2012年01月15日

HTS3001SEの天吊り方法2 既製金具流用篇。

今日の記事も、非常にレアかつピンポイントな内容となっております。

111225-2.jpg12月25日の記事で、HTS3001SEを既製のブラケットを流用して天吊りした、こちらの画像を貼っていましたが、今日はその詳細について書いておきます。


はい、これは非常に広い需要があると思われる案件です。(笑)

まず流用するブラケット(スピーカー天吊り金具)ですが、以前から設置済のボーズの100Jを吊っていたものをそのまま使います。
現在同じ物は販売されていないようですが、101シリーズ用のCW-30BやデノンのASG-10などが使えると思います。



そのブラケットに汎用金具を取り付けて、HTS3001SEの台座をそのまま引っ掛けるというのがその方法になります。

使っているのは、30×30のアングル1本と細長い、汎用ステー金具2本です。
120115-3.jpg

アングルは30センチ程度の物を買って、適度な長さで切断します。
ステーの方は有った物を使ったのですが、もとは片方がL型に曲げてある汎用ステーで、穴のピッチは38ミリ、板の幅は15ミリのものです。
これも適度な長さで切断します。・・下に飛び出ていますが普段はスピーカーの影になって見えないので良しとします。

ブラケットの接続とステーの取付けにおいては、アングルの長穴がミソです。
V字の角度でHTS3001SEの台座の引っ掛け部との位置関係が変わって来ますから、最良の位置で固定するようにします。

まあ、この辺は当事者だけが理解できる事かと思いますが・・・。

台座の引っ掛け部分ですが、ネジを入れても締め付けは出来ませんので長めのネジを使ってダブルナット(ナットをナットで締め付ける)で緩み止めをしておきます。
要は壁掛けと同じ要領で、「金具に掛けた状態」にするわけです。

120115-1.jpg実は以前この部分のオリジナル金具を作っておいたのですが、設計ミスで使うのを断念しました。(泣)
スピーカーが天井取付け板のセンターから離れ過ぎて、ブラケットの角度調整部分に負担が掛かりすぎました。


120115-2.jpgそれで急遽有り合わせで作ったのがこれです。
考えれば何とか出来るものです。


以上参考になる方がいらっしゃれば幸いです。
(実施の方は自己責任にてお願します。)

さて、これでサラウンドスピーカーの全てがKEFのユニQドライバーになりました。
これでようやくドルビーPLIIzやオーディシーDSXのサラウンドフォーマットの適正な感想が書けると思います。

次回からはそのあたりに触れて行きます。
(そりゃあ、断然揃えたほうが良かったですよ。)

DENON ASG-10(2台1組) 壁掛けブラケット デノン ASG10


これも使えるかもです。

コストパフォーマンスモデル! 汎用・小-中型スピーカー天吊り金具※1月限定送料無料!※汎用/...

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
shuさんはじめまして!

いつも更新を楽しみにしております。
随分前に何かを検索していてこちらにたどり着き自分にとってタイムリーな記事を書かれていたことに感動してそれ以来お気に入りにさせていただいていました。
偶然にも私もよく似た構成でAVを楽しんでおりまして、ムカイさんのオーディオボード、ベルデンのSPケーブル、スピーカーはKHT3005ES(5.1chセット)と3001SEを1ペア使用しています。

去年結婚を期に増築しまして、そこにシアタースペースを設けたんですが、SBを天吊りにするためにどうしたものかと悩みながら今まで保留していまして、現状フロントハイとして3001を1ペア、両サイドに置いてあるディスプレイケースの上に設置して使用しております。

3001を天吊りにするための記事をお書きになるということで今回の更新を待ち望んでおりました。

今回の記事を読ませていただきまして、なるほど!こうすればいいのか!ととても参考になったのであまりにうれしくてコメントさせていただきました(笑)どう取り付けたものかと思案しまくっていたので(汗)
近いうちに天吊り金具を購入して同じようにやってみようと思います。

長文の駄文でしたが、これからも色々なHowto記事の更新を楽しみにしております。今後ともごひいきに(^-^)

Posted by うにに at 2012年01月15日 21:39
うににさん、はじめまして。

管理人のshuです。
コメントありがとうございます。

いらっしゃいましたか?

非常にレアかつピンポイントな内容が役立つ当事者様が。(笑)
僕の記事がピンポイントでお役に立てそうで本当に良かったです。


>自分にとってタイムリーな記事を書かれていたことに感動して・・

もったいないお言葉です。


>去年結婚を期に増築しまして、そこにシアタースペースを設けたんですが、・・

それは重ね重ねおめでとうございます。
うらやましいかぎりです。


>今回の更新を待ち望んでおりました。

それはそれは、お待たせしてしまいましたか?
今後も忍耐力を持って更新を待ってください。(笑)

KHT3005ESとHTS3001SEの7.1chですね。
きっといい感じでサラウンドしていると想像します。

HTS3001SEを天吊り出来ると出来ないとでは今後の展開のためにも大きいですからね。
ぜひ、うまく天吊りできるよう、がんばってみてください。


>長文の駄文でしたが、・・

いえいえ、長文コメント大歓迎です。

どうせ、コメ欄もがらんとしていますので。(笑)
またご質問でもあれば、お気軽にコメントしてください。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。
Posted by shu at 2012年01月15日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック