2011年11月20日

最近目立つ検索ワードは「AVR-4311」

最近、当ブログ訪問者さんの検索ワードの中で特に目立つようになって来たのが「AVR-4311」なんです。

110219-2.jpgこれは、デノンのミドルエンド9.2chAVセンター(レシーバー)ですね。
僕もこれを所有していて、購入してからそろそろ1年になろうかというところです。

その「AVR-4311」の検索がなぜ多いのか?

これはもう、モデルチェンジが近いのではないかという推測が前提でしょうね。

つまり、「AVR-4311」がモデル末期と見て価格の方も相当にこなれているはずで、今が「買い」かどうかの判断と、中身の方を知りたいということなのでしょう。


新型が出るのかどうか、僕はそれについての何の情報も知りませんし、調べてもいませんが、仮に新型で追加になる機能の推測は出来ます。

まずは「AirPlay」の標準装備。
そして「DTS Neo:X」の追加。
あとはPCオーディオのサンプリング周波数「192kHz/24ビット」への対応。

この辺りが大まかなところではないかと考えます・・・。
あとオーディシーが新しい提案を持ってくれば別ですが。

意外と少ない?

だって一年前に先行している部分が大きかったからなんです。
それは他社に先駆けて既に9ch分のアンプを内蔵していたことです。

111120-2.jpg各社新型で採用されているDTS Neo:Xにしても内蔵アンプが9ch化したことで実現しましたが、AVR-4311の場合には11.2ch再生が可能なオーディシーDSXとういうフォーマットが既に存在していて、これのスピーカーレイアウトはDTS Neo:Xと被っています。

オーディシーはデノンの他にオンキョーとマランツが採用していますが、常にデノン機には最新の内容が優先されて搭載されています。


なので「DTS Neo:X」が特別必要とも思えません。

「AirPlay」が必要ならば5000円でオンラインアップグレード可能です。

「192kHz/24ビット」が必要ならば、これは新型待ちしかありませんね。


以前ネット上で人気が無いのは何故かなどと書きましたが、兄弟機のアニバーサリー機A100に食われ、LX-83人気の影に隠れたのが原因だと勝手に解釈しています(笑)

しかし、いい製品だと思いますよ。
こと音質に関してボロクソな意見は見たことがありませんし。
(あっちのメーカー品については目にした事がありました)

仮に4311がモデルチェンジするとします。

そうなると気になるのが、下位機種のAVR‐3312に見られるようにデザインの変更があります。
ちょっと個性が控えめとなったデザインに見えますが、デザイン変更を伴うモデルチェンジがどの程度の規模か。
このまま、アップグレードを実施する程度なのかも。
どうなんでしょう?

DENON AVR-4311 K デノン AVアンプ
タグ:AVR-4311

 

posted by shu at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | AVR-4311 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック