2017年10月03日

新型Qシリーズを試聴しました。

 しばらくでした。(笑)

 実は先日、ようやくKEFの新型Qシリーズを試聴する機会がありまして、センタースピーカーのQ650cを除く全モデルを聴くことが出来ました。

以下に感想と、一部KEFジャパンさんから得た情報を書いておきます。
 
試聴は小さい方から、13センチユニットのブックシェルフQ150、フロア型Q550。
そして16.5センチユニットのブックシェルフQ350、フロア型Q750。
最後は20センチユニットのフロア型Q950という順番でした。

画像はQ350


・外見について

色は黒と白のつや消し仕上げのみ。
黒はシアターユースならば、うってつけでしょう。
白はリビングユースでしょうが、本当にザラザラなツヤ消しなので汚れやすいかも。


・全モデルに共通の音の印象

同軸ユニットのユニQドライバーのコーンにリブが入っているなど、上位機種やLS50のノウハウを落とし込んでいて、レスポンスは向上した感じがあります。

ただ、僕がサラウンドスピーカーに使っているiQ7のような、キラキラと拡散するような高域が印象的だったQシリーズというのは過去のものになって、そつなくまとめた優等生的な鳴り方とでも言いましょうか。 

これが面白くなくなったのかどうかについては、他のスピーカーを数多く聴き比べるという経験値に乏しいために言及はできません。


・サランネット別売りの件について

これは評論家さんも含めて、各方面から喧々諤々(けんけんがくがく)あったということです。(笑)

で、発売後5ヶ月程度経った実情はどうかというと・・

サランネットを購入する人・・
ブックシェルフのQ150やQ350までは7、8割の人が購入するようで、年齢層は若い人が多いようです。
やはり子供の居るファミリー層もサランネットは必須のようですね。

サランネットを購入しない人・・
Q750やQ950の購入者はサランネットを買わない人の方が7、8割の比率らしいのです。

これらをならすと、サランネットを購入する人は全体の5割程度ではないかということです。

サランネットはマグネットで装着するタイプであり、スピーカー本体に取り付け穴が無いのもKEFのこだわりです。
サランネット別売り・・僕は賛同する方ですね。デザイン性の部分も。価格的にもお得になりますから。


・シングルワイヤとしたのはなぜか?

この新型から、スピーカーケーブルの接続端子は2個のみになりました。

これについてはまず、このクラスのスピーカーでバイワイヤリング、あるいはバイアンプ接続で使われるということが少ないから。というものです。

また、世界的に見てもバイワイヤリング、バイアンプ接続で使う比率は日本だけがダントツなのだそうです。
これは初耳な話でした。つまり、よその国では需要があまり無いのだと。

それともう1つの理由とは・・ずばり「接点の削減」だそうです。

それは、ハイ側とロー側を繋ぐためのジャンパー金具とその仕組の除去。
この部分をシンプルにすることで(シングルワイヤ化)信号の損失を無くし、その上で端子自体に良い部品を使うこと。

つまり、シンプルに良い信号を供給、さらに良い音を出そうとした結果ですね。

あの傑作スピーカーのLS50が、シングルワイヤ仕様で成功したことも裏にあるのだそうです。
昨今、他メーカーにも同様の考えがあるようで、バイワイヤリングが標準仕様では?という価値観を見直す必要がありそうです。


・個人的に印象に残ったモデル

それはQ550。13センチユニットのフロア型です。

16.5センチユニットから比べると、スケール感は当然下がりますが、歯切れの良さとスピード感がありました。

具体的には、リズムを刻むドラム(タムタム)やエレキベースのゴリッとした瞬発的な音のキレ、鮮度は16.5センチユニットのモデルにはない部分だと感じたからです。



・未確定情報

色の展開は現状、黒と白の2色ですが、もう1色追加があるかも。
営業サイドはやはり、木目(茶色?)あたりを要望しているようですが・・。


 まとめ

 前モデルからの価格がほぼ変わらないことや、前モデルを踏襲した外観、サランネットの別売り、シングルワイヤ化など、一見するとコストダウンではないかとの疑念も浮かびました。
しかし、中身は一新されているといって良い内容でした。

依然として他にない、相変わらずのコストパフォーマンスを維持しているという感想は変わりません。


KEF JAPAN Q350B(ブラック) ブックシェルフスピーカー(ペア) ※グリル(サランネット)は別売り 【当店のKEF製品は国内正規代理店品です】

 

posted by shu at 20:48 | Comment(22) | KEFスピーカー Qシリーズ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク