2012年08月25日

Q700の搬入、設置レポート。 その3

KEFのQ700設置レポートは今回で最後です。
バックナンバーとは言っても、バイブル誌にスパイクを刺したままでは失礼なので早々に作業の続きを。

120812-10.jpg雑誌は4冊用意していました。1本のスパイクに1冊です。
これを抜いてスパイク受けと入れ替えます。

スピーカーを片手で傾け、片手でスパイク受けをセットしますので、ここでの作業が不安な方は誰かに支えてもらってください。倒してしまったら大変ですので。


ただ、スパイクを付けない場合には雑誌も不要でした。
フローリングなどに直置きする場合は(おすすめは出来ませんが)スタンドのみで使用するようです。

120812-11.jpgこの丸い部品はスパイクの固定用ナットです。
これを仮に付けておきます。


「足」の形状がこのようなスパイダータイプになって、この調整が100倍やりやすくなりました。
いや、大げさでなくです。
スピーカーは大抵部屋の角に置くことが多いですから、スピーカーの底にスパイクがあると、体や手を入れることさえ大変だったりするからです。

120825-1.jpgこのように付属のレンチで、スピーカーの傾き調整が楽に出来ます。


120812-12.jpgもちろん、水平になっているかどうかの確認は、水平器や重りと糸などを使って行います。


120812-13.jpg水平出しが終わったら、先ほどの固定用ナットを締め込み、ゴムのメクラ蓋を付けて終わりです。


120812-14.jpg例によってバナナプラグを使用する場合には、端子の先の赤と黒のキャップを取り外します。
バイワイヤや、たすき掛けの接続はエージングが終わった後が良いようです。


作業全般で気を付けたいのは、サランネットはiQと比べて薄くなっています。
うっかり手が入ってしまうとスピーカーのコーンに触れる可能性も有りそうなので、バッフル面には触れないことです。

これで設置作業は完了ですが、ここからしばらくは外に振ったり内に振ったり、スピーカーをですね。
あーだこーだと試行錯誤するわけです。

120812-15.jpgユニQの下がユニQのウーファーのドロンコーン。その下がウーファーとそれのドロンコーンとなっています。

ドロンコーンとはパッシブラジエーターとも呼ばれるものです。
電気的に駆動していませんが、ウーファーと同様に振動するのですね。


iQ7使用時からの転用ですが、ムカイさんの白御影石のサイズは幅400×奥行450で、厚さは30ミリです。
このサイズでQ900も乗っかります。

ところで、某掲示板の書き込みに「御影石を奢っている人」と書かれましたが、他のオーディオボードよりも白御影石は遥かに安価です。2枚で1万円しませんからそんなに奢ってはいないと思いますが・・。
あのコーリアンでは薄くて頼りないですし。

その下はニトリのタイルカーペットです。
フローリングに御影石を直置きでは、ガタ取りが面倒なのでこれにしました。
組み合わせるスパイク受けは黒檀製のPB-10です。
御影石の硬質プラス、黒檀の比較的軟質という組合せです。
それとスピーカーの下には100均で仕入れたフェルトを敷いています。定在波対策のためです。

ところでiQ7はどうなったのか。
まだ手元に在ります。
ある目的のために再度登場させるつもりです。
それではまた次回。

投稿後記
夜の撮影は難しい?画像の色合いがおかしいのは今後の課題です。
Q700のレビュー?感想ですか。僕にそれを聞きます?
「裏B」の方でお話します。


プレーヤーの水平調整に欠かせない高精度水準器。アルミ削り出しハウジングaudio-technica/オー...

◇音がよみがえった。 元祖御影石ブームの火付け役 期間限定 ポイント10倍 白御影石GR17 45...

山本音響工芸 PB-10 (アフリカ黒檀製スパイク受けベース/4個一組) (PB10)

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
去年は真空管アンプを導入して
自分の音を手にいれたなあと思いました。
今年は是非スピーカーを入れ替えたい。
KEFのQ700にするかQ900にするか悩んでいましたが
参考になりました。
うちは、6畳なので十分と思いました。
Q700とQ900じゃ価格に開きがあって
どっちでもローンですけどね。
ただ導入の時期が違ってきます。
設置とかも参考になりました。
導入した際は7.1ch化にも挑戦したいです。
フロントに4つ置くのもいいかもしれませんが
AVアンプが対応しているのか不明です。
あと角度とかも数値と図で説明して頂けると
ありがたいです。
まるさんのページで判りますか。
Posted by レーザー at 2013年01月03日 09:26
レーザーさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。
記事がお役に立ち幸いです。

マルチch用ならQ900を無理して買う必要は無いと思います。本当にQ700で十分ですよ。
僕ももちろんローンです。(笑)

「角度とか数値と図」なんですが、ブログの右上にある、配置図のサムネイルをクリックして下さい。
また、その上の「スピーカー配置図について」をクリックして補足記事をご覧ください。

他に不明点などがありましたら、遠慮なく聞いて下さい。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by shu at 2013年01月03日 11:23
shuさん、初めまして。
今回Q900を購入したのですが、この記事を事前に拝見させて頂いて、本当に助かりました。ここを見ずにやっていたら、雑な私はいきなり段ボールを開封して、大変な目に遭っていたと思います。
またいろいろと参考にさせて頂きたいと思っています。
Posted by 綾鷹 at 2013年06月17日 22:13
綾鷹さん、はじめまして。
管理人のshuと申します。
コメントをいただき、ありがとうございます。

Q900は大きいですから、搬入から箱出しまで、それなりに大変だったでしょうね。
僕のブログ記事がお役に立ったようで大変嬉しいです。

ブログも拝見しました。
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by shu at 2013年06月17日 23:46
白御影石とスパイク受けを買ったのですが、期せずしてshuさんと同じもの? のようでした。これらも無事に取り付けて、とりあえずは完成です。

shuさんの記事を勝手にリンクさせてましたが、問題なかったでしょうか?

私のブログはとてもいい加減で、shuさんのような理論に基づいた解析はなく、直感的な話ばかりで恥ずかしいばかりです。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 綾鷹 at 2013年06月19日 16:17
綾鷹さん、こんばんは。

Q900が無事セット出来たようで、お疲れ様でした。

御影石のボードに否定的な意見もある様なんですが、そんな高価でもありませんし、黒檀のスパイク受けを使っておけば文句も少ないでしょう(笑)僕の選択理由はこうでした。

リンクの件ですが、問題ありません。ありがたいことです。

僕のブログですが、物理的事象を主観で紹介しているだけなんですけれど・・。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Posted by shu at 2013年06月19日 23:35
shuさん、こんにちは。
ブログにリンクさせて頂きました。ご教示頂き、ありがとうございました。
Posted by 綾鷹 at 2013年06月22日 17:14
綾鷹さん、こんばんは。

リンクありがとうございました。
Posted by shu at 2013年06月22日 21:03
shuさんこんばんにちは、埼玉在住の大門と申します
まずはこのような貴重なレポートを拝見させていただけたことに感謝いたします。
今度新築を建てるに当たってリビングシアター導入に踏み切りました。
オーディオのオの字もわからないところから始まり、図書館やネットで調べてKEFというメーカーを知り、東京まで視聴をしに行ったりしました。
やっぱりQシリーズ良いスピーカーですね♩素人耳の私でも心地よさが軍を抜いていました。
その際の構築がフロントQ500とアンプRXA3030だったのですが、残念ながらQ700の現物がないらしく比較出来ませんでした(泣
価格差が約5万円?くらいのようですが、その分の違いってあるものなんですかね(笑)
Posted by 大門 at 2014年12月17日 15:26
大門さん、ありがとうございます。
はじめまして、管理人のshuです。

記事がお役に立てて幸いです。

はい、Qシリーズは最初にご購入されるスピーカーとしては文句のない選択ですね。
何より、他よりも価格が安いも良いです。

Q500とQ700の差ですが、スピーカーの大きさから来る違いは低音です。
単純に低い音が良く出ますのでスケール感が違います。
しかし、両方を聴き比べるとそうですが、単品ならQ500で十分となるかも知れません。

Q500の方は解りやすくおおげさに言うと、カラリとした明るい音色になるかと思います。

どのようなスピーカー構成をお考えかによって、選択肢が違って来ますね。
Q500の方はTVシアター向け、あるいは将来はサラウンド、またはサラウンドバックに移設するとかが考えられます。

この機会に、と言うか最初にやらないと後では出来にくくなりますから、サラウンドスピーカーの構成はQシリーズで統一されることをおすすめします。

新築のリビングシアター、楽しみですね。
またよろしくお願いいたします。




Posted by shu at 2014年12月17日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック