2017年09月03日

Auro-3Dスタート。

 先月発表があったデノンのAVR-X6400HとX4400H。この2機種のAVアンプが、国内初のAuro-3D対応の製品としてようやく登場となりました。

ようやくと書きましたのは、もう1年半前にこのAuro-3Dについては記事にして触れていたからです。
こちらの記事→「Auro-3Dとは

この記事で書きましたように、提唱されたおおよそのスピーカー配置はわかっていました。

しかしこれが、AVアンプに実装されるとスピーカー構成はどうなるのか?(何チャンネルで可能なのか?)
また、ドルビーアトモスのスピーカー配置との住み分けはどうなるのか?

このあたりについて、AVR-X6400Hの内容を確認してみました。

 まず、そもそもAuro-3Dは何チャンネル展開なのか?

AVR-X6400Hは11chアンプ内蔵です。この内の10chを使う10.1chが、今のところのフル仕様となるようです。

170903-2.jpg
KEFのT101を壁掛けで想定して赤色で記入しました。

フロアスピーカーには基本の5.1ch。
これに加えて、
フロントハイトスピーカー2本
サラウンドハイトスピーカー2本
さらに、
トップサラウンドスピーカー1本
という構成です。

トップサラウンドスピーカーが前方にずれているのは個人的考えからです。

トップサラウンドスピーカーは無しでも可で、ハイトスピーカー4本設置が基本。
しかし、デノンはフロントハイト2本のみでも再生は可能としています。

横から見てみます。
170903-1.jpg
Auro-3Dの「ハイトスピーカー」は、フロントスピーカー、サラウンドスピーカーの真上設置を基本とするもので、仰角は30°という目安があります。
Auro Technologiesによると、ハイトスピーカーの仰角が40°を超えると垂直方向の自然なつながりが消失するらしいです。
これだとドルビーアトモス用のトップスピーカーの流用では今ひとつな感じがします。

 スピーカー構成は高さ方向に3層構造となります。
これをレイヤーと呼んでいますが、フロアスピーカーがレイヤー1、ハイトスピーカーがレイヤー2、トップスピーカーがレイヤー3となります。

この事から言えますが、近年のサラウンド配置は基本チャンネルは床置とし、それ以外のサテライトスピーカーは上方に設置するというように、役割ごと上下に分かれた配置が基本となってきました。
以前のようにサラウンドスピーカーを天吊りするという考えは、最新のサラウンド構築には当てはめ難いと思います。

 ハイトスピーカーの設置において、図中後方のサラウンドハイトスピーカーのように、サラウンドスピーカーの真上設置で仰角30°というのは天吊では無理がある場合があります。
この場合は後方壁掛け設置が妥当ということになるでしょう。

 では実際の家庭に落とし込んだ場合、
Auro-3Dとドルビーアトモスとの住み分けを考えた現実的なスピーカー配置はどうするか?

アトモス用のトップスピーカーを天井ではなく、フロントとリアの「ハイト設置」とした環境が、両者を共用できるスピーカー配置となりそうです。

では、天井取付のアトモス純正配置の環境ではAuro-3Dは使えないのか?
AVアンプの設定で、天井スピーカーをトップフロント、トップリアではなく、「フロントハイト、リアハイト」にアサイン変更することで再生が可能だということです。これはその都度切り替えが必要ということになるでしょう。(少々面倒か)

 そもそもAuro-3Dっているの?

 海外での展開の程度は知りませんが、国内のソフトはまだまだ出始めではありますし、普及の進展具合いがどの程度になるのかもわかりません。それに今のところ対応ソフトはブルーレイオーディオ(映像なし)のクラシックが大半。
映画ソフトに関しては未だ「ゴースト・バスターズ」1本で、これはUHDブルーレイのみでの展開に流れそうな感じもしますから個人的にはまだビミョーです。。

とにかくソフトが出なきゃあですね。ここ次第でしょう。



追記
AVR-X6400Hの装備内容がフラッグシップのAVR-X7200WAに肉薄あるいは同等化?したことで、内心穏やかでない7200のオーナーさんがおられるかも知れません。

そこはフラッグシップのオーナーたる者、その物の価値、性能、立ち位置など吟味した上でお買上げのはずですよね。(笑)どっしり構えましょうよ。

Auro-3Dは有償アップデートの可能性も無きにしもあらず。
サラウンド再生に限って言うならばですね、適切な外部アンプを使って11ch化するならば、まだまだぜんぜんイケますよ。

え?後継機ですか?
7200の後継機はどうなるか・・11ch化か、あるいはセパレート化か。
もし、そうなったら45万円は超えますぜ。

個人的にはAuro-3Dを有償アップデートの線でまだ行って欲しい。というのが本音ですね。



AVR-X6400H DENON [デノン] AVアンプ ※9月下旬発売予定
AVR-X4400H DENON [デノン] AVアンプ ※9月下旬発売予定

 

2017年07月30日

スピーカーケーブルの配線事情。

 暑中お見舞い申し上げます。

 最近、別の事にも時間と関心を移しておりまして、シアターの機器にも、うっすらホコリが乗っているという始末でありますから、(笑)更新の方もご無沙汰となっております。

それでもなんとか更新しようにも、最新トレンドの映像関連ネタは持っておらず・・。
仕方ないので今回は、これまでお見せしていない部分を取り上げてみました。

 スピーカーケーブルの配線・・ただでさえスピーカーが多くなりがちなホームシアターでは、悩みの種かと思います。

これをどんなふうに美しく隠蔽しようかと、お考えの方もいらっしゃることでしょう。
特に新築では壁内配線を考えると思いますが、これについての考えはあとで書きます。

160515-3.jpg さて、拙宅ではと言いますと、基本的にがっつり隠蔽をしているわけではありません。

一部は見えています。と言うか隠してありません。

近年、基本の5.1chないし7.1ch分のスピーカー配線はフロア設置という流れにあります。

なので、それらのスピーカーケーブルは単純に床を這わせることで済みますから、動線をなるべく避けて、足が引っかかり難くするなどの配慮をするのみです。

 問題はトップスピーカーなど、上の方に設置するスピーカーへの配線でしょう。

これらをモールで隠蔽するのも良いのですが、きれいにカクカク取り回しますと当然余計な長さを消費してしまいます。

そこで、拙宅では「なんとなく隠す」に留めています。

では個々に見て行きます。

トップフロントスピーカーL
170730-1.jpg部屋の左壁に窓があります。このカーテンレールを利用しているのです。

170730-3.jpgAVアンプの位置から真っ直ぐ立ち上げて、カーテンレールの上を這わせてスピーカーへ・・

170730-5.jpgスピーカーへはそのま空中を・・

要所だけタイラップで締めてあるだけです。

トップリアスピーカーL
トップリアスピーカーR

170730-4.jpg部屋の後方に付けた定在波軽減用の(と思っています)カーテンです。

やはりこれを利用します。

170730-6.jpgトップリアLはそのまま立ち上げ、タイラップで固定してからスピーカーへ。

170730-7.jpgトップリアRはカーテンレールの上を這わせて行ってスピーカーへ。

←以前のサラウンドバックスピーカー用の壁内配線の名残があります。

トップフロントスピーカーR
170730-8.jpgここだけはまず、床を横切らねばなりません。

サラウンドスピーカーRの配線と一緒に視聴位置の後ろ、ラグマットの下を這わせます。

縦方向に薄いシワが見えるのがケーブルです。
これはやや強引ですが、余分な長さの節約のためです。

青い束はフロント3本分。電源ケーブルは直交させ、上に持ち上げています。  あっ、ゾノトーン側が落ちてる?

170730-9.jpgラグマットの下で部屋を横切り、ソファの背面を通って・・

そもそもラグマットの下にって、ケーブルを踏むのが心配??
まあ、専用室だから出来ることです。歩くのは自分だけですから。

ラグマットのケーブルの隠蔽用途の他?の効能として、床の広い面積に敷いた方が音には良いはずです。

170730-11.jpgソファの背面からのれんの端を立ち上げ、のれん棒にタイラップで締めてスピーカーへ。


170730-10.jpg ちなみに、こののれんを吊るしたのは、左壁の窓のカーテンとのバランスを取るためです。(響きとか反射とか)

まあ無いよりマシかとは思います。

以上のような、なんとなく配線です。
難しく考えないで、家具等を利用すれば必然的にこうなるかと思います。

 では、新築時から工事するにはどうするのか?
そこがリビングならば、美観に徹底した隠蔽を図るための壁内配線も必要でしょう。

しかし、工事は一度きり・・設置したら後々、諸々の変更は効きません。
リビングシアターとは、専用室のそれとは全く違うものだと覚悟、割り切りを持つことも大げさでは無く必要だと考えます。

 では、拙宅のような専用室なら・・その場合もきれいに配線を隠蔽したいでしょうか?
これは後々の発展性をどう考えるかに掛かってきます。

実は拙宅でも新築当初、ヤマハのシネマDSPに対応したフロントハイト込み7.1ch仕様の壁内配線でした。

しかし現在はそのすべてを使用していないのです。

 後々の発展性への対応とは・・
スピーカーケーブル自体の変更。(太さという物理的問題。壁内通しによる余分なコストの問題)
スピーカーの設置レイアウトや個数の変更。

これらが十分に予想され、専用室ならばあえて壁内配線を使わなくなる、あるいは使えないという可能性が高いからです。最初は気分が良いのですが、あえて新築でお金を掛けるのもどうか・・と思います。


 最後にもう1つ。

これだけの配線引き回し・・良く言われるところの「左右の長さを合わせるべきか?」という問題です。

うちではラックの位置が部屋の隅です。おおよそお察しのように「左右の長さを合わせる」ことは無理です。それを言ったらすべてのスピーカーケーブルを同じ長さにすべきでしょうかね。

そこはイレギュラーな(と思われる)要因を排除したデフォルト環境での評価を必要とする、専門家ではない僕らにとって、現実的ではないと思います。
参考過去記事「左右の長さをどうする? その2



使用ケーブルです。↓
ZONOTONE SP-330MEISTER/BL(ブルー・1M) スピーカーケーブル(1m単位で切り売り可能です) ゾノトーン SP330M/BL/1M

 

2017年06月23日

月例更新。'17-6 

 ご無沙汰してます。忘れられないための月例更新です 。
箇条書きで行きます。

・AACの5.1chは・・

 僕の普段の視聴スタイルは、WOWOWの映画のエアチェックが主なんです。
パッケージソフトを観る比率は少ないです。

普段の生活感からかけ離れて、アトモスやらDTS:Xの最新ソフトを片っ端から追っかけるようなまねは現実的でないものですから、そうなります。

 それでWOWOWですが、当然音声はAACの5.1chなわけです。
その中で最近、これはブルーレイではアトモス収録だったな・・という作品の放送を目にする機会が増えてきました。

例えば、
「死霊館 エンフィールド事件」

少女に水を含ませて、霊に話させるというシーンは天井がガタガタ鳴ったりして面白いです。

「貞子vs伽椰子」

ま、どちらもそれらしい音が入っていそうなホラーですが。

キーンという高周波音がぐるぐる回り、ヒロインの視線にあわせて高い位置のラップ音?が、あちこち飛ぶのが印象的です。

 いずれもブルーレイとしては昨年発売された作品です。
これらはやはり元がアトモス収録作品だけあって、高い位置の音を意識して作ってあるのがAACの5.1chでも雰囲気としてわかります。

170622.jpgそれらを観る場合の再生モードはと言いますと、「Dolby Surround」か「Neural:X」のどちらかになります。

そして、どうやらAACの5.1chの場合「Neural:X」の方がマッチングが良い印象があります。

何が良いのか?

まず、単純に高さ表現が良いです。

つまり上の方から自然に聴こえる印象があります。
雷の音、雨音などはわかりやすい例です。

それと、音の移動感、定位感がシャープに感じられます。

具体的な例としては、「貞子vs伽椰子」にわかりやすいシーンがありました。

伽椰子が後方の階段から這って降りてくるシーン・・ここで伽椰子が発する「か、かかかかか」というあの声、これは最初後ろの上から聞こえてから、視聴者の頭上から目前まで下がってきます。この「声」の高さと移動の定位は「Neural:X」の方が明瞭に聴けました。

対する「Dolby Surround」の方は、高さはあっても全体にふわっとした印象に感じます。

トップスピーカーの位置を明確に決めない、DTSのNeural:Xの方が5.1chに対しては有効だという結果なのです。でもトップスピーカーの位置が本当にどこでも良いとは思いませんけど。


・映像への対応・・

 いよいよ皆さん待望、OPPOの高級UHD BDプレーヤーのUDP-205JPがお目見えしました。
これでUHD対応を様子見だった人は、グラッと動くのでしょうか。

もっとも、このレベルのプレーヤーを現実的にどのくらいの人が求めるか・・。

個人的には4K、8Kの試験放送が始まってからの対応で遅くはないと思っています。
そのくらいのスパンで構えています。(拍子抜けですか?)


・ゲーム・オブ・スローンズ

 結構前の話ですが、take51さんに『アトモス対応のこのドラマ見ましたか?』と振られたので、第一章のブルーレイBOXを観てみたのでした。

音声は既に5.1ch収録なので音は良いですね。
なんでも、第5章からアトモス収録になっているとか。

しかし、第一章を観終わったところで、うーん・・まあ、一旦投了しました。

これは第五章まで辿り着けそうにない。この連中に付き合いきれそうもない。(失礼)
・・というのが本音でした。
何か最終的に残るものが無さそうな・・誰もいなくなりそうな?

BDソフトの価格が落ちたら、また見始めるかも知れません。(笑)


死霊館 エンフィールド事件 [Blu-ray]

貞子 vs 伽椰子 プレミアム・エディション [Blu-ray]

【予約受付中!!7月上旬発売予定】OPPOUDP-2054K UHD Audiophile Blu-ray Disc Playerブルーレイディスクプレーヤー

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 全話セット(全10話収録)[Blu-ray]


また、そのうちお目に掛かります。

 

posted by shu at 00:02 | Comment(16) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

サラウンドの日に寄せて。

 今日は、5.1・・サラウンドの日ではなかったでしょうか?
知りませんか?そうだったはずなのですがね。(笑)

170501-1.jpgサラウンド・・僕が今の部屋で5.1chスクリーンシアターを始めたのは、H10年(1998)の新築時からですから、もう18年は経過したことになってます。

画像は当時のものです。「ハイト」の位置には、シネマDSP用の「エフェクトスピーカー」(現フロントプレゼンスSP)

170501-2.jpgこの間のノウハウと言うか、能書きですかね。それをこのブログにしたのがH19年(2007)の秋からです。

え、もう10年目に!・・もうそんなやってたんだと、今あらためて思いました。(笑)

当初はこんなに続くこと、また多くの皆さんに見ていただけると思ってもいませんでした。

 伊達に長くやってないこともあって、家庭用サラウンドについて押さえるべきツボみたいなものも、だんだんとわかって来ました。
ただし、音響、音質を計測し、数値化して説明できるような専門性はありませんけれども。

 最近は投稿もご無沙汰ぎみですが、今日のサラウンドの日にこじつけて、最近感じたホームシアターの色々を、無理やり書き留めておくことにします。


・100インチオーバーという呪縛

 やはりホームシアター新設のキッカケが、新築を機に・・という人も多いと思います。

そして、リビングシアターという選択も実際少なくはないことでしょう。
あるいは、専用室で始める場合であっても、重要な選択の1つが「スクーンの大きさ」ですね。

大抵の人が考えるのはこんな感じでしょう。

スクリーンサイズは、無理してでも100インチ
大は小を兼ねるから100インチ
大型TVと変わらなくなるから100インチ
あわよくば110、120インチ

・・100インチは絶対的ステイタスなのでしょう。うちもそうですから、気持ちは分かるんです。

しかし、日本の住宅事情で100インチオーバーのスクリーンは大きすぎると思うのです。

その根拠は何か・・こちらの記事2016.2.21「理想のサラウンド配置とは。」に書きました。
まあ、多くの方にご賛同いただけないとは思いますけど。(笑)


・天井スピーカーを含めた理想的サラウンド配置

上に書いた事の延長上にこれがあります。
2015.9.3「ITU-R配置プラス、天井スピーカー配置の考察。

後方のスピーカーとの距離を取ること、すなわちそれは部屋の後方空間を広く取る配置につながります。

後方空間を広くすることで、サラウンド、サラウンドバックスピーカーの間接音の割合を増やすことが重要だとわかりました。
比較的遠くに位置する、フロントスピーカーからの豊かな間接音に比べて、後方の近い位置にあるサラウンドやサラウンドバックスピーカーからの直接音が強すぎて、音場の空間、広さなどを感じ難いのです。


・2wayシアターについて

 リビングシアターで有りがちな選択肢で、TVの前にスクリーンを下ろして・・という2wayスタイルです。
聞こえはいいですし、一見合理的かと思われます。

しかし、よく考えると、どっち付かずになりませんか。
それはTVとスクリーンの視聴距離が同じでは無いためです。
音の方、スピーカー配置の方も2Wayに対応・・難しいですね。
(実際のリビングシアターでは、そこまでのこだわりは無いですかね)


・今まで触れてこなかったこと

 「イネーブルドスピーカー」について。
これは未体験ゆえに言及できなかったということです。
しかしこれの、フロントスピーカーの上で鳴っている音というのは、天井からの反射の前に聴こえてしまうはずで、ここはどうだろうなとは思います。

 「天井埋込みスピーカー」について。
アトモス用にはうってつけのようではありますが、個人的に検討候補にも上がりませんでした。
何よりのデメリットは、後でその位置を動かしようが無いということです。(笑)
後で動かせないのがなぜダメか?ここはリピーターさんならお解りいただけるかと思います。

で、音質はどうでしょう?
バッフルが石膏ボードですからね。・・施工には余程のノウハウと製品自体の選定が必要ですよね。
スマートな見た目優先・・リビングシアターにも共通のある種、割り切りが必要とは思うのですが。


 他に過去にはこんな記事も書いてました。ということで参考になれば。
これは書き足して行くかも。

CD管に通したスピーカーケーブルを交換する方法。」2010.12.30
新築時のノウハウですが、専用室なら先々は不必要になるかも知れません。

ドアからの音漏れを対策したら・・」2007.12.2
これは部屋のドアのデットニングです。低音を跳ね返すので効きます。


次回・・さて次はいつお目にかかれるでしょうか・・。
個人的なキャパの限界が来ています。
新たに想定される設備投資の(映像関連)大きさも非現実的なんですよね。


↓やはりアトモス未収録なのは承服しかねます。
  



タグ:5.1ch

 

posted by shu at 22:14 | Comment(8) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

トップフロントスピーカーの位置再考。 その3

 前回書きました通り、トップフロントスピーカーを仮設で300mm前方に移動して試聴したところ、良い感触を得まして、本格的に設置位置を変更してみることにしました。

せっかくならと今回、取付け方法には一考を加えることにしました。
スピーカーの位置を前後に移動可能な仕組みとしたのです。

 170212.jpg 170312-3.jpg

これはパイプの上をスライドさせる事で、前後に最大300mmの調整幅を得られます。

 試聴は以下の3箇所で行いました。
170219-2.jpg

1. トップフロントスピーカーを、一番後方(視聴位置寄り)にスライドさせた位置。
ここは従来の設置位置から見て、140mm前方の位置になります。
同時に仰角がちょうど45°の位置でもあります。

仰角45°は、ドルビーが推奨する設置範囲の基準とされる位置となります。

2. 真ん中あたりの位置。
ここが前回仮設で試聴した「300mm前方」の位置相当で、仰角は41°

3. 前方いっぱいにスライドさせた位置。
従来の試聴位置からは460mm前となり、仰角は38°


 以下結果です。

1.の仰角45°・・やはりこの程度の仰角が、つまり視聴位置から離れた方が、例の「ヘリコプターデモ」のヘリの旋回の前後の移動感が自然になって来ます。

2.の仰角41°・・ヘリの軌跡は、より前方を飛びます。
映画ソフトを試聴すると、前方の空間の高さと密度が上がるように思われます。
これはフロントハイトスピーカーを最初に設置した時の印象に近い感じがしました。

この条件での「ヘリコプターデモ」の聴こえ方のイメージはこうなりました。

170312-1.jpg

旋回の部分、前後方向への移動がはっきりして来ました。

3.の仰角38°・・ヘリの軌跡はもっと遠ざかりますが、ここまでやると後ろ側とのバランスが開き過ぎる気がします。
トップリアスピーカーからのヘリの音は後頭部の上を横切りますが、前方には離れすぎて頭上という感じはなくなります。


 さて、従来の設置位置(仰角48°)と比較した今回の試聴結果をまとめますと・・

天井のサウンドエフェクトの定位と音場の広さ(サービスエリア)はトップスピーカーの位置で明確に変わってしまいます。

このために、トップスピーカーの仰角45°は確保すべきだと思います。
これ以上の角度ですと、頭上の音場が狭くなり、前後の移動感と目前から上方までの空間密度も薄くなるように感じました。

もしも新築等で天井埋め込みをお考えなら、仰角45°の前後対称施工をおすすめします。
後では動かせませんのでね。

うちではトップリアスピーカーの位置が壁際であることから動かせず、トップリアと視聴位置を挟んで前後対称に設置していたわけですが、トップフロント側だけでも前方に移動することで、上に書いた要件を改善出来たと感じています。

 この前触れた、フロアスピーカーとトップスピーカーの位置関係を横から見た場合の「台形」の歪みが緩和されていることも、音場感に影響すると思っています。下の図の左が以前、右が今回移設した状態の台形イメージです。

 170319-1.jpg 170319-2.jpg

 
 以上の試聴の結果から、現在はわかりやすい効果があった、2の仰角41°の位置に決めて使用中です。

ただし、ヘリは本来視聴位置を中心に旋回をするはずが、(前後等分配置であれば)現状の軌跡は前方に偏っています。
これは視聴位置が部屋の後方に位置するため、仕方ないとするところです。
また、映像が展開するのは前方のスクリーンのみですから、スクリーンの外は視聴者の想像と感じ方に任される部分もあり、どこに定位すべきと測れるものでもありません。

しかし、理想の試聴位置はもっと前、サラウンドスピーカーが作るサークルの真ん中に近づくほど条件は良くなるはずです。

 一方で、ドルビーの推奨範囲は仰角30°までをOKとしています。
これはフロントとリアのハイトスピーカーの利用を見込んだものと思われますが、ヘリの軌跡はどうなるか、推して知るべしかと思います。


 もう1つ、「その1」で、「頭上に定位するはずの音が、それよりもやや後ろ寄りに感じる」と書きました。
これについては、トップスピーカーの位置が変わっても明確な改善は感じられませんでした。
収録音源がそうなのか、あるいは頭上のセンター定位を明確にするための「天井6本」を必要とする問題なのかも知れません。


 肝心の「それらしい」ソフトですが、最近の(ちょっと古いけど)手持ちのですと、これですかね。↓



 


     スポンサードリンク