2012年12月09日

サラウンドスピーカー配置補足その1 EQ設定値から何を読み取るか?

家庭でのサラウンド構築ではとにかく、5本のスピーカーとサブウーファーを揃えるという事が第一の壁で、それぞれの配置や取付けの方法などが当面の関心事となることは僕自身の経験はもちろん、訪問者さんの検索ワードから読み取れます。

とかく設置が済んでしまうと「それでオーケー」となったまま、設置場所とのマッチングや例えばスピーカーの振り角などについてなど、考えが及ばないということが多いと思います。

前回もそして以前からも紹介して来ました、スピーカー配置図ですが『もう何回も見たので要らん』という人もいらっしゃるかと思いまして(笑)内容をもうちょっと掘り下げておきたいと思います。

そこでAVセンターのAVR-4311で設定される、スピーカーコンフィグレーションとオーディシーのEQ設定値他から、サラウンドスピーカーのセッティングのヒントを探ってみます。

まずは前者のスピーカーコンフィグレーション、すなわち大小判定です。
これでサブウーファーに振り分ける低音の有り無しを判定します。

121209-1.jpgフロントのメインスピーカーのQ700のみが「大」で他は皆「小」と判定されています。

ただしこの判定は目安表示のようなものと思います。


121209-2.jpgこちらはクロスオーバー値の確認画面です。

クロスオーバー値とは、サブウーファーが受け持つ周波数の境界値とでも言っておきます。

一方でこれは各スピーカーの低音再生能力を表しています。(設置場所による低音の出方で左右されますし、測定位置でも変わります)


フロントスピーカーのQ700はフルバンド、つまり全ての周波数を受け持つ能力があるということで、この場合サブウーファーにはフロントchの低音は出力されません。

サラウンドはiQ1というブックシェルフ、フロントハイトはHTS3001SEという小型サテライトなのに40Hzとなっているのは、設置場所の影響だと思います。低音が天井や壁の反射で強くなっているのだと思います。

ここからはオートセットアップで設定された、EQ(イコライザー)の確認画面です。
ここで各スピーカーの音色を揃えるための設定結果が見れます。

121209-3.jpgフロントのQ700です。

60Hzあたりが下げられています。
この補正が無いと確かに低音は強めに出ます。


121209-4.jpgセンターのQ600c。

こちらはフラットに近い状態で鳴っていると言えそうです。
センターゆえ壁からの影響を受けないせいなのかも。


121209-6.jpgフロントワイドのiQ7です。

フロントのQ700と似た傾向ではあります。


121209-5.jpgサラウンドのiQ1。

同じiQ一桁シリーズであるフロントワイドのiQ7と似ています。


121209-7.jpgサラウンドバックのHTS3001SE。

他のスピーカーに比べて振れ幅が大きいです。
スピーカーは壁付ですが天井に近く、2面の壁の影響が低音を増大させます。
200Hzあたりを下げて補正されています。


121209-8.jpgフロントハイトのHTS3001SEです。

こちらも振れ幅が大きいです。
ここは一番壁の影響を受けているはずです。
部屋の上部角であり、3面の壁の影響を受ける場所です。
300Hzあたりが下げられています。


このEQ設定値いわゆるイコライザーカーブから何を読み取れるか?
これは素人なりの経験値からの意見ですが・・。

このカーブがフラットに近いほど、部屋の環境や設置位置においてそのスピーカーの補正値が少なくて済んでいるということです。

つまりスピーカー本来の性能や素性に近い状態で鳴っているということになるはずです。

例えばメーカーや特性がばらばらのスピーカーを組み合わせた場合でも、このEQカーブは上下にガタガタになるはずです。
イコライザーで「ある程度似た感じ」に音色調整が出来たとしても、それは上に書いた理由で「いい音」では無くなるものと思います。

これがメーカーやシリーズは極力揃えるべきという根拠の一つです。

またEQカーブに左右で大きな違いがあるのはその部屋の環境を表しています。
経験上では部屋の上部の角の吸音あるいは拡散で(このあたりがやってみないと分かりません)左右の違いと高さ方向の表現が向上しました。
部屋のライブあるいはデッドの調整と、付随するフラッターエコーの撲滅も効くハズです。

もう一つ、このEQ設定値が設置位置でもっとも影響が出る場合。これは隣接する壁に近い場合に顕著となります。
低音の出すぎとなるからです。

うちで言うとサラウンドバックとフロントハイトに使用しているHTS3001SEがそれです。
200〜300Hzの付近が大きく下げられています。

これがスピーカーの個性によるものか、設置場所の影響なのか?
これを次回以降で探ってみます。

KEFユーザーのフロントハイト用におすすめです。↓
[送料無料]台数限りKEF HTS2001.3-B(ピアノブラック)(ペア) (価格問合せ)

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック