2011年07月09日

最新3D映画館とホームシアター その1

遅ればせながら、先日やっと3D映画を鑑賞いたしました。

と言うのも、地元で3D映画が見られるようになったのはこの3月からでして、世間から遅れること1年以上でしょうか。(汗)
作品の方はパイレーツ・オブ・カリビアン〜命の泉〜です。

最新の映画館ということなので、ホームシアターとの比較をするには持って来いです。

上映はデジタルプロジェクターによるもので、映像は何かすっきりした感じだと思いました。
そう言えば、フィルム独特のあの粒子感が無くなっていたからそう感じたのだと思います。

言い方を変えると、家庭用プロジェクターの映像とさほど変わらなくなったとも言え、家庭でも映画館とほぼ同じものが観られるようになったのではないかと言えなくもないかと。

3Dの映像に関しては、めがねを通して見るからでしょうか。あの大画面もひとまわり小さく見える印象でした。
ただ、電器店で観られるデモ映像のように人がペラペラに見えることはありませんでした。

まず最初に、字幕が一番手前の手が届きそうな位置に定位するのには驚きました。
冒頭の馬車の中でジャック・スパロウとギブスが揺られながら会話するシーンでは、本当に揺れている感覚がありました。3Dによる臨場感、疑似体験でしょうか。

110709.jpg専用めがねですが、重いのを掛けるのかなと思いましたが、渡されたのはなんとも簡素なもので非常に軽い。
これは偏光めがねを用いた方式で、RealDと言うらしいです。
家庭用もこうだったらと思いましたね。


ところで、家庭でも3Dを観るためのハードは揃って来つつありますが、やはり視野角いっぱいの大画面が実現出来る、プロジェクターがTVよりも優位と見ます。

しかし、最近プロジェクターの主流は透過型液晶タイプから反射型液晶タイプに変わってきた事で、価格の方が50万円オーバーというように高騰してしまっています。

これでは当分普及は無理かと思いましたら、最近ソニーから出た製品がありました。

VPL-HW30ESですね。30万円台後半まで下がった価格設定のようです。
これを機に、反射液晶タイプも価格が下がることを期待出来る製品の登場と見ました。

反射型液晶タイプは価格もですが筐体も大型で設置の制約が増えるかも知れません。
しかし、ホコリの混入の問題は構造上、心配いらないようです。

プロジェクターはもう、反射型液晶の時代となって行きそうです。

音響については次回で。


追記

実際の映画館では、お客さんの座る位置ってのは大抵後ろの方が多いですね。

ガラガラ状態でも、先日は最後列付近にほとんど集まっていらしゃいました。
皆さん「引き」の画面で観るのが好きなんですね。
思い当たる節がある人は、ホームシアターの100インチはオーバースペックだということになってしまいますが・・・。

※お取り寄せ商品【7月25日発売商品】【A】SONY VPLHW30ES 3Dビデオプロジェクター VPL-HW30ES

【送料無料】パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 オリジナル・サウンドトラック
タグ:VPL-HW30ES 3D

 

posted by shu at 17:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
まだ、3D映画を体験していないです(汗)
遅れすぎですよね。。。。

USJとか、TDLとかでは、体験していますが、最新映画では体験していないのですが、どうなんでしょうね???

私、本当に酔いやすいので。
自分の運転でも酔ってしまうんです(涙)

でも、ソニーの30ES良さそうですね。
かなり、ストレス無く観れるとか。
お値段も最終的には、30万円切ってくるでしょうし。
その時は、きっと、メガネ、レシーバーもついてくるでしょうし。

まあ〜、でも、まだまだ、うちのプロジェクターには頑張ってもらわないと、ローンも1年以上残っているので(涙)
Posted by ajisai at 2011年07月09日 18:09
ajisaiさん、こんばんは。

僕は逆にテーマパーク関係では見たことがありません。

酔うようなことはありませんでしたが、シーンによっては可能性もあるかも知れないですね。
本当に自分が揺れている感覚がありました。あんな効果があるとは知りませんでした。

ソニーの30ES、そうですねESが付いていますから、これで十分なはずです。

うちもプロジェクターのローンは残り・・あ、あと3ヶ月。でもプレーヤーも必要で・・。あー、まだ考えないことにします。(笑)

音の方を先に補強するつもりなので。
Posted by shu at 2011年07月09日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック