2012年02月05日

フロント側の拡張サラウンドchの特徴。

最近のAVアンプではフロント周りの拡張サラウンドチャンネルの採用が目に付くようになってきました。
ドルビープロロジックIIzのフロントハイトやオーディシーDSX、さらに最新のDTS Neo:Xでもフロントハイトに加えてフロントワイドが追加されています。

現在所有のAVR‐4311はドルビープロロジックIIzとオーディシーDSXに対応しています。
今回はこれらの聴感の特徴を書いてみます。
120205-1.jpg

画像のピンク色の線は従来の5.1chのサラウンド音場と、フロントハイトを追加した場合の音場イメージの境界線です。
線より下側が5.1ch時の音場イメージと思ってください。
左右の端が持ち上がっているのはサラウンド音場につながって行くイメージです。
これにフロントハイトスピーカーを追加すると、線の上側が全て埋まるイメージになります。


これを踏まえて、まずドルビープロロジックIIzから。

センターのボリュウムは強め。
意図的な音の加工は無し。
高さ表現はオーディシーDSXよりも明確。
横方向の広がりは少ないが、サラウンドスピーカーとのつながりは良好で、その間も十分音で埋まる。
9chアンプではサラウンドバックもONとなる。
(強制でON。サラウンドchと同じ音が出る模様。解除不可。)

元のソースのサラウンドchから抽出した成分をフロントハイトから出しているため、従来のプロロジックIIxと違ってシネマやミュージックといったモードは無いのです。
なのでどんなソースでも使える、汎用性の高い拡張サラウンドと思います。
2chの音楽ソースでも違和感少ないと思います。


オーディシーDSX

・フロントハイトのみ再生の場合・・
高さの表現よりも、奥行と広さが増す印象が強い。
奥行の表現のための意図的加工がある。(反射音)
セリフのソリッド感はやや後退する。
一方でセリフのリフトアップ効果があり。

・フロントワイドのみ再生の場合・・
横方向の拡張と共に印象的なのは、サラウンドchとのつながりと包囲感が増して新鮮な感覚。視聴位置の横まで回り込む感じ。
前方からサイドの移動、さらに後方への移動する音の表現はドルビーPLIIzよりも断然出ます。

・フロントハイトとワイドを同時再生の場合・・
それぞれを足して「2」になるかと言えばそうではなく、言わば双方がブレンドされるわけで、劇的な相乗効果は期待しすぎですが、フロントの音場空間は部屋の大きさを超えて相当に拡大する印象です。

ただ、ソースによってはセンターの響きが効きすぎの場合もあり、フロントハイトの有り無しを好みで使い分けるのが良いと思います。
ただし、フロントが充実する分、後方がどうも物足りないと感じます。
個人的にはフロントワイドとサラウンドバックを選択した9.1ch再生が好みです。

ちなみに各拡張サラウンドでどのような効果がかかるか、解りやすいのはニュースや紀行ものなどのナレーションの聞こえ方で判断出来ます。

・・これでサラウンドバックを同時に鳴らす、11.1chではどんな感じになるのか?
なんとか実践を急ぎたい衝動に駆られます。

次回はサラウンドバックスピーカーについても触れておきます。


AVR‐4311の他の9ch仕様のAVアンプは↓
ONKYO 9.1ch対応AVセンターTX-NA1009(B)

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
こんにちわ^^
 以前の記事を参考にしてサラウンドバックをやっと設置しました(汗)
 使用しているアンプはソニーの5600ESでして、このアンプはFHを接続しているときは擬似9.1chとなりまして、これまではこの状態で使用しておりました。
 今回FHに使っていたスピーカーをSBに使い、いわゆる7.1chにしたわけなのですが、当然のことなのかもしれませんがフロントからの迫力が少なく感じられます。
 せっかく設置したのに以前の配置のほうがよかったような気がしてなんか残念だなぁと思ったりしています。
 SBは実スピーカーの方が良いものだと思っていましたが、5600ESにおいては違うのかもしれませんね。もう一度FHに戻してみて試してみようかなぁと思っております。

 shuさんはFHとSBどちらかを選択するならばどちらがいいと考えますか?

 今回も解かりにくい文章で申し訳ないです(汗)(汗)
Posted by うにに at 2012年02月06日 22:34
うににさん
こんばんは。

TA-DA5600ESですか。良い機械をお持ちですね。

ご質問の件ですが、ちょうど次の記事のテーマに考えていたところです。

>shuさんはFHとSBどちらかを選択するならばどちらがいいと考えますか?

今の私の環境では「両方です」と答えてしまいます。(笑)

実際には個々の事情により変わる部分だと思われます。

お話の内容と、5600ESの機能など推察しますと、フロントハイを実スピーカーでサラウンドバックを擬似再生の方が良いように思いました。

ともあれ、実際に試してみないと分からないこともありますので、良い経験をされたのではないでしょうか?
いずれ設置した金具もまた使う機会があるかも知れませんよ。

ところでこちらのサイトをご存知ですか?
http://kanaimaru.com/
何か参考になるかもです。
Posted by shu at 2012年02月07日 00:21
こちらのブログを参考に4311+TP22で11.1chをやって見ました。
こちらと違って、スピーカーは安物ですが。(フロント3ch+SWが33SG、残りがA11SGを全て壁掛け)
DSXで気になるのはセンターからフロント、あるいはフロントからセンターへ移動するときの人の声ですね。妙なエコーが付きます。こちらのようにプロジェクターを使って、フロントの間隔を広く取れると、さほど気にならないのかもしれませんが、うちの42インチ液晶では結構気になります。
SBをFH、FWと同時に使うと、正直存在がよくわかりません。オン、オフを切り替えても差があまりないのです。
ですが、DSXをオフにして、PLUxでSBを有効にすると、その存在がはっきりわかります。
DSXではSBを弱くする処理も行なっているのかもしれませんね。
ただ、各スピーカーの存在が弱まってまさにシームレスな音場になります。
もう通常の5.1chには戻れませんね。
設置スペースさえあればスピーカーに金かけるより安上がりですし。
Posted by cammy at 2012年02月07日 02:21
shuさんレスありがとうございます。

>今の私の環境では「両方です」と答えてしまいます。

SONYのアンプではFH、SB両方が実スピーカーでも同時に鳴らすことは出来ないようでメニューからどちらを鳴らすのかを選択する必要があります。
5600はFH7.1の方を推奨しているなんて意見も聞きますし、それだけリロケーション機能が優れているってことなんでしょうね。

>実際に試してみないと分からないこともありますので、良い経験をされたのではないでしょうか?
いずれ設置した金具もまた使う機会があるかも知れませんよ。

その通りですね。
今回試したことで自分がどちらの配置が好みなのかが確認できましたし、今後アンプを買い換えることがあるとすれば金具がそのまま使えますしね^^

教えていただいたかないまるさんのサイトも存じておりました。開発者の意見もやはり参考になりますしね^^

>cammyさん

11.1ですか〜。うちではそこまでの実スピーカー配置は難しいので実際に試せる方はうらやましく思います。5.1や7.1などとは違うシームレスな環境はとても気持ちの良いものだろうなと想像してしまいます^^

長文駄文になりましたが今後の更新も楽しみにしております。
Posted by うにに at 2012年02月07日 08:10
cammyさん、はじめまして。
管理人のshuです。コメントありがとうございます。


>こちらのブログを参考に4311+TP22で11.1chをやって見ました。

つたないブログですが、これでも参考にしていただき幸いです。
「TP22」ですか。この製品を初めて知りました。
なるほど、こういう手もあったんですね。もうちょっと早く知っとくべきでした。(汗)


>DSXで気になるのはセンターからフロント、あるいはフロントからセンターへ移動するときの人の声ですね。
>妙なエコーが付きます。

確かにおっしゃる通りです。スクリーンでも同じだと思います。
試しにストレートデコードの5.1で再生しても若干エコーが残りました。
なので距離補正のせいなのか、ソースの元がそうなのか、過去の経験からもそういうものだと思っています。

もっとも、以前使っていたヤマハのDSPアンプではもっと顕著なもので、声が隣の部屋から聴こえるような感じでした。
それと比べるとまだ、ましだと考えています。
ヤマハの現行機は初期反射の補正など行うようで、改良されているかも知れません。オーナーの感想も聞いてみたいものです。


>SBをFH、FWと同時に使うと、正直存在がよくわかりません。オン、オフを切り替えても差があまりないのです。

実は一週間位前から、11.1chに取っ掛りまして、今のところの感想ですが・・・。
確かにSBが薄まる感じはありますが、DSXのFHとFWを同時ONでもSBの存在は認識出来ています。
何が原因でしょうか?
ただ、SBは設置条件次第では効果が分かりにくくなるのかも知れませんし、現にオーディシーも優先順位を低く見ていますね。


>各スピーカーの存在が弱まってまさにシームレスな音場になります。

むしろSBやFHなどはその存在が消える事で、音場感は良く出ていると感じます。

確かに5.1chには戻れませんね。11.1chはイイです。(笑)

AVR-4311オーナー様の貴重なご感想ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
Posted by shu at 2012年02月07日 23:48
うににさん、こんばんは。

サイトの方やはりご存知でしたか。失礼しました。

FHを設置した音を初めて体験してから、すぐ映画館に行く機会がありました。
そこで感じたのは、サラウンドの後ろの音より、前の方全面から来る音の方が圧倒的であることでした。
これはFHを設置した家のサラウンドと同じ感じではないかと。

残念ながら、ソニーのAVアンプは聞いたことがありませんが、ウリの部分はまさに「映画館の音」らしいですね。
そう考えるとやはりFHを生かした方がオイシイのかもと思いました。

リロケーションでSBを生成出来るなら、下手に実装するよりもベストな音が出るはずですし。

お互いグッドサウンド、グッドサラウンドを目指して行きましょう。
またよろしくお願い致します。
Posted by shu at 2012年02月08日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック