2008年11月18日

スピーカーとクルマ 150万の価値とは?

新しいケフのiQがどんな音なのか、僕もみなさん同様ぜひ聴きたいと思っています。

ところがこれがなかなか、そうはいきません。

ショップに展示がまだ無いんですよ。どうしてでしょう。

それはですね、予約のお客さんに現品をまわす為に、展示品が確保できない。と言うのが実状なんでしょうね。店員さんははっきり言わずに「諸事情がありまして」なんて言ってましたけどね。

要は新製品が出始めの、品薄状態なのでしょうか?さすが人気のKEFですね。

音の出方は変ったようですが、いい音に違いは無いそうです。
むしろ今度のモデルの方がシアターユースには合っているような事も聞きました。

とにもかくにも、実際試聴できるのはもうちょっと先になりそうです。

その代わりと言ってはなんですが、ショップで空振りを喰った僕に店員さんが「150万の方を聴いて行ってください」と言うんです。

ちょうどその日はN−Designの真空管アンプ(知ってますか?)の試聴会で準備中でした。

その試聴会用のスピーカーがKEFのリファレンスシリーズ、Model205/2でした。
そう、これが「150万の方」です。

もちろんこのあたりのスピーカーの存在は知っていましたけれども、見て見ぬふりをしていました。敷居が高すぎますから。

ちなみに真空管アンプの方も、M-A3S/2 と言うモデルが約30万、M-3BCが約50万です。それにSACDプレーヤーはエソテリックという組み合わせでの視聴です。

手持ちの聴きなれたCDをかけてもらいました・・。

良いのは当たり前ですね。聞こえてきた音はCDが別物と言うくらいの印象です。

普段気にしないレベルの録音の良し悪しまで含めて、リアルに再生されると言うのが聴きだして最初の印象でした。(この辺の表現が乏しいのは僕が普通の素人だから)

とにかく音が分厚い。低音が十分すぎるほど出る。楽器の位置が明確などなど。

これがリファレンス、ハイエンドオーディオの世界なのかと思いましたね。

N−Designの真空管アンプも相当に良い音で評判らしい物との事でしたが、Model205/2もさすが。あの値段あの物量と音質は相当なインパクトでしたね。

店員さんいわく、「クルマを買うのを考えれば安いでしょ。」・・!!

・・たしかに150万ではフィットあたりの下位グレードと一緒ですが・・。

しかし、KEFのリファレンスModel205/2が人を乗せて走れますか?って言う話です。


僕が話題の給付金を辞退できる人の3分の1くらいでも稼いでいるんだったら買いますけど。


家に帰って、同じCDを聴いてみた。同じKEFでもスケールが違うのは当たり前と思いつつも、もうちょっとどうにかならんかと、特に低音がもう少し出て欲しい。
(リスニングポイントで聞こえて欲しい)今後の課題とすることにします。

「iQ90に替えるとかどうですか?」

・・・店員さんの一言には乗りません。乗れませんよ。

☆銀行振込特価はお問い合わせください。☆KEF(ケフ)iQ90【スピーカー】

 


     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック