2009年08月14日

地デジ移行まであと2年、まだ2年?

地デジ移行まで2年を切ったところで、キャンペーンが加速した感があります。

エコポイントも効果絶大な様子です。

あと2年もあると言うのが多くの人の実感なのでしょうが、
僕らのようなマニアでなくても、家のTVの買い替えプランを考えておく必要があると思います。

家によってはひとり1台という状況もあるでしょうし、これをいっぺんに買い換えるのも大変でしょうから。


今日、親父が自分用をそろそろ買い換えたいと言うので、量販店を見てきました。

価格はやはり下がっています。うちの居間にビクターの37インチ、LT-37LC85がありますが、2006年の年末178,000円で購入しました。
現在は同じ価格で録画機能付のフルHDが買えてしまいます。
東芝の37H8000がそれです。

販売員に聞く限り、売れ筋ははシャープかソニーだと言います。
何でも黒がしっかり沈むらしい。
東芝は緑が被るらしいのです。東芝は高画質のイメージは僕の思い込みか?

ビクターがもう店頭に無いのは惜しい限りです。


さて、僕のシアタールームには前世紀の遺物?1996年製ソニーのトリニトロン32インチハイビジョンがあって、大きく占有スペースを取るし、音響的にも邪魔な感じがします。

これがなんと50sもありまして、価格は当時50万円。
キロあたり1万円だったわけですねぇ。(良くこんな物買えたものです)

最近は見る時間も減りましたが、まだまともに映ってはいます。
しかし、ハイビジョンとはいえ、現在の液晶TVと比較するともう厳しいものがあります。
画の力強さが違うと言ったら良いか・・。
とにかくもう別物なんです。

090814.jpg

シアター用のモニターはスクリーンだけなので、ここで観るTVへのこだわりはあまり無いのです。

これを買い替える時には、液晶の32インチでもいいと思っています。

そうすれば、左スピーカーへの見通しも良くなるし、音響の為にも良いのではないかと考えています。


 

posted by shu at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック