2013年04月21日

サブウーファーの設置位置探しリベンジ+0.2ch化。 その1

今回からの記事のテーマは2つあります。
まず、サブウーファーの最適な置き場所を決定する方法。

それともうプラス0.1chで、サブウーファーのツインドライブ!
しかも2本が同じでは無い、別々のサブウーファーで。
これで11.2chに発展させます。

早速ですが、「Stndwave2」というフリーソフトをご存知でしょうか?
詳細はこちらです。

これは評論家の鴻池氏がAVレビューの特集記事でも勧めていた、定在波のシュミレーションソフトですが、WEB上でも見かけた人もあるかと思います。

サブウーファーの位置探しについては以前「サブウーファーの設置位置探し」で触れましたが、何とも中途半端な結果でしたから釈然としませんでした。
やはり聴感プラス、目に見える裏付けによる方法が無いものか?
「Stndwave2」でサブウーファーの位置をシュミレーションすると、こういう疑問が解消出来るのです。

そして、プラス0.1chでサブウーファーの2本使い。

実はこの件は、「プラス0.2chとは? それと近況を・・・。」で一度あきらめていました。
当時、異種(形式や大きさが異なる)サブウーファー2台ではうまく行かないはずと判断したためです。

ですが、最近ある人から異種サブウーファーを2台使っている話を聞きまして、それでまたスイッチが入ってしまいました。

結論から言いましょう。
異種サブウーファー2台の0.2ch化は無駄ではありません。
たぶん、「それなり」ではあるとしても十分な効果があります。

 
さて、Stndwave2というソフトなのですが、誰でも使えます。
これは、メインスピーカーのQ700でシュミレートした場合の結果です。
部屋のサイズと各壁面がデッドかライブかを、おおよその数値で入力するとグラフ化されるのです。

130407-1.jpg

グラフの黒が左スピーカーで赤は右スピーカー。
青い線はトータルの値です。

38Hzあたりにピークがあって、67Hzあたりがガックシ落ち込んでいます。
これだと低音のオイシイ部分がちょっと聴こえにくいのだと思います。

ここの谷間をサブウーファーで補填出来ればイイのではないか?と言う事です。

ではこの位置データををサブウーファーのそれに置き換えてシュミレーションしてみれば・・。

実は・・実際は最初からStndwave2を使った訳ではありませんで・・。


とにかく『2台目のサブウーファーを置いて試してみろ』って言うノリだったのですが、それが行き詰まりかけましてね。っていう話を次回からやります。

そうですねー。全12回くらいの記事を予定しているので、最近のペースだと「その12」は10月くらいになりますか・・。


ウソです。冗談です(笑)

そんなには続きませんが、多少は長くなりそうです。



ところで、こちらのサブウーファー、デノンのDSW-55SGですが、比較的安価な製品の割に雑誌のベストバイとかによく載って評価が良いですね。

その割に情報をあまり見ませんが、お店の評価は良いです。
小型ブックシェルフをご使用のお客さんにはおすすめらしいです。

【送料無料】デノンサブウーファー(1台/ブラック)DSW-55SG K [DSW55SGK]

 

posted by shu at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | サブウーファー設置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/356482581
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック