2009年09月12日

LVP-HC7000設置レポート1

LVP-HC7000の設置編です。

090919-1.jpgHC7000の到着を待つ間に、こんな風に取り付け金具の図面をCADで書いたりして準備していたわけですが・・。

実はファーストインプレッションで、問題が発覚しました。
それは想定していなかったわけではありませんが、大丈夫だろうくらいに思っていた事なんです。

その問題点は「モアレ」です。知る人ぞ知る言葉だと思います。モアイじゃありませんよ。それはイースター島の方ね。(笑)

「やっぱり出ちまったか」と一日半くらい凹みましたねぇ。
これはHC7000の不具合ではなくて、スクリーンとの相性の問題です。

具体的な症状は、白色や空のような明るい画面の時に画面中央付近で縦方向に波模様の縞が見えるのです。
原因はスクリーンの表面が粗いため。フルHDの細かい画素と干渉して模様が出来る。原理まで知りませんが・・。
今使用のスクリーンはキクチのホワイトマットで4:3の100インチで11年前のもの。
これが現在の使用条件にマッチしなくなった。というところです。

もし、同様なケースでフルHDプロジェクターに買い替える場合は覚悟?が必要です。

対策はスクリーンの買い替えしかないですが、極力目立たなくする方法もあります。
これについては後日書きます。

ともあれ、モアレはHC7000のせいでは無いのだからして、気持ちを建て直し?設置に取り掛かりました。

さて、プロジェクター設置の注意点ですが、何をおいてもその置き場所が問題となる訳です。
最近はレンズシフト機能が標準装備化されたことで、だいぶ融通が利く様になっています。

それでも、プロジェクターの導入前には、ズームの倍率とレンズシフトの移動量をカタログ等で調べて、設置位置のシュミレーションをしてみる必要があるのです。

LVP-HC7000についてはどうかと言うと、他に引けをとる唯一のウイークポイントがありまして、左右のレンズシフト量が画面の5パーセントしか無いのです。これには気をつけなければいけません。
つまり、スクリーンの左右のセンターから大きく外した位置には置けないと言うわけなのです。

090919-2.jpg結果的に僕の場合、後ろにあるウォークインクローゼットの中に置いた、「アングル棚に天吊りする」という方法を取っています。


それに至る経緯は次回以降。

 

posted by shu at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 液晶プロジェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック