2010年09月23日

Q300はどんな音になったのか。

一見、モニターオーディオかと思いましたが・・。

そうです。デザインと中身を一新して「別物」になったKEFのQシリーズ。はたして、どんな音がするのでしょう。

思えば、僕とQシリーズとの出会いは「Q1」を初めて見た時にさかのぼりまして、見たことの無いデザインに、これまた初めて見る、つやつや黒光りするドライバーコーン。そしてその音色と、信じられない低価格・・。

あ、僕のこういう話はもういいですか・・。

そうでした。地元の扱いショップで聞いてきた情報ですね。

残念ですが、さすがにまだ店頭に現物はありませんでした。
ここには販売側の都合があるわけですが・・。
(この部分、次回ちょっと触れてみたいと思います)

しかし、既にKEFの営業さんがデモ用のQ300を持参してきたそうで、それを聴いたという店員さんに話を聞きました。

まず、音色は確かにKEFの音であると言います。

そして、その傾向はXQシリーズに近いものだそうです。

つまり、従来の「iQ」はバスレフ特有の、豊かな低域、あえて悪く言えばブーミーな低域を持っていましたが、今度の「Q」ではその部分がシェイプされ、すっきりした印象のようです。

あえて文字にすればこういうことですが、僕自身が実聴したことではなく、又聞きの話であると理解してください。

でもこの店員さんの表現と、僕の感性は普段からほぼ一致していると思っています。

さあ、全てが新しくなったQシリーズですが、やはり売れ筋はiQ30の後継Q300になるのでしょうか。
それとiQ90の後継Q900も注目ですね。
あれだけの物量を投入して他のモデル同様、価格は据え置き。これは相当なバーゲンプライスに間違いないでしょう。

【表示価格より更に割引!価格はメールにて】KEF Q300新発売Qシリーズコンパクトスピーカー(2...

【表示価格より更に割引!価格はメールにて】KEF Q900新発売Qシリーズトールボーイスピーカー(...
タグ:KEF Q300 Q900 iQ30 iQ90

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック