2011年04月10日

AVR-4311レビューまとめ

「またオマエのブログかよ」
「もっと他にまともなレビュー記事書く人はいないのか」

AVR-4311で検索されて来た人から、こう言われるかもです。
なので一連のレビューも今回で終わりにして、すっこむことにします。(笑)

事実AVR-4311はどうなんでしょう?売れているのでしょうか?


そこでネット上の様子をうかがいますと、発売当初からさっぱりなんですね。
なぜか盛り上がりが見られません。

まず、サイト「ファイル・ウェブ」から製品データベースに進んで、AVアンプの所有者の数を見てみましょう。

AVR-4311は1名。これは管理人です。

パイオニアのSC-LX83は6名。
ソニーのTA-DA5600ESは1名。
ヤマハのRX-V3067は所有者登録なし。

ついでにページを進めて過去の機種も見てみますと、

パイオニアのSCLX-90は23名。
デノンのAVP-A1HD(プリアンプ)が25名でAVC-A1HD(一体型)の方は13名。
ちなみに4311の2世代前のAVC-3808は、30名の所有者登録があります。


次に最も盛り上がりに欠けるのが、価格.comクチコミ数ですね。

AVR-4311では12件。2月14日が最新投稿。

LX-83が84件。2月27日が最新投稿。
V3067は121件。2月22日が最新投稿。
DA5600ESは199件で最新投稿は4月4日で現在まで進行形。

ファイル・ウェブの製品データベースも価格.comのクチコミ投稿もサイトに登録した人からのみの書き込みです。
どちらのサイトも、傾向を見ると高価格商品へのの書き込みや所有者の多さが目立ちます。
つまり、お金持ちのマニアは自己顕示欲が強いのでしょうか?

ここでの「数」からは市場全体の実状をは計りきれないようです。
しかし、AVC-3808から比べるとAVR-4311は人気があるとも見えませんね。


では単純に「AVR-4311」とグーグル検索して6ページまでに出てきた購入者のブログ記事の数はどうでしょう。

結果は、当ブログの他にショップの設置記事が1つで計2件

同様にSC-LX83では3件。
RX-V3067では0件。
TA-DA5600ESでは6ページ目に2件。

やはり情報は少ないですね。
しかし、人気の度合いは反映されているようではあります。

つまり、ネット上の情報量から人気はSC-LX83、次はTA-DA5600ESあたりだと推察されます。

でも地方やショップによってもオススメが違いますから一概に言えませんね。
僕の地元ではヤマハしか売らないショップがありますし、ソニー機にいたっては展示すらもありませんので。

ところで、「レビューと言いながら、音質に関することがないじゃあないか」とも言われそうです。(汗)

ここがイタイところなんですが、正直他に比較対象が無いと分かりません。
セカンドシステムでパイオニア機を持ってるとか。
アバックさんのように同一スピーカーでアンプの聴き比べが出来るような環境とか。

これもネット上の少ないレビューから参考にさせていただき、紹介しておきます。

まず、Amazonのカスタマーレビューから、!乱れ雪月花!さんのレビューを以下に一部を引用させていただきました。

LX83は、低音がAVR4311程しっかりは鳴っていません。
ただし、低音に独自の解釈を加えており、オケの各パートもしっかり表現しながら、
全体としてもピシッと決めていました。
一方AVR4311は、DENONサウンドそのものといった感じです。
オーケストラ全体の解像度は霧がかかったように感じますが、
コンサートホールにいるような臨場感、音の反響を演出しています。
CDで聴くより、生の演奏を味わいたい方は、AVR4311がオススメです。
(ブルックナーを聞いた瞬間、差が顕著に現れました。)


つぎは当ブログにコメントいただいた、ラッツさんの書き込みから一部を。

まず、デノンですが、音の重心が低く、音場はそれ程広くはありませんが、ベース
域付近に量感があって、かなり気持ちいい鳴り方をします。
適度に余韻もあり、艶っぽいところが好印象でした。
基本的に自分が使っているAVC-3808と音のキャラクターは同じような印象ですが、
音が前に出る感じはかなりPAライクな再生音ですね。
楽器を演奏する人なら、このアンプの音はストライクだと思います。


お2人の感想に共通点がありましたので紹介しました。

あとは各自の好みです。実際試聴できるならそれに越したことはありません。

僕個人としては、本機単品で9.2chのパフォーマンスは頭1つ抜けており、AirPlay対応や評価の高いDENON LINK 4thの搭載、11.2chプリアウト機能でさらなる発展性もあるという点から、評価できる点は多いのです。

最後にこんな話を。
最近何かと話題の相撲ですが、北の海前理事長、ご存知ですかね。
僕らが小学生のころの大横綱で、憎らしいほど強いといわれたのです。
確かにふてぶてしく、愛想笑もしないような、そんな強い横綱の印象がありました。

ふと、当時こんな話を聞いていたのを思い出しました。

「北の海は強すぎて人気が無いんだ」

【日本まるごとシアター特価!】AVR-4311 DENON(デノン) AVアンプ

 

posted by shu at 14:46 | Comment(6) | TrackBack(0) | AVR-4311 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
私もいろいろと感想をネットから探したりしますが、なかなか、使っている生の声ってのが、ヒットしないですね。

これは、AVアンプだけじゃないですよね。今、AVアンプのほかに、BDレコーダーとかも、情報を集めているのですが、いまいち、集まらないです。
探っていると、自分のブログに行き着いたりしちゃったりします(笑)
Posted by ajisai at 2011年04月10日 21:16
ajisaiさん、こんばんは。

まあ、こんなものでしょうね。
ネットの情報も、あり過ぎるのは逆に何か意図的なものがあると見ていいくらいだと思いますね。

Posted by shu at 2011年04月11日 20:59
はじめまして、dsy.kと申します。

何で検索して辿り着いたか忘れましたが、とてもためになるサイトですね。
楽しく読ませていただきました。
最近やっと1?年後しの夢のホームシアターを実現させて満喫している所なので色々参考になりました。
4311欲しいです〜^^
Posted by dsy.k at 2011年04月13日 23:23
dsy.kさん、はじめまして。

管理人のshuです。
ご評価いただきまして、ありがとうございます。

基本は自己満足型ブログなんですが、何かが参考になれば幸いです。

またよろしくお願いいたします。

Posted by shu at 2011年04月13日 23:49
こんばんは。

仰る通りで、4311は現状敵無しなんだと思います。
実際、他社のいろんなアンプを聴き比べていますが、断トツで音良いですし。

以前、デノンのマーケティングの方から聞いた話ですと、4311は海外では
かなり評価が高いようで、20万クラスにも関わらず、対抗馬はすべて30万円
以上の機種がぶつけられるんだそうです。
価格以上の実力があるって事なんでしょうね。
Posted by ラッツ at 2011年04月14日 00:41
ラッツさん、こんばんは。

またまた、心強い情報をありがとうございます。(笑)

Posted by shu at 2011年04月14日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック