2010年09月20日

KEFのiQシリーズ、驚きのフルチェンジ。

この季節は年末に向け、AV機器は新製品ラッシュといったところですね。

その中で僕が個人的に注目するモノについて触れてみたいと思います。

前回はヤマハの新型AVアンプについて書きましたが、その後さらに注目の新製品の発表がありました。

まずは、なんといっても

あのKEFのiQシリーズが、新たに「Qシリーズとしてフルモデルチェンジ」されました!!

詳細はファイル・ウェブの記事を参考にさせていただきます。

さて、まずはその外観を見てびっくりしてしまいました。

ふつーに四角いスピーカーになってしまったではあーりませんか・・。

『えっ、これがQシリーズなわけ??』

正直な感想です。特に旧iQシリーズを知る者にとっては共通の感想ではないでしょうか。

上位モデルから、Q900、Q700、Q500。ここまでがフロアスタンディング。
そして人気ブックシェルフのiQ30の後継がQ300となったように、その型番とユニQドライバー。それだけがかろうじてKEFのQシリーズであることを認識できるポイントとなっています。

特筆すべきはトップモデルのQ900です。これはもちろんiQ90の後継ですが、今回はシリーズの中でも別格の扱いとなっているようです。

それは旧シリーズは16.5センチのドライバーだったのに対し、Q900には新たに20センチドライバーを採用してきました。

結果、フロアスタンディングの3モデルは、スピーカーとキャビネットのサイズはそれぞれが別物になったわけです。

さて、なにはともあれその音はどうなのか・・気になるところです。

そこで早速、地元の取り扱いショップで話を聞きました。
その内容は・・と行きたいのですが、すみません。時間がなくなりました。

詳しくは次回書きますが、心配しなくて良さそうですよ。

Q300は確かに、KEFの音がするそうです。



【表示価格より更に割引!価格はメールにて】KEF Q900新発売Qシリーズトールボーイスピーカー(...

【表示価格より更に割引!価格はメールにて】KEF Q300新発売Qシリーズコンパクトスピーカー(2...

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック