2013年01月13日

サラウンドスピーカーのセッティング。 その2

サラウンドスピーカーの「振り角」についての見直し詳細です。

ここで言うサラウンドスピーカーとは、以前ならばリアスピーカーとか、リアサラウンドスピーカーとか呼ばれていたもので、視聴位置の横から斜め後方に配置する、左右一対のスピーカーの事です。
他のサラウンドchのスピーカーと区別して、単に「サラウンドL、R」と呼ぶことにしています。

そのサラウンドL、Rを単独で鳴らした時どう聴こえるか?そこから振り角を詰めてみました。

前回、画像を載せましたが図面でも説明します。

130113-1.jpg

赤色の点線が従来の「振り角」で、視聴位置の後方30〜50センチ位を狙ってほぼ平行か、わずかに角度をつけたりしていました。
ここが前回記事「その1」で書いた思い込みによるものです。

「リアのサラウンド音場は頭の後ろに定位すべき」と言うのが、その思い込みでした。

で、今回の見直しが青色の振り角。
視聴位置の前方30センチ程度を狙ってみました。

この状態だとどう聴こえるのか?
青色の楕円が今回の見直した振り角による、音場のイメージです。

130113-2.jpg

前方に少しずつスピーカーを振って行くと分かりますが、より豊かな広がり感と囲まれ感が出てきます。
その感じのピークを現在の振り角にしました。

でも逆に後方定位は薄れるのではないか?と言う懸念が湧きそうです。

それは心配に及びませんでした。サラウンドを聴くと後方の音は意外としっかり定位します。
もっとも、スピーカーはそこにある訳ですから。
それでいて、側面にかけての囲まれ感が出てきます。

ちょうどサラウンドL、Rとフロントメインのつながりを補完する、フロントワイドスピーカーの音場に重なってくるイメージになります。

対して従来の赤色の振り角に戻すと・・
音場は後方に固まって狭くなり、広がりは感じられません。
それに、改めて聴くと分かるのですが、対面する音が相殺されて潰れる感じがします。

そもそも、わかる人には当然のことでしょう。

つまり、前方にスピーカーを振ることで、部屋の前方への拡散と反射を利用します。
これは、サラウンドスピーカーのセッティングは視聴者が逆(前)を向いているだけで、2chステレオと同様な考えで良いという事だと思うのです。

シャープなセンター定位を重視すれば内振りにし、広がり重視ならば外振りにするという、スピーカーセッティングのセオリーです。

130113-3.jpg今回は思い切って視聴位置前方に振ったことで、サラウンド音場の拡大という効果を得ました。
これで映画の効果音やBGMは部屋の壁の外に広がる感覚が出てきます。

それともう一つ、サラウンドバックスピーカーの存在感と言うか、役割分担が明確になりました。

サラウンドL、Rスピーカーを前に振ったことで、若干前よりになった真後ろの音像定位をサラウンドバックスピーカーが補完するということです。

今まではサラウンドL、Rの音がサラウンドバックに被って、希薄されていた感じがあったのです。


今回同時に、サラウンドバックスピーカーの左右振り角も見直しました。
こちらも視聴位置に向けてやや内振りでしたが、これを正面に直しました。
サラウンドL、R同様に自然なステレオイメージを得る方向にしてみました。
内振りにするとスピーカーまでの距離が近いため、頭の位置で後方センターの定位がシビアになってしまうのを避けたいのです。

サラウンドバックスピーカーの上下の振り角についてはまだテスト中で、結果が見えたら書きます。

今回、それぞれのサラウンドchを個別に鳴らして解ったことがあります。
場所によってひどい音で鳴っているスピーカーがあるということです。
フロントハイトがそうでした。天井の隅で、低音が増幅されてワンワンします。
これはオートセットアップで修正されるものなのか?
低音吸収の手を打つべきか?
スピーカーはもっと小さくても良いのでは?

このあたり、今後の課題です。

それとPMA-2000REについて、いい加減触れないといけませんね。
これは次書きます。




【送料無料】ホームシアターファイル 2013年 01月号 [雑誌]

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
こんにちは。

オートEQですが、SP周辺の条件でも設定値がかなり変わるようですね。
自分もオートセットアップをかける毎に音が違うのでいろいろと試行錯誤してみたのですが、
試しにSPの隣に吸音材を置いたり、薄い鉄板を置いたりして反射の条件を変えて見た
ところ、EQ特性が大きく変化しました。

ただ、オートEQによってグラフィック上の特性は改善されても、実際に出てくる音は
必ずしも良いものではなかったので、まずは素の状態でより音質の好ましいポイント
を見つけ、その状態を更に伸ばすような形でEQを使ってあげた方が結果は良かったです。
Posted by ラッツ at 2013年01月20日 14:30
ラッツさん、こんにちは。

はい、おっしゃる通りの様です。
特に天井の隅にあるフロントハイトを、何とか素の状態で良い音がするようにやってみるつもりです。

ところでラッツさんのサブウーファー2台使いの詳細が気になります(笑)
記事のアップを楽しみにしています。
Posted by shu at 2013年01月20日 17:16
そういえば、まだSUBウーファーの記事書いてませんでしたね。(汗)
近い内に書きますので、少々お待ち下さい。(笑)

Posted by ラッツ at 2013年01月20日 17:35
解りました。待ってます。(笑)
Posted by shu at 2013年01月20日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/313079857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック