2011年05月29日

ラックの配置を考える。その3

ホームシアターではスピーカーケーブルの総延長も大変長くなります。
なおかつ、左右の長さを揃えることを考えると、さらに長くなるかも知れません。

ならば、部屋のセンターライン上にオーディオラックを配置すれば、スピーカーケーブル左右の長さも揃えやすく、効率的ではなかろうか・・。
と言う訳でここのところ、オーディオラックの配置について書いています。

今回は、Bの配置についての考察を。

110518.jpg

この配置はアイランド型とでも言いますか。

この配置、どこかで見ているはずです。
そう、雑誌の試聴室や、店頭の試聴会でのあの配置です。

要は視聴位置の前の、部屋の真ん中にラックを置いてしまいます。
このラックは「ロータイプ」でないと、物理的占有度があり過ぎになってしまいます。


例としてあげると、ハミレックスのGT-9722になります。

または、知る人ぞ知るヤマハのGTラックもこういう使い方には合いそうです。

あるいはラックを使用しないで、機器の直置き(床の上直接では無くオーディオボードを使用)する方法はラックや機器の圧迫感を感じない方法で、これも有りかと。

だからラックを使用した場合には、相当に広いシアタールーム以外では馴染まないかもしれません。
たしか、某有名司会者O氏の自宅シアタールームはこの配置だったと思います。


ではこのB配置のメリット行きましょう。

・ラックの位置が部屋の真ん中になるため、全てのチャンネルのスピーカーケーブルの左右長さは当然として、その長さまでを同じにする事が比較的容易。
・機器が手元に近く、直接操作が出来る。
・機器の表示確認がしやすい。
・ディスク等のソフトの出し入れがその場で出来る。
・機器との近接配置で何かしらのマニアックさ(評論家気分?制御オペレーター気分??)を感じられる。


対してデメリットは・・。

・電源は専用の床からのコンセントを工事する必要あり。
・機器裏のケーブル類は露出したままになる。
・スピーカーケーブルを隠すには、床下にCD管の配管が必要。
・ラックを試聴位置の前に置くのは、「音」への影響でマイナス。


さて、このくせ有り配置ですが、あえてデメリットの部分を無視するとどうでしょう?
ずばり、一部のマニアには適合可能なものだと解ります。

つまり、完全な専用室であることが条件ならば、コンセントが何処にあろうが・・スピーカーケーブルは隠す必要もない・・視聴行為のみを優先する。
まあ、早く言えば「試聴室」のような環境を自宅に作ってもいい人は実践可能でしょう。

ついでに言いますが、メリットのところに書いた通り、この配置ならばスピーカーケーブルの取り回しは極めて容易で、長さあわせも簡単です。
最短距離で這い回せば良いわけですから。

この環境でテストするものだから、評論家さんが「左右長さを合わすべき」などと言うのは当たり前なんです。
簡単でしかし最良の環境で聴いてしまうと、それ以下が勧められなくなる訳です。
ただし、実際の家庭への導入は別問題でしょう。

この配置だけは、一般家庭のリビングシアターでは使いにくいですね。

 
次回は残ったもう1つ、Cの配置についてです。

【代引き不可】HAMILEX GT-9722 横型ロータイプAVラック ハミレックス GT9722

YAMAHA オーディオラック GTR-1000MB ブラウン [送料サービス]

 

posted by shu at 10:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
左右のケーブル長を揃えるのは、アンプのダンピングファクターが絡むからですが、仮に
Lchが5mでRchが7mであっても、その差は殆ど聴き分けられないと思います。
それよりも左右のSPの設置環境の違いからくる音の反射の方が音質に与える影響は大き
そうな気がします。

余談ですが、ちょっと面白いネタを・・・。
まず、電気の屋内配線に使用するVVFケーブル(1.6mmでOK)を30cmくらい用意します。
それをSP側に来ているSPケーブルに直列に継ぎ足してやります。
つまり、既存のSPケーブル→VVF(30vm)→SP端子という繋ぎです。
とりあえず、フロントのLR、センターの3本でやってみてください。
空気感、フォーカスが格段に良くなると思います。
Posted by ラッツ at 2011年05月31日 01:48
ラッツさん、こんばんは。

>SPの設置環境の違いからくる音の反射の方が音質に与える影響は大きそうな気がします。

そうですね。実はそういう事の方が影響しますよね。
テストトーンの音色が同じように聞こえない事から、最近分かるようになりました。

VVFケーブルを継ぎ足すとは・・?知りませんでした。
おもしろそうですね。早速試してみます。
ありがとうございます。
Posted by shu at 2011年05月31日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック