2010年10月17日

最新AVアンプのトレンド。

デノンのミドルエンドAVアンプの新作がAVR-4311ですね。

外見は前作のAVC-4310と僕が所有するAVC-3808Aのデザインからほとんど変わりません。
しかし個性的で賛否両論あったリモコンは、なぜか普通の物に戻しました。

さて、その中身ですが個人的に「そう来なくっちゃ」と言えるものになっています。

まず、大きいのが9.2ch化されたこと。
サブウーファーの2本使いにも対応してきました。

これが前作AVC-4310では7.1chであったことが残念な点だったのです。
つまり4310ではサラウンドバックchか、フロントハイトchかのどちらかを選択して使用することしかできなかったのです。
それがAVR-4311ではそれらの同時使用が可能になったのです。
こちらの方がどう見てもスタンダードなフューチャーだと思うのです。

それと、オートセットアップの精度を32倍に向上させたと言います。
こういう具体的数字に弱いですね。

さらに外部2chアンプ追加で11.2chに拡張が可能になっています。
ちなみにヤマハのRX-V3067は4chアンプの追加で、11.2ch再生可能となります。

「外部アンプの追加」は個人的に思う最新AVアンプのトレンドのひとつですね。
この「外部アンプ追加」について今後記事にしたいと思います。

最終的に、デノンはオーディシーDSX用のフロントワイドを加えた、11.2chに。
ヤマハはフロントプレゼンスとリアプレゼンスを加えた、11.2chに拡張が可能な訳です。

いずれにしても、スピーカーの数はどんどん増えるばかりです。
僕はこれじゃあ、まだ納まらない。そう予想しています。

だって、ドルビーやオーディシーがリアのハイトかワイドを2本。
ヤマハはフロントのワイドを2本。などと・・。
可能性はあるでしょ。

【当店ポイント2倍】【2008製品安全対策優良企業受賞・Pマーク取得企業】AVR-4311-K【税込】 デ...

【当店ポイント2倍】【2008製品安全対策優良企業受賞・Pマーク取得企業】RX-V3067N【税込】 ヤ...
タグ:RX-V3067 AVR-4311

 

posted by shu at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | AVアンプの機能、操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック