2012年12月29日

サラウンドスピーカーのセッティング。 その1

今年もあっという間にもう、2日あまりとなりました。
この年末年始の休み中には、色々とAV機器のセッティングを試みる皆さんも多いことでしょう。

さて、サラウンドスピーカーと一括りで言いますが、サラウンドの左右とサラウンドバック、それにフロントハイトと、フロントワイド、各スピーカーのセッティングを見直してみようというのが今回からの記事の趣旨です。

何でフロントのメインとセンターが入っていないのか?

これらのスピーカーは大概、簡単に触れる環境に有る訳で、上に挙げたスピーカーよりは多少気を使っているはずだからと思うのです。

前回までの記事、「サラウンドスピーカーの配置補足」の内容も踏み台になっております。

さて、サラウンドの配置は出来た。しかし個々のサラウンドchがどんな鳴り方をしているのか、気になったことは無いでしょうか?

それと各スピーカーの上下の振り角について、気にしたことはあるでしょうか?

まずは、上に書いたそれぞれのサラウンドスピーカーを一対のステレオスピーカーとして聴くとどう聞こえるのか?
それを確認してみる必要があります。

方法は面倒ですが、サラウンド左右のスピーカーケーブルをメインスピーカーの端子に繋ぎ変えて、ステレオソースを再生することです。
ここはプリメインアンプがあると、繋ぎ変えが多少楽になりますが・・。

では一番影響が大きいと思われる、サラウンドの左右スピーカーから。

ウチではKEFのQシリーズの2世代前の製品で、iQ1と言うスピーカーをサラウンドchに使っています。

121230-2.jpgこれを専用の壁掛け金具で取付けてあります。
こちらが視聴位置から見た今までの状態。
振り角は、視聴位置の後ろ30センチ程度を狙っています。

金具の構造と壁掛けという都合から、下向き方向にはこれ以上物理的に下がらないのです。


普通、AVアンプの取説などではスピーカーは視聴位置に向けると書いてあるのですが、実直にそれを守って、視聴位置に正対させるのはまず困難です。

上下の振り角に関しては、結論から言うとスピーカー同士を正対させなければほぼOKだと思います。
なので無理してツイーターを視聴位置に向ける必要もないということです。
直接音が耳に直撃するのは、サラウンドchではあまり良くないようです。

おおよそ「頭上交差」で良いと思います。

こちらに関してはラッツさんがテストされていますから(前回記事にて紹介)同調させていただき割愛します。(笑)

サラウンドスピーカーの上下振り角は偶然良い感じでした。
ならば左右振り角はどうか?

実はこの振り角について僕は、ある思い込みに支配されていました。

随分前に専門雑誌において、「サラウンドスピーカーは後頭部を狙った方が良い」というような記事を見て、それを疑いもせずに実践していたのです。

しかし実際には違うようです。

121230-3.jpgラッツさんの記事と、同記事内で参考にされていたあの、かないまる氏のホームページを見て、試した結果がこれです。


思い切って視聴位置の前方30センチほどの位置で交差するような振り角にしてみました。

これが非常にイイようなのです。

それは何でか?どうイイのか?
2chソースを再生した時どう聞こえれば良いのか?

恐縮ですが、また来年。



・・・

ところで・・・。


『まだ言う事があるだろうに』と突っ込む方が何人いらっしゃるか、分かりませんが・・・。




・・そのツッコミは、これに対してでしょうか?



121230-1.jpg

実は、メインch駆動用の外部パワーアンプ兼、CD再生用のプリメインアンプ、PMA-2000RE。
こちらをPM5004に代わって導入しております。
こちらのリポもまたいずれ。

『そうだよ!それだよ!』と思った方。
下の拍手ボタンを押して頂くと、熱心な読者さん(ありがたいことです)の数が把握できます。

よろしくお願いいたします。


それでは今年一年ご訪問ありがとうございました。
良い年をお迎えください。


音元出版 オーディオアクセサリー147号【季刊・オーディオアクセサリー 2012WINTER】【2012/1...

デノンのベストセラーモデルが、新世代REシリーズに生まれ変わって新登場。【送料無料】DENON ...

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
早速、視聴位置前にあたりに来るように設定をやりかえました。

この方が分かりやすい感じがします。
ありがとうございます。

今日で仕事も終わりです。
今年も、お世話になりました。
来年も宜しくお願いします。
良いお年を〜〜〜
Posted by ajisai at 2012年12月30日 15:23
ajisaiさん、こんにちは。

ありがとうございます。

記事が中途半端になっていますが、要は前方への拡散です。

サイドへの回り込みも豊かになると思います。

サラウンドSPは後ろで鳴らすものという概念を外したら、良い結果になったと言う事です。

こちらこそお世話になりました。
良いお年を〜。
Posted by shu at 2012年12月30日 16:00
こんにちは。

サラウンドのセッティングを見直してからというもの、いろいろとソフトを
引っ張り出して観ています。
ホームシアターを始めて今年で10年目になりますが、最近になってようやく
自分が求めていた音と映像に近づいた気がしています。

高校生だった頃、まだビデオデッキですら一般家庭に普及していなかった
時代、部屋に大画面テレビを置いて映画を観る事がずっと夢でした。
あれから30年、ホームシアターも手軽に楽しめるようになり、またBDが主力に
なった事で、映像、音質共に映画館を超えるようなクオリティが自宅で実現
出来てしまうとは夢にも思いませんでしたが、ネットの普及も含め、ホント、
よい時代だなあぁと改めて実感しています。

これで、日本が20年来の不況から脱却出来れば言うことないのですが、まあ、
来年に期待したいですね!

それでは来年もどうぞ宜しくお願い致します。
良いお年を!
Posted by ラッツ at 2012年12月31日 13:02
ラッツさん、こんにちは。

まったくおっしゃる通りですね

僕もおかげさまで、過去最高の視聴環境を構築できています。

ただし、不況の影響色濃く、来年の見通しは本当に暗いです。

今年は随分と散財してしまいましたので、しばらくは、おとなしくしています。(泣)

今年1年、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

Posted by shu at 2012年12月31日 13:32
こんばんは!!
いつも追求ぶりが凄いですよね!
僕も見習わないといけないです!!(^.^)

CD用にアンプも導入されて羨ましいです!
うちはサラウンドと2chの共有は無理かな??
なんて諦めつつあります(^▽^;)

何はともあれ来年も宜しくお願いします!!
よいお年を!!(^^♪
Posted by take51 at 2012年12月31日 21:38
takeさん、こんばんは。

今年最後のコメントありがとうございます。

来年も無事続けられることが一番と願うばかりです。

良いお年を〜。
Posted by shu at 2012年12月31日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310569035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック