2012年09月10日

iQ7はどうするか。

フロントラインを一新した訳ですが、もちろん低域から底上げされてスケールアップした音が聴けています。
ですがもうあとひと押し。今回からの記事はそんな内容となっております。

さて以前のセンタースピーカーiQ6cはヤフオクでなんと、定価の半値で落としていただきました。まあ驚きました。落札者さんにはとても感謝しています。

一方、メインスピーカーだったiQ7はと言いますと、こちらはまだ手元に在ります。

ヘビーなリピーターの方は(少しはいらっしゃるかな)お察しの事と思いますが、あるプランのために残しました。
もちろんまだ、もったいないですから。

フロントの3本のセッティングが落ち着くか、落ち着かないかのところではありますが、iQ7を再登場させました。

120909-1.jpgこれは単純に新しいQシリーズのQ700と比べて音はどうか、聴き比べてみるために置いています。

これから試すプランでの、かさ上げしたイメージを見るためにハミレックスのスピーカーベースSB-125の上に置いています。

僅かにiQ7の方が高いのは想定内の狙いでもあります。


前シリーズのiQ二桁よりも、音質が似ている傾向だと思われるiQ一桁なのですが、こうやって聴き比べてみると音質の違いはあります。
しかしながら、箱の響きや鳴きというような付帯音(表現合ってる?)を感じないフラットな音質はKEFのそれで、その点では共通しています。

あとはQ600cの記事で書いた通りの感想です。

一番感じるのは高音のシャキシャキするのが、Q700だと目立たないこと。
ウーファーも一個多いし箱自体も容量が違うので、そのスケール感は大分違うものです。
スケール感に関してはスピーカーは大きほうが良いというのが実感出来ました。

それと、家で聴く印象ではあまり感じませんが、当初店頭での試聴で低音のレスポンスはハイスピードな印象を持っています。家であまり感じないのはエージングがまだなせいか、部屋のせいか?

さて、音色の違いにやや懸念はあるものの、早速あるプランを試してみます。

それはiQ7をフロントワイドスピーカーとして使ってみることです。

どうです?
そもそもフロントワイドchに適したスピーカーの大きさは?
設置の位置と高さは?
このあたりの情報は少ないです。
ならば自分で試してみる他あるまい。という訳です。

つづく。


そろそろ最終価格ではないでしょうか?↓
DENON AVR-4311 K デノン AVアンプ


ブロックやレンガもいいですが、あれらは寸法ばらばらなんで使いにくです。
HAMILEX ブロック型スピーカーベースSB-125(4個1組)メーカー直送でいち早くお届け!


 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
遅ればせながら、Q700導入おめでとうございます!!

本当に遅くて申し訳ありません。

フロント綺麗に揃いましたですね。
こういうのも大事ですよね(笑)
で、iQ7をワイドにですか、いいですね〜〜〜
スピーカ設置はしんどいですよね。
弟君のヤマハ8HXを引っ越し&2階へ設置は、本当にしんどかったですから。


ちなみに、4311、底値なんでしょうね。でも、全く買えませ〜〜〜ん(涙)
って、映画観れてないし・・・(汗)
Posted by ajisai at 2012年09月11日 17:45
ajisaiさん、こんばんは。

どうもありがとうございます。
そんな、申し訳ないことありませんよ。

NS-8HXですか・・・って32.5kgもあるじゃあないですか〜。そりゃあ大変でしたねえ。
僕ならそれはアウトです。


4311もう底値でしょう。今月発表があると勝手に予想してますが・・。

映画見てません?
これから秋の夜長、時間作れるといいですね。

またよろしくお願いします。
Posted by shu at 2012年09月11日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック