2012年09月30日

iQ7をフロントワイドスピーカーに。その1

前回、AVR-4520の記事を挟さんだために話が間延びしていますが、前々回までの流れとしてはこうでした。
メインスピーカーをQ700に譲ったiQ7ですが、フロントワイドch用として使ってみることにしたのです。

そもそも、フロントワイドch用のスピーカーにはどんなものを使うべきなのか?

他のサラウンドスピーカーのように、小さくても良いのかどうか?
このあたりの情報は、あまり見かけないように思います。

ということは、実践者が少ないのか?

考えようによっては、サラウンドやフロントハイなどよりも設置の難易度は低いはずなのです。
高い位置に設置工事する必要がありませんから。

しかし、一般家庭でフロントにスピーカーを4、5本置いたら、見た目の仰々しさから遠慮される、あるいはそれ以前に認可?されないケースがあるのかも知れません。
もっとも、大型スクリーンを使用するとメインスピーカーの外側にフロントワイドスピーカーの置き場所が自体が無くなるということがあるわけですね。

ですが、置けるものなら是非置いてみることをオススメします。
特にバーチャルスピーカーという概念を使用しない、オーディシー陣営のAVアンプをお持ちの方々には。

では実践記です。

まず、フロントワイドスピーカーの「高さ」については、以前のHTS3001SE使用時から、フロントスピーカーのツイーターと同じか、やや高い程度(せいぜい15センチ位まで)をOKと見ていました。

逆に「低い方」はあえて試してはいません。
それは、フロントメインからフロントワイド、サラウンドへというスピーカー配置の中でフロントワイドだけが低くなるのは不自然だろうという、推察が出来るからです。

それを踏まえての準備ですが、iQ7はそのまま置くとQ700よりも低くなります。
なのでハミレックスのスピーカーベース、SB-125をかさ上げのために使っています。

120909-1.jpgこの前の記事の写真です。


しかし通常の縦使いで設置してみると、視聴位置からの見たiQ7の高さが思った以上に視覚的な圧迫感を感じて落ち着きませんでした。
たとえ同じ高さであっても、手前側にある物の方が遠近法で高く見えるので尚更ということもあります。

120929-2.jpgそのためこの様にSB-125を平置きの2段重ねとしてみました。

これで全高はほぼ揃いました。
(実際にはiQ7のツイーターはQ700のそれより3センチ程度は高い位置になっています。)


ところで、ハミレックスの「スピーカーベースSB-125」ですが、同社の比較的安価なスピーカースタンドと同じ材質の木製ブロックです。実売は4個セット最安で1万2、3千円でしょうか。
なので1個あたり3000円ちょっと位です。

『高いよ!』『ホームセンターでレンガやブロックを買って使えばいい』と思われるますか?

僕も昔は使った経験がありますから、それは良く解ります。
ですが、レンガやブロックはちゃんとした寸法に出来てはいません。
要するに、きっちりとした立方体になっていません。

それに下手をすれば、スピーカーの底や床をガリガリ君にしてしまうことがあります。

そのためにガタ取りや、ペアの平行出しといった細工やキズ防止、見た目のカモフラージュに手を掛けていたら、その作業時間で1個3000円程度の元ならすぐに取れてしまうものです。

軽すぎる?または密度が低い?
もっとも、ここの部分がお気に召さないと言うなら、仕方ありませんけど・・。

120929-1.jpgさて、配置を終えるとこんな感じになりました。

同じようなフロアスタンディングのスピーカーが4本も並ぶと、さすがに壮観です。

と言うか、ここまではたして必要なのか・・・?


120929-3.jpg結果としては必要でした。

フロントワイドスピーカーは、メインスピーカーと同等な方がよりベストではないか。
という結論に至りました。


詳細はまた。


ハヤミ HAMILeX SBシリーズ ブロック型スピーカーベース(4個1組) SB-125

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
こんにちは。

フロントワイドはずっと気になっているのですが、設置場所の問題
から躊躇しています。
例えば、フロントSPに横方向約20p、前後方向で約30cm手前辺りに
スピーカーを設置したのでは効果はあまり期待できないですかねぇ?
まあ、実際に自分で試してみればよいのですけど。(汗)

それと自分のブログ(ブックマーク)にこのサイトのURLを登録して
おきました。
遅くなりまして申し訳ありませんでした。
Posted by ラッツ at 2012年09月30日 14:41
ラッツさん、こんにちは。

そうですかー。普通、部屋には両側の壁がありますからね。それが一番の問題でした(汗)

ウチの場合は左右方向に45センチ程度離していまして、さらに120センチ程前に出して開きの角度を稼いでいます。

ラッツさんの場合だと、効果は薄くなるにしても、スピーカーがもう1ペア増えることの効果もありますから、一度お試しされたらと思います。

URLの登録ありがとうございました。
Posted by shu at 2012年09月30日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294835102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック