2010年03月01日

アナログマルチかHDMIか?

ほとんど話題に上らなかったBD7004の唯一のピックアップポイントは、
「アナログマルチの音が良い」というふれ込みではなかったか。

しかし今やAVアンプはHDMI端子が標準装備され、オートセットアップ機能の搭載も普通の事になっている。

そんな中で、それでもなおアナログマルチで聴く必要が有るのか?
その方が本当に音がイイのか?

前の記事でも書いたように、アナログマルチで接続すると、AVアンプ側では音に関する設定は各スピーカーのレベル調整以外には手がつけられない。
ルームイコライザーの設定はもちろんスルーされてしまう。

オートセットアップ容認派の僕としてはこの辺が好みに合わない。

確かにアナログマルチの音は最初の印象だとソリッドである。
ダイナミックレンジも広いと感じる。

しかし包囲感の点で、もの足りない。
それにはプラス2chが鳴らないというのも大きい。サラウンドバックchの事である。

つまりオートセットアップでイコライザーカーブや音量、ディレイなどが調整された環境で、さらにサラウンドバックchが付加されたサラウンド音場と、アナログマルチ入力の素(未加工)のサラウンド音場を比べてどうかという問題なのである。

もちろん、オーディシーのルームイコライザーの味付けが嫌いだとか、オートセットアップそのものが嫌いな場合には、当てはまらない話であるけれど。

ただ、オートセットアップの設定値がすべて受け入れられるかと言えば、残念ながらそうでもない。
だから今回BD7004でHDMI接続時において、オートセットアップの設定値の見直しを行い、「わざわざアナログ接続をしないとだめだということも無い」という結果の方を選択するに至った次第。

次回以降で詳細を。

中堅機最強組合せ↓

DENON ユニバーサルブルーレイディスクプレーヤーDBP-4010UD-SP(プレミアムシルバー)さらに大...

【ポイント5倍】デノン AVサラウンドアンプ プレミアムシルバー DENON【税込】 AVC-4310-SP ...

タグ:BD7004

 

posted by shu at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | HDオーディオ導入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック