2019年08月15日

最近イマーシブ・サラウンドってどうなってる?

 猛暑お見舞い申し上げます。

今回は無理やりの近況と言うか愚痴みたいなものです。

ネタ不足・・これは僕の個人的事情によるものですけど、業界を見渡してもどうでしょう。最近のイマーシブ・サラウンド(あるいはイマーシブ・サウンド、はたまたイマーシブ・オーディオのこと)は、どうなってます?

Dolby Atmos
こちらは動画配信でも採用されつつあって、まあそれなりに展開されていますね。

ではその他はどうでしょうか・・?

DTS:X
採用ソフトの数が相変わらず少ないので見つけるのに苦労します。UHDブルーレイが視界に無いから余計に。

Auro-3D
音楽ものは知りませんが、映画ソフトに関して後続が出る気配が無いでしょ。
未だに国内では「ゴーストバスターズ」1本のみなのですかね?
このUHDブルーレイは5000円以上して、一向に値下がりしないのは何でです?
まあ、作品自体はWOWOWで観ました。あのー、キャストがね。無理してでも買う気にはなれないなあ。

IMAX Enhanced
ドキュメンタリーものが2本あるようですね。
映画の方は「ヴェノム」が初採用か?っていう情報が今年の1月にあった模様。で、その後どうなった?
これ、DTS:Xがベースなので・・DTSが絡むと動きが遅いんですよね。色々と見えなすぎ。かつて音の良いのはDTSの方って言ってた時代があったのに残念な感じですよ。最近は。
しかしこちらもAuro-3D同様にUHDブルーレイでのみの展開なんで、僕の守備範囲では無いのですけど。

とまあ、こんな感じでAuro-3DもIMAX Enhancedも、UHDブルーレイが買える人の特権かと思いきや、対応ソフトがほとんど無いじゃんね。

でもね、『Auro-3Dなんか、デノンとマランツがやってるだけでソフトが無いなら意味ないじゃん』というあなた。
これに関しては前から言っているように、アップミックスが十分重宝してまっせ。

190815-6.jpgDolby SurroundやDTS Neural:Xとは違って、サラウンドチャンネルの音と定位が、ぼやけないというのがメリットです。

Auor-3Dのアップミックスが使えるからデノン、マランツを選ぶ。これはありですよ。


 そうだ、アップミックスと言えば「IMAXモード」のサラウンドパラメーターが更新されてますので触れておきます。

190815-1.jpg先日廉価版になった「ジュラシックワールド/炎の王国」を購入しました。
音声はDTS:Xですが、これの日本語吹き替え版(DTS 5.1ch)がIMAXモードで再生出来ます。

実はこれがひと味違ってました。

190815-3.jpgAVC-X8500Hの設定画面です。

IMAXを「オン」にしておくとIMAX DTS(5.1ch)やIMAX DTS Neural:X(11.1ch)が選択できるようになります。
「オート」ではフラグが入っているわけでは無いのでIMAXモードにはなりません。

190815-4.jpgこの状態で日本語吹き替え版を再生すると、映像が一旦暗転します。ん?再び出画したときの表示は「1080P 24」。通常はプレーヤーからの出力1080P 24Hzは、AVC-X8500Hを通して「4K 24Hz」にアップスケーリングされますが、IMAXモードはこのアップスケーラーをスルーするようです。
まあ画質、色とかに関しては違いは出ないようです。

パラメーターの画面に戻ります。
1908154.jpgこの2月の更新で追加されたのが「IMAXオーディオ設定」という部分。
マニュアルにするとこんな感じ。
スピーカーのハイパスフィルター・・?AVアンプではこの設定過去には見ませんね。
それとローパスフィルターの数値と、サブウーファーのLFEを他のスピーカーから出す出さないの切り替えが出来ます。

190815-2.jpg僕はここを「オート」のままでIMAX DTS Neural:Xを選択して視聴しました。

そもそもIMAXモードとはどういう感じか?アナウンスされているのは低音の増強・・これがこの「ジュラシックワールド/炎の王国」の日本語吹き替え版では明確でした。低音の迫力はオリジナル音声のDTS:X以上でしたね。

何かと物議を醸すこともある吹き替え版ですが、本作はIMAX DTS Neural:Xでの視聴に価値があります。上方に回る音の再現性も良かったですし、吹き替えだと内容がより良く入って来るという利点もありますね。


 今回は以上です。休みなので無理やり更新しました。
細々とやっていくので、次はいつになるかなあ。
米中貿易摩擦の影響で仕事ガタ落ち。夏のナスはゼロだったし。永遠の0になりそうかも。
だから言ったこっちゃない。令和の時代は厳しくなる。もう手も足も出ませんぜ。

そんなんで、ぜんぜんイケてないので今回からタイトルのNEXTは外しちまいました。
ではまたいずれ。お元気で。






 Dolby Atmos用のトップスピーカーの設置に悩む人を見かけますが、ツーバイフォー材とラブリコで こういうスピーカー↓を取り付けましょうよ。ダメですか?
なんならサイドの壁にトップミドルとして使っても良いかと思うのですが。



KEF ケーイーエフ イネーブルドスピーカー Q50a サテンブラック [DolbyAtmos対応 /2ウェイスピーカー][Q50ABK]
タグ:IMAXモード

 

posted by shu at 15:30 | Comment(4) | イマーシブ・オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク