ]

 

posted by shu at 11:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | サブウーファー設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shuさん、こんにちは!!

なるほど、ウーハーを後ろに置くとそういう現象になるんですね。

勉強になりました!!
Posted by ajisai at 2013年05月09日 15:29
ajisaiさん、こんばんは。

そうです。前後で自分を挟むといけません。

この時点で「無駄金使ったかなー」という初期状態ですね。

次回さらに行き詰まります(笑)

Posted by shu at 2013年05月09日 19:35
shu様こんにちは。
お久しぶりです。以前質問させていただいたyuyas2000です。
覚えておられますでしょうか?
最近もちょくちょくHPのほうチェックさせていただいています♪
しかし・・・進化速度がはやすぎますw
shu様の探究心と向上心にただ驚くばかりですw

最近は電源ケーブル自作と、さらにDIYにも邁進されているみたいで、感想とレビューを楽しみに待っております♪

私の方も少しずつですが、前進しているような・・・気持ちで入るのですがゆっくりやっています。
最近フロントバイアンプ7.1chからフロントハイトにA55XGを追加して、9.2chへシステム移行し、センターを中古購入で77XGへ交換、HDMIをベルデン製へ交換して、壁コンセントをオヤイデに!と行きたいところですが、パナの普通の抜け止めコンセントに交換しましたw
最後のは金銭面+仕事が電気工事士で配線器具が安く手に入るのと、交換工賃は自分でできるので1000円かからなかったのでやってみました。

と、本題からずれました。
最近自分もシステム入れ替え時にSWを移動させてみたのですが、どうにも低音がつよくて、5.1ch収録作品を鑑賞すると家具(ドア)が共振して、う〜ん・・・という感じです。
とりあえず、ホームセンターとかに売ってる発砲ブロックの上にオーディオボード敷いて150mmほど浮かせて、大分マシになりました。
一緒にRCAケーブルをベルデンに変えたせいも多少はあるのか、9.2chにして4311設定をノーマルにしてPLUのハイトにしたのが大きいのか、本当にセッティングで協調を取るのって難しいと感じています。
1つでもこんななのにSW2つになったら・・・w
shu様のチャレンジ精神に脱帽です♪
楽しみにしていますので、ぜひマイペースに頑張ってください!
更新楽しみにしております。

ってとりとめのない文面でもうしわけありません。

ちなみに最近KEF Q900に興味津々だったりしてますw
Posted by yuyas22000 at 2013年05月11日 18:18
yuyas2000さん、こんばんは。
しばらくでした。

もちろん覚えております。

>しかし・・・進化速度がはやすぎますw
shu様の探究心と向上心にただ驚くばかりですw

ほかにやる事が無いだけですよ(笑)


サブウーファーで家具が共振しますか。
サブウーファーの場所としては今度の位置が良いのでしょうけど・・。

低音の強い場所を避けるのがいいのですが、家具の方は動かしようが無いんでしょうね?

僕の部屋では入り口のドアが共振してバタつきました。以前に行った対策は過去記事にあります。

http://dfly1.seesaa.net/category/4694543-2.html

定在波対策でカーテンを吊るし、部屋の位置による低音の強弱の差を少なくする事が1つ。

もう1つは、共振するもの自体に鉛シートを貼り付けてしまいます。

どちらも普通の人はそう簡単にはやりませんねw


Q900は確かに魅力的ですね。
ただし、Q900にしたら低音対策はもっと大変になりそうな気がします。(笑)


>ぜひマイペースに頑張ってください!

ありがとうございます。
そうさせていただきます。




Posted by shu at 2013年05月11日 20:18
Q900だと確かに低温対策がもっとたいへんいなりそうな感じですよねw

本当はDENONの77XGのトールボーイがほしいのですが、もう販売はされてませんし、中古も出回ってるのを見かけるのはまれですし・・・
この前某オークションで見つけたのですが、手持ちの先立つものとの関係でその時は見送ったのですが、無理してでも手に入れておけばと後悔してます・・・

とりあえずT77XGが出品されるのを気長に待ちながら、アンプを購入したりして、11.1chを目指して準備していこうかと思っています。

DENONが新しい1本10万〜クラスのいいスピーカーをだしてくれればいいのですが・・・
今では55SGが最高ですし・・・
期待できるかどうか・・・w
Posted by yuyas2000 at 2013年05月15日 21:33
yuyas2000さん、こんばんは。

なるほど。それは困りました。
お察しします。

そう言えば、DENONにはそのクラスのスピーカーが存在していませんね。
販売の主力をDALIに切り替えているのでしょうか。

仮にKEFでフロントスピーカーを考えたとき、センターも込みで、3本を交換するという手もあります。

例えばQ700とQ200cの組合せとか。

しかし、せっかくDENONで揃えていらっしゃいますよね。
ここがサラウンドの難しいところであり、悩みどころですよねー。


Posted by shu at 2013年05月15日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック