2011年08月06日

真夏の妄想2011 その1

皆さん、暑いこの時期はAV機器買い替えにいっそうホットな情熱を注ぐ時期ではないですか?
特にお盆の休み前までには何らかの新しい機器が欲しいと。

僕の方はなかなかそう、なれませんけれども・・。
でも妄想だけするのは自由なんで、機器買い替えのシュミレーションをしてみましょう。

この前映画館に久しぶりに行って、改めて認識したことがあります。

まずはスクリーン全体から音が出てくるあの感じ。
これにはフロントハイトスピーカーはやはり必須アイテムであると判りました。

そこで今は仮に使っているボーズの100Jの代わりとして、KEFのHTS3001SEを取り付けます。

これは壁掛け専用なのですが、なんとか今ある天吊り金具に取り付けるように考えてみたいと思っています。

やはりスピーカーのメーカーやドライバーユニットの統一は基本であると思います。
音色の違いや、指向性の違いは無視できず、サラウンド音響の構築にはアンバランスです。

雑誌ではバラバラのスピーカーで、これがベストなどとやっていますが、あれはとっ替え引っ替え試聴して決めた結果で、一般人には無理な芸当です。
最初からメーカー統一が超無難です。

フロントハイトスピーカーの交換。ここまでは何とかこの夏に実現したいです。

さあ、ここからが早くも現実感の薄い妄想の世界の話です・・・。

次は、フロントワイドスピーカーの新規導入。
以前間に合せで一時的、試験的に使っていましたが、オーディシーが独自に提案するこの方式を本格的に導入、体験したいのです。

そこで問題はフロントワイドにはどういうスピーカーを使うべきか?

一番積極的かつ、妄想的な選択は・・・。

フロントスピーカーを新調して、今のフロントスピーカーiQ7をフロントワイドに据える。

はて、新調するフロントスピーカーとはなんぞや??

続きます。

【送料無料】【smtb-u】KEF JAPAN HTS3001SE-B(ピアノブラック)ペア
タグ:KEF HTS3001SE

 

posted by shu at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック