2008年08月27日

新築でホームシアターその5(完結)

前回、ついにHDオーディオ導入を宣言しました。

それで、買っちゃいましたー。(えぇー!)



なーんて事にはなりません。なってません。

一応モノ選びにはこだわりを持ちたいですから。

この件については文末で。



さて今回の本題は、ほったらかしにしていた「新築でホームシアターその5」にします。(まだあった?)

今回くらいで一応、切りにしたいかなと思います。

前回までではどこまで書きましたか? あ、スピーカーケーブルを
CD管を使って配線するという内容でした。

参考までに、僕の事例です。
下の写真がオーディオラックの裏にある、スピーカーケーブルの入り口です。

スピーカー用.jpgこのようなコンセントプレートはホームセンターでも手に入るようなものですから、その気になって探せば見つかります。
しかし、自分でホームセンターから購入するより、電気屋さんにお願いした方が安く済むはずです。

電気屋さんは沢山買いますから、安いはずです。
ただ、自分で先に現物を見ておけば、電気屋さん(工事業者)との打ち合わせがスムーズでしょう。

左側は2個用ですが、右側は4本出していますので、いわゆるメクラのプレート(穴が無いもの)に穴をあけた物です。

このプレートに、どこ用のケーブルなのか判るようにマジックで書き込んであります。

カッコ悪いって? ここはラック裏で普段は見えません。
几帳面な人はテプラ等で作ってください。
電気屋さんに頼んでもいいですが、細かいことの積み重ねが工事費に当然、響きます。


最後にプロジェクターの配線について書いておきます。
最新のプロジェクターならば配線はHDMIケーブルのみとするか、
あえてコンポーネントケーブルも配線する必要があるのか?

太いCD管を用意して通線する必要がありますが、HDMIケーブルを通す場合、
どうしても摩擦で抵抗がかかるため断線し、絵が出ないことがあるようです。
非常にデリケートなものらしいです。

具体的な通線の作業は、こうです。
CD管には、あらかじめ針金が通してあります。
その針金をケーブルの端に外れないように巻きつけます。
HDMIケーブルでしたらコネクターの首に巻く形になるでしょう。
それを片方で引っ張り、片方で押し込むのです。一人ではムリです。

ここで慎重な作業が必要というわけです。

僕の部屋ではプロジェクターの配線は壁内を通していません。

理由は、以前記事にしました。→後方頭上投射 

ご覧の通り、プロジェクターはクローゼットの中です。

では配線はどうしたのか?
ラック背面.jpgこの写真はオーディオラックの裏側です。壁の下のほうに穴をあけてもらいました。壁の向こうがクローゼットです。

これはたぶんエアコンの配管に使う穴のカバーパイプといったようなものです。

今、通っているケーブルはHDMIとコンポーネントの2本です。
長さは5メートルもので届いています。
これなら配線のリスクはないでしょ?
もちろん電源コンセントはクローゼットの中にあります。

ケーブル用穴.jpg
こんなところに穴あけて、どうすんだって?
ラックの影でみえませんし、僕の部屋です。

冗談はともかく、新築で最初からプランニングするなら僕の方法も参考にしてください。
思い切って、投射窓をつけるとか?

以上ざっとですが書いてみました。
あと、こだわるなら電源関係のパーツとか、防音とか、きりが無いですが、僕はBライフですから。
(意味わからん。プロフィール参照)
二重ガラスの窓を入れたくらいで、他の工事はしませんでした。

新築でホームシアターを自分でプランニングする方法は今回でおしまい。



では冒頭の件です。
HDオーディオ導入の件です。
今の時期というのは、これから新機種の発表が相次ぐんですね。
現にパナソニックから新しいブルーレイレコーダーが25日発表されたばかりですね。

そして今日、パイオニアからブルーレイプレーヤーの新型2機種が発表されています。→参考サイト
フラッグシップBDP−LX91は43万円。(これは手が出ん)
下位機種のBDP−LX71は11万8000円(これはいいかも)

僕としてはプレーヤーに惹かれます。

そんなわけで、まだAVアンプの新作も控えてますし。

まあ、ぼちぼちやって行きましょう。

【送料無料】新型 パナソニック【Blu-ray DIGA ディーガ】HDD搭載ブルーレイレコーダーPanaso...



 

posted by shu at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新築でホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク
  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック