2012年07月16日

センタースピーカーをQ600cに入替えました。

前回の記事の最後でお知らせしましたが、この度センタースピーカーを入れ替えました。

何でセンタースピーカー?

スピーカーって言うと普通は左右ペアではないですか。
対してセンタースピーカーは1本で済みます。
・・つまり価格も比較的安価となります。
まあ、手の出しやすい方のアイテムだと言うことです。

今まで使っていたKEFのiQ6cはスピーカーユニットの径が130mmで、メインのiQ7は165mmですから、その口径を合わせてみるとどうなるか。単に容量をアップすることになりますし。

「iQ」のシリーズでは165mm口径のユニットを使用するセンタースピーカーは何故かラインナップされていなかったのです。

120716-4.jpgそこで選んだのは現行QシリーズのQ600cです。


120716-1.jpgユニットは見た目に小さく見えますが、これで165mmです。
現物は以前試聴会で見ていました。箱自体かなり大きく、これなら頼り甲斐がありそうだと思っていました。


120716-2.jpg130mmユニットのiQ6cとはこれだけ大きさが違います。
ですがQ600cの定価が70,350円に対して、iQ6cは74,529円だったのです。

容量の違いは価格に比例しないという一例ですが、iQ6cは凝ったデザインをしていましたからね。


120716-3.jpg現品を自室に持ち込んで設置すると、やはりデカイ物です。
現行Qシリーズは四角デザインになり、見た目ただの箱です。それ故容量は増していますから、かなり主張が強い見た目になります。

重量もありますね。14.1kgですからメインのiQ7の14.5kgとほぼ一緒です。

同理で、まんまiQ7を横たえたような印象すら受けるのは大げさでは無いかと。

これを縦にしたら、メインスピーカーとしても使えるんじゃないか?
そんな感じがするほどの立派な箱です。

では実際の音はどうか?

まだまだ鳴らし始めたばかりですが、低い音は当然の事ながら出ます。
気になるのは2世代前のiQとの音質の違いです。
これは、ほとんど気になりません。
高音の聞こえ方はメインのiQ7と比べて、より明瞭に聞こえますがキンキンしてはいません。
またシャキシャキしすぎでもありません。
これが1世代前のiQ二桁シリーズとの組み合せだったなら、音の出方、佇まいに違いがある様なのですが、僕の場合の組み合わせでは大丈夫というのが販売員氏の意見です。

では当初の目的であるユニットの大きさを同じにした、効果はどうだったのか?
これは明快な違いがありました。

AVチェックディスクの「HiVi CAST」でのセンタースピーカーの音量合せのチャプター。
そこでセンターとメインから交互にパーカッション(コンガ?)が鳴るのですが、その音の聴こえ方に違いが出ました。

以前は聴けなかった「響き」がセンターに乗っています。
メインのiQ7では響きを伴っているのに、iQ6cではその響きが無くソリッドに聴こえていたのです。
これを僕は以前の記事で「センタースピーカーを使用では不要な響きは聞こえず明瞭である」などと書いた記憶がありますが、これは間違いだったと言うことになってしまいました。

小径スピーカーではサブウーファーが受け持っている低域部分、これは他のサラウンドスピーカーの分も一台で全てまかなうという役割ゆえに、どうしても欠落してしまう部分を補い切れないということなのでしょうか。

さて、Q600cとiQ7との組合せについて・・ほとんど気にならないと書きましたが、そのパフォーマンスの違いは感じてしまいます。それに見た目の大きさのバランス。

いずれメインも・・・と成らざるを得ないだろうと思いつつも、暫くはこれで行くか。
と考えていた矢先・・・。

おせっかいにも、ショップからDMが届きまして

「お得意様ご優待」「サマー何とかセール」「特別低金利クレジット」「ハンコをご持参下さい」
などと、そんなのに乗っかったらまさしく、飛んで火に入る夏の虫だよな。

と思いつつも・・う〜ん、考えた。迷った。




・・・・・











120716-5.jpg

布石は既に。↓
過去記事「フロントライン一新のシミュレーション?」

・・また次回。


投稿後記
管理人ですが、お金は無い方の人です。可処分所得が有利なだけです。
iQ6cですがオークションに出しまして、思わぬ高値で落として頂きました。
だから、Q600cの購入費は実質2万円だったのです。
iQ6cよ、北の大地でも元気で。


 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281320296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック