2012年04月30日

11.1ch化リポート。 その4

管理人が中学生だった頃、街の電器店にはセパレートオーディオなる物が置いてありました。

それはフルサイズオーディオ機器のセット売りで、チューナー、カセットデッキ、レコードプレーヤー、それとプリメインアンプに20cmクラスウーファーのスピーカーに、ガラス扉が付いたラックまでセットだったと記憶しています。

・・それが記事と何の関係があるかって?
まあもうちょっと聞いて(読んで)ください。

それを見に行った時の話です。
社長と思しき人が音を聴き比べろと言うわけです。パイオニアとコロムビアを。
(コロムビアとは今のDENON)

で、社長が操作しますが、なかなか音が出ない・・。
あちこちスイッチなんかをいじってると、いきなり大音量でバーーンと出るわけ。

まず、飛び上がりますね普通。

それを2回ほど繰り返されたんですが、そのたび近くにいた事務の女性が「ひゃーっ」と悲鳴を上げてました。(笑)

これが今回の話とどう?
後々解ります。

前置きが長くなりましたが、本題です。

PM5004が思ったより元気がいいので、試しにフロントメインスピーカーを駆動してみることにしました。

プリメインアンプをAVアンプのフロントメインスピーカー駆動用に使用すると、別の楽しみが増えます。
それはCDプレーヤーなどを接続して、ピュアの2chとの両立が出来るということです。

手順としてはまず、
AVR-4311の設定で、外部パワーアンプの割り当てをフロントメインにする。
AVR-4311のフロントメインのプリアウトをPM5004のAUXにRCAピンケーブルで接続する。
PM5004にフロントメインスピーカーのケーブルを接続する。
そしてPM5004のボリュウムを0時の位置に上げた状態でオートセットアップをかける。

120429.jpgオートセットアップ時のテストトーンを聞いていると、メインスピーカーのボリュームが少し低い感じ。
ここで設定された音量はこのように+2.5db程度となりました。

これでいくつかのソフトを試してみると、次のような感じに。

全体に低音がやけに効く。
サラウンドスピーカーの音量が以前より大きくなっている。
低音が出すぎの割にフロントメインスピーカーからの音圧は余り感じられない。

どうも全体のバランスがおかしい感じがしました。

以前、内蔵アンプ使用時のフロントメインスピーカーの音量設定は‐6.0db程度でした。

これと比べると現在PM5004の出力レベルが足りない模様なので、PM5004のボリュウムを13時30分位に上げて再測定し、音量が‐2.0程度になったのでOKとしました。

この状態で、低音が効きすぎの症状は収まりましたが、どうもフロントからの音圧は低い感じがします。
この辺りPM5004の自力の不足か、マランツとデノンという個性の違いから来るものかと思われます。

何日かこの状態で鳴らしてみましたが、ある懸念も有りまして、より無難なフロントハイトスピーカーの駆動に使用することにしました。

ここで言うある懸念とは・・。
ここで冒頭のエピソードですよ。

PM5004をAVアンプのフロント駆動とピュア2chを両立する場合、PM5004のボリュウムにはくれぐれも気を付けなくてはいけません。

もう、マニアの方ならお気づきでしょう。
やるんですよ。多分。可能性が高いですね。

つまりPM5004をAVアンプの外部アンプとして使用した時のボリュウム位置のまま、セレクターをCD等に切替えて2chステレオを再生するとします。

この時です。
この時、ボリュウムを戻し忘れたらどんなことになるか・・・。

・・・いきなり「ドン」と出て、「ひゃーっ」では済みますまい。
なんせ14時近くまで上げてあるわけですから。普段は9時まで上げれば十分な音量が出ます。

最悪、スピーカーが飛ぶか、自身が倒れるか?(笑)・・です。

僕はこれがコワいのもあって、いや実際に一度はやってしまう自信がありますから(笑)PM5004はフロントハイトに使うのが正解だと決めました。

記事は以降にまだ続きます。


追記
やはりボリュウムの件の心配が無いように、プリメインアンプには「パワーダイレクト入力」機能付きのものが安心ですね。

【ホームシアターの専門店アバック】PM7004 marantz(マランツ) プリメインアンプ

DENON PMA-1500SE-SP プリメインアンプ デノン PMA1500SESP

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
おはようございます!
ボリュームは怖いですよね・・・
うちも2chのアナログ再生ではボリュームを上げてます。
映画に切り替えるときは気をつけないと、
吹っ飛びそうになります!一回やってスピーカーを
壊したかと思いました(笑)
Posted by take51 at 2012年04月30日 10:49
takeさん、おはようございます。

そうですか、2chのアナログ再生でですね。
確かに2chのアナログは入力レベルが低いですからね。

今後くれぐれも気を付けてください(笑)

ちなみに・・・
再生レベルの違いは、AVアンプ側で入力レベルを調整出来れば他と同等な音量になると思いますが、お持ちのAVアンプではどうなんでしょうか?
既にご承知ならばすみません。
Posted by shu at 2012年04月30日 11:22

ご無沙汰しております。
PM5004の件、密かに興味がありまして、いつも楽しみに拝見させていただい
ておりました。
私もAVR-A100に2ch用で使用している真空管アンプやサンスイのαシリーズ
(一応、名機と言われたアンプ)を繋いで実験した事がありますが、思った
ような結果が出なくてちょっとガッカリした経験があります。
理屈ではフロントを外部アンプで鳴らしているはずですから、音は良くなる
と思うのですが、実際、内蔵アンプでそのまま鳴らした方が、全然音がいい
んですよねぇ。(汗)
結局、AV(プリメイン)アンプの場合、プリ段の部分で信号を抽出すると、
音が平坦すぎるので、ピュア傾向のパワーアンプだとそれが正確に増幅され、
結果として大人しい印象の音になってしまうのかなぁって思いました。
Posted by ラッツ at 2012年04月30日 17:43
ラッツさん

こんにちは。お久しぶりです。

本当はPM7004で試してみたかった気もしますが、音色の違いの懸念もあるので微妙なところだったでしょうか。

ただ、影響の少ない(と思っていますが)フロントハイト用に使うには、安価な本機は選択肢として有りではないかというのが実感です。
Posted by shu at 2012年04月30日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック