2011年02月02日

フロントハイトスピーカーの設置位置について。

ドルビープロロジックIIzやオーディシーDSXハイトを聴くためには、前方左右の高い位置に、スピーカーを取付ける必要があります。
フロントハイトまたはハイ、またはバーチカルハイトなどと呼ばれるのがそれです。

110202-2.jpgそこで仮にですが、使用していなかったNS-10MMTを天井隅に取り付けました。
設置場所は以前ヤマハのAVアンプを使用していた時の配線が使え、取り付け用ブラケットも再び前の穴を利用して取り付けることが出来ました。

この設置位置で便宜上、オーディシーDSXとドルビープロロジックIIzが共用になる訳ですが、オーディシーとドルビーが指定するハイトスピーカーの設置位置には、ちょっと違いがあるのです。

まず、ドルビーはフロントスピーカーの真上1m以上の位置を推奨とし、多少フロントスピーカーより外でも良いとしています。

対するオーディシーは視聴位置から左右にそれぞれ45°開いた位置で、高さは視聴位置から見て45°の高さを推奨するということです。

現状の位置はスピーカーのユニQドライバー中心から1.3mくらいなのでちょうど良いところでしょう。
しかし、これでもソースによっては高すぎると個人的に感じた事もありました。

オーディシーDSXのハイト再生時に、高さの表現が足りないのは現状が24°程度しか無いからでしょう。ちなみに45°の位置に設置するとしたら手前に1.6mほど移動しないと実現できないということになります。
しかし、このような位置に設置するのは少々チャレンジングな事ですが・・。
下図クリックで別窓開きます。
110202-1.jpg
推奨設定が必ずしも、実情に合わない事は多々有ることです。

とりあえずは現状でおさめる事とします。


ところで、僕がフロントハイト用にどうかと考えていたKEFのQ100ですが、これには壁掛け金具等の設定は無いそうです。なんでも重量が増えたからだとか。
先日、KEFジャパンの方から聞きました。残念。(もっとも当面何も買えませんが)

【表示価格より更に割引!価格はメールにて】KEF Q100新発売Qシリーズコンパクトスピーカー(2...

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
こんばんは。
フロントハイトの位置はけっこう難しいですよね。
この方のサイトが結構参考になるかもしれません。
http://kanaimaru.com/1012OSAKA/0f.htm
フロントハイとサラウンドのスピーカ設置のコーナーで「SPユニットが直接リスナーを
狙わなように設置」という部分がありますが、確かにその通りだと思いました。

Posted by ラッツ at 2011年02月04日 02:24
ラッツさん、こんばんは。

フォローのコメントありがとうございます。

仰角と言うのは、下向き角度のことですね。
要はSPを自分に正対させないほうが良いということでしょう。

ウチでは現在正対させていますので、そう言えば直接音が強過ぎる感じがします。

そうですね。今度、角度をゆるくして試してみます。
Posted by shu at 2011年02月04日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック