2017年12月29日

アンケートご協力ありがとうごさいます。

 今回のアンケートに予想の100件を大きく上回りまして、150件を超える回答をいただいきました。
ご協力をいただきました方々にお礼を申し上げます。

デフォルトのアンケート期間は、年明けまであるのですが、現時点で大勢が判明していると思われますので、一旦まとめさせていただきます。

それぞれの結果につきまして、一応個人的な考察を書きますが、あくまでも皆さん各自の立ち位置から結果を見ていただければ良いかと思います。

 アンケート1
UHDブルーレイの視聴環境をお持ちでしょうか?

これは気なる方も多かったのではないでしょうか・・
171229-3.jpg

結果 投票数 171

・視聴できる環境は無い  65%

・プレーヤーまたはレコーダーと、4K対応プロジェクターを持っている  19%

・プレーヤーまたはレコーダーと、4K対応TVを持っている  15%

 まだ7割近い人は、UHDブルーレイの視聴環境を持っていないということが判りました。
コストの面、様子見など・・理由はそれぞれでしょうけど、個人的には安心しました。
しかし、この年末の懐具合いが良い人は、これから多少比率を増やしますかね。

導入のコストが低いはずの、対応TVを持っている人の方がプロジェクター所有者よりも多いと思っていましたが、やはり意識の高い人達の狙いは、投影された大画面ということなのでしょうか。


 アンケート3(先にこちらに行きます)
ホームシアターの画面の大きさは?

171229-1.jpg

結果 投票数 153

やはりTVとプロジェクター、2つの山が出来ました。

・TVは42インチから50インチ台が全体の 20%

・特に100インチは、やはり鉄板の様で全体の 25% 

・120インチも多いですね。18%

 70から80インチからが、プロジェクターと推定しますと、全体の73%というように、大画面派が多いわけですが、個人的にはスピーカー配置との兼ね合いはどうなっているかが気にるところです。

また、プロジェクター所有者が73%いらっしゃる中で、アンケート1の結果からUHDブルーレイの視聴環境を持つ人は19%だとという見方ができますね。


 アンケート2
ドルビーアトモスに対応していますか?

ドルビーアトモス対応のトップ/ハイト/イネーブルドスピーカーの数でお尋ねしました。

171229-2.jpg


結果 投票数 150

・ドルビーアトモスには対応していない。 37% 
(回答を追加いただいた、AVアンプが非対応という4件3%を追加してあります。)

・トップスピーカー4本 33%

・ハイトまたはトップ、またはイネーブルドの混合で、4本使いをまとめると全体の50%になります。


結果ドルビーアトモス対応済みが63%・・意外にもこの数字。これには正直、皆さん頑張っておられるなあと感じました。


以上いかがだったでしょうか?

今回アンケートは、他の場所では公開していません。
このブログだけですから、意識の高いホームシアターファンだけの実情となります。

ご自身の立ち位置を知って、来年以降の予定の参考にされてください。



 さて、今年ももう終わりですね。

1年先の4K放送開始から東京オリンピックに向けて、オーディオ・ビジュアルの世界もあと数年は過渡期が続くと見ます。

来年以降、Auro-3Dの普及は、はたしてどうか・・デノンのフラッグシップは13.2chで登場となれば、サラウンドの多チャンネル化はさらに進みそうです。

しかし4Kにしても、多チャンネル化にしても、そのコストの増大はオーディオ・ビジュアルの趣味に格差をもたらすことも明らかです。

この過渡期の中で、こころ穏やかに過ごすには・・上を見ないことかとなあと、個人的には思います。


 では皆さん、良いお年をお迎えください。

                     
ホームシアターB(ベター)ライフ shu




このくらいの価格で上の機種(UHD65)の性能になるのはいつでしょうね。↓
4K UHD HDR対応 DLP プロジェクター Optoma オプトマ UHD60(4K UHD/HDR/3000lm/コントラスト比1,000,000:1)



 

posted by shu at 22:58 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

アンケートにご協力をお願いします。

12/14追記あり
12/17追記あり
12/19追記あり

 ホームシアターの昨今を考えますに、踊り場にある状態だと実感しています。
個人的には、その上の一段が高くて登れないからです。

その上の段と言うのが4K、UHDブルーレイ導入の障壁の高さなわけです。
なかなか気軽に手が出せるものでもありませんから、正直指を咥えているしかありません。

このあたりで十分だと思うこともできますし、人それぞれだとは思います。
色々と都合やら、考えというものがありますからね。


 そこで、皆さん実際どうなのでしょう?

そんな事から久々のアンケートを思い付きました。ご協力をお願いいたします。

見せてもらおうか。皆さんの実情とやらを。(笑)


アンケート1

 今やホームシアター関連の誌面上では、パッケージメディアの主役となったかのような扱いのUHDブルーレイ。

しかし実際のところ皆さん、どうなんですか・・

UHDブルーレイの視聴環境をすでにお持ちでしょうか?



TVとプロジェクターの両方をお持ちの場合は、重きを置く方でお答えください。
 

アンケート2

 家庭用のドルビーアトモスが2014年の秋にスタートしてから3年が経ちました。

ドルビーアトモスに対応するためにはトップスピーカー(天井取り付け)または
ハイトスピーカー(壁掛けで高い位置)あるいはイネーブルドスピーカー(天井反射型)の、
いずれかを2本、または4本を設置しなくてはいけません。

さて、その普及率は実際どうなっているのでしょうか?
当時のアンケートでは2014年内に導入した、または、するつもりだった人は7%でしたが・・
これも物理的障壁が高いでしょうか。

今現在、ドルビーアトモスに対応していますか?



トリノフの方がいらっしゃるかどうか・・それ以上は回答を追加で記入が可能です。

※12/17追記 一番下に回答を追加していただきましたが、今回はドルビーアトモス用のハイトまたはトップスピーカーの数ということでご理解お願いしします。
※12/19追記 22.2ch!? 勘弁してください。・・回答の追加はご自身の投票有りきですよ。(笑)

アンケート3

 これは地味ですが基本的な要件です。一度お聞きしておきたいと思っていました。

皆さんのホームシアターの画面の大きさについてです。

※12/14追記 ホームシアターと言いましても、スピーカーが2chでもバータイプでもラック内蔵型でも、ご自身のホームシアターということで構いません。



回答はご自身で追記が可能です。
※12/17追記 140インチ追加しました。

これは2つの山が出来ると思うのです。
TVとプロジェクターのです。
おおよその予想はつくのですが、100インチオーバーははたして、どれほどいらっしゃるのか・・。

以上の3つのベーシックなアンケートです。
期間は1ヶ月程度を予定します。
興味があればご参加ください。

正直、最近ネタに欠けるものですから、皆さんから話題の提供をいただこうという魂胆です。

これで僕自身も、皆さんも各自の立ち位置を確認できれば、心の平穏につながるかも知れません。

いや、逆効果になったりして(笑)



この価格で、スタンダードモデルだという・・・まだまだこういう世界だということですね。↓
【送料無料】 JVC 4K/HDR対応 D-ILAホームシアタープロジェクター DLA-X590R-B ブラック


 

posted by shu at 23:30 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク