2009年05月24日

iQ7+御影石オーディオボードのその後1

前回イクリプスTDに興味があると書いたわけですが、
奇しくも「笑ってコラえて」でタイムドメインの吉井氏とイクリプスTDのルーツ、Yoshii9が紹介されましたね。

思わず『これは運命だ!』と感じた次第。

タイムドメイン、イクリプス、特にTD510。
いいかも知れません。
               ・・ってお金ねぇっつーの!!



えー、気を取り直しまして今回は、iQ7と御影石のオーディオボードの組み合わせの後日談をいたします。

090524-1.jpg前の記事で、御影石と真鍮のスパイク受けの組合せに改善の余地がありそうだと書きました。
そしてその後も気になる部分が出てきました。

まず余分な響きが無くなったからか、音がシェイプされすぎて中低域の量感が物足りなく感じたこと。
さらに、やはり高音がきつくなったこと。ボーカルの「ス」とか「セ」とかシンバルとかが耳にきつくなりました。
これについては、「それ見たことか」と思われる方がもしかするといらっしゃるでしょうね。

確かにこれを敬遠して「御影石はやめたほうがいい」という意見を見たことがありますから。


なのでまず真鍮のスパイク受けと御影石の間に何か挟んでみることにしました。

090524-2.jpgホ−ムセンターからその「何か」を見繕って調達したのがこれらの、コルク、ゴム、ちょっと固めのゴム、どれもクッション材として売られている物です。
そしてナニを思ったか興味半分で家具の転倒防止に使うブルーのマット。材質はポリウレタン樹脂。

最初はコルクから。もうこれで傾向はつかめました。
コルクを挟むと、高音のきつさが軽減されました。予想は出来たんですけど。

つまり、硬い御影石プラス硬い真鍮のスパイク受けだと、音も硬くなるのはセオリーかと。

続けてゴムと固めのゴムも試してみました。似たような効果がありましたし、固めのゴムの方がいいかなって言う感じ。ですが、ゴムでは低音が締まりきらないのは解っていました。

最後にブルーの転倒防止用マット。・・これは袋から出した時点でやめました(笑)
あんまりにも、ぐにょぐにょなんでね。
これは素直に家具に使っておきましょう。(チャレンジしてみる方はどうぞ)

じゃあコルクが無難か?。だけど、どうも取ってつけた感じが割り切れん。
(精神的に落ち着かないという問題)

実は真鍮のスパイク受けに代わる、「本命」候補が頭にあったからなんです。

あれならきっといけるはず。

その「あれ」とは何なのか?また今度ですね。

それと今月号のHiVi。読みましたか?これに載っていた「あのこと」も試してみましたので
次回の投稿で一緒に報告します。


【送料無料】音通のビルゲイツをうならせた音源の要素をありのままに再現するスピーカータイム...








 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
こんばんわ!!

店頭防止の青のゴム、実はリアスピーカーと
スピーカースタンドの間に使用してます。

音にはきっと良くないと思いつつも、ベッドの
頭のすぐ上にスピーカーがありますので・・
音をとるか身の安全を取るか?

悩んで末での決断です(笑)

けど最近、音の鳴り方に不満でなんとかしたいと思ってます・・

HiViちらっと見ましたが、どれを
試されたでしょう??
続きを楽しみにしてます!!(^^♪
Posted by take51 at 2009年05月24日 21:16
take51さん、
こんばんは。shuです。

なるほど、実践者がいらしゃるとは・・。
でも、その使い方が本来の用途からすると間違いじゃあ無いでしょうからね??(笑)

ブログの方、今後拝見させていただきます。


Posted by shu at 2009年05月24日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック