2020年01月26日

トップミドルスピーカー換装。まとめ

 トップミドルスピーカーを、他のオーバーヘッドスピーカーと同じKEFにして、サイズもアップしてどうなったかをまとめます。

200126-1.jpg 200126-2.jpg

結論から言えば、オーバーヘッドスピーカー6本の中にメーカーの異なるスピーカーを混在させたのは間違いだったと、なります。
あらためて音を聴くと違いがありました。その具体的な音源は以下のものです。

Dolby Atmosデモディスクに収録の映画「Unbroken」のワンシーンです。
爆撃機B24の後方へ向けたカメラがパンニングして胴体窓で機銃を構える銃手を正面に捉えるのに合わせて、プロペラエンジンの音も視聴位置の後方※から頭上へと移って行くいうシーンがあります。以前はここで音の繋がり、音質にわずかな違和感がありました。
※実機の機首側からということです。胴体窓の銃手の位置は主翼の後ろで、エンジンは主翼に付いています。

この時、オーバーヘッドスピーカーからの音の出方は(フロアのスピーカーもここでは一緒に鳴っています)最初、リアハイトスピーカーが強く鳴っていて、その音がトップミドルスピーカーとフロントハイトスピーカー側に音が移って行くというものです。
このシーンでの音の繋がりが自然になり、音質の違和感も無くなりました。

検証にはAVアンプAVC-X8500Hの設定で「アンプの割り当て」から「ハイトスピーカー4ch」を選択すると、トップミドルスピーカー無しで再生できます。これとトップミドルスピーカー有りの時を比較しました。
つまり、ハイトスピーカーが4本の時の頭上で聴こえる音はつまり、ファントムの頭上音源です。それがトップミドルスピーカー有りの時と同じ様に聴こえるかどうか?です。
AIM5 Threeの時に比べて、これがすんなり馴染んだというが今回の結果です。

それとクロスオーバー周波数の数値が110Hzから90Hzに下がったも、モノを言います。結果、低音が割増して、迫力が一段上がりました。

サラウンドのスピーカー構成に小さなスピーカーを入れること、クロスオーバー値を上げるので低音を食って軽い音調になると、前から書いてきました。この小さなスピーカーの混在を問題にならないとする人もいますが、出てくる音の違いがある以上、僕にはわかりません。

あと、先の記事で挙げたこのクロスオーバー周波数の設定画像ですが、違和感を覚える人が居られたかも知れません。そもそも他のスピーカーの設定値に違いが有るではないかと。
(左がProfile AIM5 Three 右がKEFのCi160.2CR)
191231-3.jpg 191231-2.jpg

今回視聴位置と言うか耳の高さを見直して、測定マイクの位置をやや下げて(50mm)います。それと、確かにその都度の測定誤差というのは有るのですが、これは実はCi160.2CRに換装後のデータは、オートセットアップをアプリ版の「Audyssey MultEQ Editor」を使用した結果によるものです。
対するProfile AIM5 Threeの時はAVC-X8500H内蔵の「Audyssey MultEQ」を使用していました。

経験上、双方微妙に結果が異なりまして、傾向としてはアプリ版の方が設定値がシビアに出るような感じもします。
アプリ自体は有料で、AVアンプとのやり取りする分の時間が掛かってしまい、使い勝手が良くないのが残念ですが。

 ところで冒頭に「メーカーの異なるスピーカーを混在させたのは間違いだった」と書きましたが、様々な事情でスピーカーのメーカー、モデルの混在というのは、なかなか避けられないことでもあります。特にフロアのスピーカーとオーバーヘッドスピーカーを揃えるのは難しいでしょう。

それでも実用上はそれほど気にならないということもありますが、揃えた効果の有り無しで言えばそれは有ると言えます。
今回の場合だとテストトーンの音色から全く違っていたのですから、言わずもがなではありました。

しかし、同じメーカーであっても、モデル、取付け方法、位置の違いによって出て来る音は全く同じ訳でもない。というのも否定できず・・・最後は精神衛生上安心だから。という言い分を付け足しておきます。


 さて、これでうちの7.2.6ch構成もこれで、しばらくは落ち着くと思います。どれか壊れるまでは。
200126-3.jpg

しかし、クロスオーバー設定値の話をしたらAuro-3D用のトップとセンターハイトは高いがどうなんだ?ですかね。
それについてとか、天井6chと4chの違いとか、スピーカーの大小設定の話とか・・また次の機会にします。


残念ながらアトモス仕様では無いようですが。↓

アンブロークン 不屈の男【Blu-ray】 [ ジャック・オコンネル ]





 

posted by shu at 15:53 | Comment(3) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

トップミドルスピーカー換装。その2

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年手を入れた事と言えば、何のことはない1年前の焼き直し。トップミドルスピーカーを13センチから16センチに交換しまして、メーカーも他に合わせてKEFにしました。(画像の左が口径約13センチのProfile AIM5 Three。右が16センチのCi160.2CR)
191230-1.jpg 200102-5.jpg
まあ最初からそうやっておけよって話ですが、言い訳の方は前回書きました。

そもそも天井埋め込みスピーカーなんて相当のレアケース、極めてピンポイントな話の様なので、せいぜい向こう2、3ヶ月で2、3人の方の参考になれば良いかなーと思います。
それ以外の方には退屈な記事でしょうからスルーされてもやむ無し。

事実、Profile AIM5 Threeをヤフオクに出しましたが、入札には2週掛かって1件のみ。最初の価格のまんま落札されるっていう、出品者としてはまあ、アレな状況でしたのでね。

能書きはこれくらいにして、レアな情報が欲しい人のために前回の続きを書きます。

KEFの天井埋め込みスピーカー、Ci160.2CRってどんなモノで、取付けはどうするのか?
191230-8.jpg 200102-1.jpg
取付け方法と言うか、仕組みとしては他社も似たようなものでしょう。
AIM5 Threeは4箇所でしたが、Ci160.2CRは3箇所のL型のステーがねじを締めて行くことによって展開し、そのまま石膏ボードを挟んで固定するという仕組みになっています。
これ結構ネジを回します。地味にキツイ作業です。
プロの方々なら取付けには充電ドライバードリルを使うのでしょう。僕はネジの頭をナメたくなかったので、手締めしましたけど。

200102-4.jpgスピーカーには透明のカバーが付いています。経験者ならわかると思いますが、これは助かります。

なぜかと言いますと、取付けの時に下からスピーカーを片手で押し上げる格好で持つのですが、このカバーがあると、スピーカーに直接触れてコーンをどうにかしてしまう(傷とかへこみとかですよ)危険が無くなる訳です。

ただし、このカバーを付けたままではこの3箇所のネジが回せません。
200102-3.jpg 200102-2.jpg
なのでこのネジの場所にあたる凹みに穴を開けます。これでカバーを付けたままネジが回せます。
何度も言いますが、このカバーが無いと取付け作業でスピーカーコーンに触ってしまうでしょうね。

さて、13センチのProfile AIM5 Threeから、KEFの16センチCi160.2CRに換装したことで具体的にどうなったのか?

まず両者をプリメインアンプPMA-2000REに繋いで単独の2chで聴いた感想ですと・・
Profile AIM5 Three・・低音はほとんど出ていないので、サブウーファー無しでは物足りない。音の拡散、包まれる感じも薄い。
Ci160.2CR・・普通に低音が出てくる。単独で充分聴ける。拡散、包まれ感良好。
という違いがありました。実は天井埋め込みでは低音は期待できないのではないかという懸念もあったので。これには安堵しました。

音のつながりについて・・具体的な音源の比較、今回はここまで。次回で書きます。





 

posted by shu at 21:59 | Comment(3) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク