2019年10月22日

7.2.6配置のその後。

 スピーカー配置の記事がしばらく未投稿でした。と言うか投稿自体を放棄していましたので、最新の状況を交えて説明をします。

・配置の概要

 7.2.6のスピーカー配置ですが、全てのスピーカーを推奨の設置範囲に入れています。
オーバーヘッドスピーカーの位置については、行き当たりばったりのアバウトな設置位置であっても、それなりの効果が得られるというのが評論家を含めての意見のようです。自分の場合はこうあるべきではという聴こえ方、主観によって位置決めをしてきたつもりです。

重要なのは基本の5.1ないし7.1の配置です。ここの推奨配置を極力守ることでDolby Atmosを始めとする、イマーシブサラウンドの聴こえ方が違ってきます。

サブウーファーは2本使いで、前後配置です。うちはその機種や大きささえ違うわけですが、特に不満はありません。
前にはメインとする30センチウーファーの大きな方を、後ろには25センチウーファーを置いてあります。2本使いをすると1本には戻れません。


・リアハイトスピーカーの位置変更

191022-4.jpg リアハイトスピーカーの高さのみ、100mm上に付け直して139°としました。変更はこの一点だけです。 
リアハイトスピーカーの取り付け位置の目安は135°から150°です。
以前は141°でしたから、その差は2°・・シビアなようですが、例の「ヘリコプターデモ」の軌跡が、後方でやや下がり気味だと感じて調整しました。


191022-1.jpg


・トップミドルスピーカーのAIM5 Threeについて

 これは事実上、Dolby Atmosの再生専用となっています。
理由はAuro-3Dのアップミックスがかなり有用で、これまで常用としていたDolby Surroundに置き換わっているからです。

Auro-3Dのオーバーヘッドスピーカーの配置は、前後のハイトスピーカーと頭上のトップサラウンドスピーカー、それにセンターハイトスピーカーの6本なので、トップミドルのAIM5 Threeの使用頻度は下がったというのが実情です。

正直なところやはり気になるのは、やや量感不足に感じることと音色の違いです。他が全てKEFですからこれも一緒にすべきか。またその口径はどうするか。今後の(もっと先の・・できるのかな)課題です。

ちなみにAVアンプAVC-X8500Hのアンプ振り分けの設定で、オーバーヘッドスピーカーの内、AIM5 Threeだけを鳴らす7.2.2を試してみましたが、音色の違い以外に明らかな役不足ということは感じませんでした。上に書いたことはあくまで7.2.6配置で他と混ざった時に気になるということです。


・Auro-3Dのセンターハイトスピーカーの必要性

191022-2.jpg 頭上のトップサラウンドは解るとしても、センターハイトまで要るのか?という疑問ですね。

これがあると、トップサラウンドのみの場合よりもさらに天井が上がる印象があるのと、セリフのリフトアップ効果を感じます。Dolby SurroundやDTS Neural:Xと比較するとその違いが分かります。


 ここからはスピーカー配置とは関係ありませんが近況を。

・画策

191022-3.jpgスピーカーケーブルについてはサラウンドスピーカー以外、ランクは違いますが全てゾノトーンを使用しています。

フロントスピーカーQ700のバイワイヤを止めて、そのケーブルをサラウンドスピーカーのそれと入れ替えることを画策しました。
理由はスピーカーケーブルをゾノトーンで統一し、全体の底上げを図るためです。

試しにシングルワイヤにして比較しましたが、やはり何か物足りない。バイワイヤの方がサウンドステージの微妙な広がり、定位と空気感が違いました。なのでこの画策はもったいないのでボツ。サラウンドスピーカーには別にケーブルを用意するべきかと。


・オーディシーのDynamic EQはONかOFFか?

 デノンとマランツが採用しているリスニング環境の補正技術ですが、ここでは時々話題に乗せています。
Dynamic EQとは何かというと、音量を下げた時の音質の低下を防ぐ技術とあります。実際音痩せを補い迫力が出ます。

試聴会や雑誌のレビュー等ではこれらの付帯機能はOFFにしていることもあって、Dynamic EQはONかOFFか?という話題はほぼ上がりません。

デノンの開発担当者も、ある程度整った環境ではMulti EQ自体をOFFでも良い。という発言をしています。
つまり、オートセットアップで得られたルームイコライザーの補正値を使用せず、活かすのは音量と距離の補正値のみでスピーカーの素の音で鳴らすということです。

そこで個人的な実情ですが、これらをOFFにするための条件としてある程度の音量が必要と考えます。それで音漏れしても問題がない環境が加わります。相当の大音量だと思います。毎日毎回そういう音量が現実的に可能なのかと思います。僕はNOです。そもそも小音量派だと言えますので。

191022-5.jpgなのでDynamic EQはONの場合が多いのですが、その味付けにあざとさを感じなくもありません。音質に不満はありませんが、リア全体の音量が大きくなりすぎるのです。

そこで「リファレンスオフセット」の数値を映画向けの0dbではなく、10dbとかにしてあざとさを抑えることを試しています。

ちなみにDynamic Volumeの方はほぼOFF。ただし、さらに音が痩せていて物足りない2ch収録のドラマやアニメの視聴時には使います。


今回は以上です。



最近見た映画です。↓


クワイエット・プレイス【Blu-ray】 [ エミリー・ブラント ]


エイリアンものならこちらもアトモス効果はおすすめ。↓


10 クローバーフィールド・レーン【Blu-ray】 [ ジョン・グッドマン ]




 

posted by shu at 18:42 | Comment(0) | スピーカー配置図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

最近イマーシブ・サラウンドってどうなってる?

 猛暑お見舞い申し上げます。

今回は無理やりの近況と言うか愚痴みたいなものです。

ネタ不足・・これは僕の個人的事情によるものですけど、業界を見渡してもどうでしょう。最近のイマーシブ・サラウンド(あるいはイマーシブ・サウンド、はたまたイマーシブ・オーディオのこと)は、どうなってます?

Dolby Atmos
こちらは動画配信でも採用されつつあって、まあそれなりに展開されていますね。

ではその他はどうでしょうか・・?

DTS:X
採用ソフトの数が相変わらず少ないので見つけるのに苦労します。UHDブルーレイが視界に無いから余計に。

Auro-3D
音楽ものは知りませんが、映画ソフトに関して後続が出る気配が無いでしょ。
未だに国内では「ゴーストバスターズ」1本のみなのですかね?
このUHDブルーレイは5000円以上して、一向に値下がりしないのは何でです?
まあ、作品自体はWOWOWで観ました。あのー、キャストがね。無理してでも買う気にはなれないなあ。

IMAX Enhanced
ドキュメンタリーものが2本あるようですね。
映画の方は「ヴェノム」が初採用か?っていう情報が今年の1月にあった模様。で、その後どうなった?
これ、DTS:Xがベースなので・・DTSが絡むと動きが遅いんですよね。色々と見えなすぎ。かつて音の良いのはDTSの方って言ってた時代があったのに残念な感じですよ。最近は。
しかしこちらもAuro-3D同様にUHDブルーレイでのみの展開なんで、僕の守備範囲では無いのですけど。

とまあ、こんな感じでAuro-3DもIMAX Enhancedも、UHDブルーレイが買える人の特権かと思いきや、対応ソフトがほとんど無いじゃんね。

でもね、『Auro-3Dなんか、デノンとマランツがやってるだけでソフトが無いなら意味ないじゃん』というあなた。
これに関しては前から言っているように、アップミックスが十分重宝してまっせ。

190815-6.jpgDolby SurroundやDTS Neural:Xとは違って、サラウンドチャンネルの音と定位が、ぼやけないというのがメリットです。

Auor-3Dのアップミックスが使えるからデノン、マランツを選ぶ。これはありですよ。


 そうだ、アップミックスと言えば「IMAXモード」のサラウンドパラメーターが更新されてますので触れておきます。

190815-1.jpg先日廉価版になった「ジュラシックワールド/炎の王国」を購入しました。
音声はDTS:Xですが、これの日本語吹き替え版(DTS 5.1ch)がIMAXモードで再生出来ます。

実はこれがひと味違ってました。

190815-3.jpgAVC-X8500Hの設定画面です。

IMAXを「オン」にしておくとIMAX DTS(5.1ch)やIMAX DTS Neural:X(11.1ch)が選択できるようになります。
「オート」ではフラグが入っているわけでは無いのでIMAXモードにはなりません。

190815-4.jpgこの状態で日本語吹き替え版を再生すると、映像が一旦暗転します。ん?再び出画したときの表示は「1080P 24」。通常はプレーヤーからの出力1080P 24Hzは、AVC-X8500Hを通して「4K 24Hz」にアップスケーリングされますが、IMAXモードはこのアップスケーラーをスルーするようです。
まあ画質、色とかに関しては違いは出ないようです。

パラメーターの画面に戻ります。
1908154.jpgこの2月の更新で追加されたのが「IMAXオーディオ設定」という部分。
マニュアルにするとこんな感じ。
スピーカーのハイパスフィルター・・?AVアンプではこの設定過去には見ませんね。
それとローパスフィルターの数値と、サブウーファーのLFEを他のスピーカーから出す出さないの切り替えが出来ます。

190815-2.jpg僕はここを「オート」のままでIMAX DTS Neural:Xを選択して視聴しました。

そもそもIMAXモードとはどういう感じか?アナウンスされているのは低音の増強・・これがこの「ジュラシックワールド/炎の王国」の日本語吹き替え版では明確でした。低音の迫力はオリジナル音声のDTS:X以上でしたね。

何かと物議を醸すこともある吹き替え版ですが、本作はIMAX DTS Neural:Xでの視聴に価値があります。上方に回る音の再現性も良かったですし、吹き替えだと内容がより良く入って来るという利点もありますね。


 今回は以上です。休みなので無理やり更新しました。
細々とやっていくので、次はいつになるかなあ。
米中貿易摩擦の影響で仕事ガタ落ち。夏のナスはゼロだったし。永遠の0になりそうかも。
だから言ったこっちゃない。令和の時代は厳しくなる。もう手も足も出ませんぜ。

そんなんで、ぜんぜんイケてないので今回からタイトルのNEXTは外しちまいました。
ではまたいずれ。お元気で。






 Dolby Atmos用のトップスピーカーの設置に悩む人を見かけますが、ツーバイフォー材とラブリコで こういうスピーカー↓を取り付けましょうよ。ダメですか?
なんならサイドの壁にトップミドルとして使っても良いかと思うのですが。



KEF ケーイーエフ イネーブルドスピーカー Q50a サテンブラック [DolbyAtmos対応 /2ウェイスピーカー][Q50ABK]
タグ:IMAXモード

 

posted by shu at 15:30 | Comment(4) | イマーシブ・オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

fire tv stick 4K その後。

 fire tv stick 4Kの購入理由は、Amazonプライム・ビデオで4KでDolby Atmos音源のコンテンツを見たかったからでした。なのに、肝心の対応作品が1シリーズのみで、増える気配もなく拍子抜けです。

ならばと、他のサービスをリサーチしてみると「Netflix」が良さげです。月額1800円とて痛いのですが、UHDブルーレイ1本の3分の1の価格と考えれば、あとはその中身次第です。

Netflixの中身(ラインナップ)は、会員登録をしてからでないと知ることができないので、登録後1ヶ月の無料視聴期間で吟味することにし、視聴し始めて2週間ほど経ちました。

中身の方をAmazonプライム・ビデオと比べてみます。


・Dolby Atmos音源のコンテンツ

これに関しては圧勝。
アマプラビデオと同様にNetflixオリジナルに限られるものの、ドラマシリーズのみならず、映画作品も何本もあります。かの「ローマ」もその一つ。


・レンタル扱いの作品は無い

追加料金やチケット制もない、Huluと同じ本当の見放題で明快です。


・画質の違い

これはアニメ「銀魂」のTVシリーズという、ピンポイントな評価になりますが、同じ作品でもNetflixの方は放送画質そのまま、あるいはそれ以上といった印象。(画面が4:3のアナログ放送時代のものに関しては画質はほとんど同じです)
銀魂に関してはAmazonプライム・ビデオ<Hulu<Netflixという感じ。アマプラ・ビデオとNetflixの差はかなり大きいです。


・対応デバイス

190707-7.jpgNetflixといえば、最近のTVやレコーダーのリモコンには直通ボタンが付いているわけですがfire tv stick 4Kでも、もちろん視聴できます。

やはり独立した専用デバイスであるfire tv stickの方が使い勝手が良いと思います。

190707-8.jpgレコーダーのDMR-SCZ2060からの視聴では録画中はDRモードに切り替わるなど制限が出てきますし、パナのリモコンのキーの、ミスタッチを誘うキーの大きさや配置が「らしからぬセンス」で、どうにも好きではありません。

190707-3.jpgやはりfire tv stick 4Kの方が使い勝手が良い・・。

しかし、Netflixを視聴するのに残念な問題がありました。

これはNetflixの、あるオリジナル映画のメニュー画面で、音声はDolby Atmosなのですが・・。


・Netflixを、fire tv stick 4Kで視聴の場合

190707-1.jpg音声の表示は「5.1」になっています。
Dolby Atmosがfire tv stick4Kでは再生できないのです。えっ!なんで?っていう感じ。

それと、なぜかfire tv stick 4KでNetflixを見ると、音量レベルが低いのも気になります。


・Netflixを、レコーダーのDMR-SCZ2060で視聴の場合

190707-2.jpg「ATMOS」の表示があります。

レコーダーでの視聴ならば、Dolby Atmosの再生が出来ます。

音量、音質、画質等問題ありません。


・Amazonプライム・ビデオを、レコーダーのDMR-SCZ2060で視聴の場合

190707-4.jpg 190707-5.jpg
Dolby Atmos、HDR共に再生が出来ます。・・え!出来たんだ? 
AmazonのFAQではパナソニックの機器は外れていたのに・・情報が古かったのか?

その代りに、「Amazonプライム・ビデオのホームの画面」に限って画質が明らかに荒く、サービスイメージが下がります。
fire tv stick 4Kを持ちながら、アマプラ・ビデオをわざわざレコーダーから視聴する必要はないです。


・結論

 Dolby Atmos目当てなら、Netflixで今のところ文句無しです。

しかし問題は、fire tv stick 4Kでは、NetflixのDolby Atmosが再生出来ないことです。

じゃあ、そもそもfire tv stick 4Kを買う意味があったの?ですね。
「You Tube」やら「Tver」やらも視聴出来ますし、音声操作も出来ますから、独立デバイスとしての価値はあります。

一方で、Amazonプライム・ビデオを重視しなければ、どうしても購入する必要もないとも言えます。

190707-6.jpgfire tv stick 4Kのパッケージです。

Dolby Atmos対応の文字は当然ありますが、なぜ?

NetflixのDolby Atmosが再生出来れば文句無いのですが残念。いずれファームウェアでなんとかしませんかねえ。


Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属


後継モデルには4Kの倍速録画機能が付きましたが、そこが不要なら旧機種の在庫が狙い目でしょう。↓
(物流在庫あり)パナソニック DMR-SCZ2060 2TB HDD内蔵ブルーレイレコーダー 4Kチューナー内蔵【3D対応】 DIGA [DMRSCZ2060]


タグ:NETFLIX

 

posted by shu at 19:09 | Comment(3) | fire tv stick 4K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

fire tv stick 4Kは「あり」か?

 ソフトが買えないなら、配信で補うか。

190609-1.jpgfire tv stick 4Kは、Dolby Atmosにも対応しているし。

考えた結果、4KとAtmosコンテンツ視聴のための最小投資と思って、先月購入したのです。

さて、これがどれだけ使えるのか?

 レコーダーのDMR-SCZ2060で、4K放送とUHDブルーレイの視聴環境に在りながらもう半年余り。実はもう一つその恩恵にあずかりきれずにいます。

理由としましては・・

1. NHKの4K放送で、これぞ4Kというインパクトのある番組に出会っていない。

東京の夜景ものや、先日のマチュピチュからの生放送は確かに綺麗でしたが・・風景もの、紀行ものはこんなものなのか?

2. UHDブルーレイの必要性に疑問。

これは最初に買った「クリード」の画質を見ての感想で、WOWOWの放送画質との差は、強調されたフィルムグレインまたはノイズ?の有り無し程度にしか感じられなかったから。

1については、『プロジェクターの画質設定を追い込めば?』とか『そもそもリアル4Kでないからでは?』
2については、『他のソフトも見てみたら?』

エンスージアストの方々から、このようなツッコミが来るのを予想します。
まあ単に経験不足というのは否めません。

UHDブルーレイに関しては、もっと買って見るべきでしょうが、「レコーダーでディスク再生なんぞできるかあ!」っていう変なこだわりが無いとも言えません。

しかし、これはお金がないというのが本音でどうしょうもない。(見た目ハイエンダーのようでも、中の人はワーキングプアマンです)

現状は2Kの放送画質であっても、DMR-SCZ2060からAVアンプAVC-X8500Hを通したアップスケーリング映像に満足しているっていうのが実情なんですね。

 そんな折、Amazonプライムの会費増額のお触れが出ました。
一時は退会も考えましたが、増額分の価値や損得を考えていましたら、以前から頭の片隅にあった「fire tv stick 4K」を、ちょうどタイムセールで見つけたわけです。

190609-2.jpg本来はTVの裏に手軽に接続っていうコンセプトの製品ですが、AVアンプに直挿しすると(延長ケーブルを介してます)このような体になります。
・・何か気にします?ま、僕は気にしません。

ともあれ、これで4Kの本当の実力を垣間見ましたねえ。

190526-3.jpg 190526-2.jpg
「CIA分析官 ジャック・ライアン」この画質がNHKの紀行ものとは全く違うテイストの高画質。でもって音声はDolby Atmos。(画面上にDolby Atmosの表示は無し。これだとだめじゃんね)
その音は期待以上。第一話の冒頭で納得出来るはずです。この作品の画質と音、これに文句を付ける人は少ないのではなかろうか。

これは思わぬ拾い物。Amazonプライム・ビデオでこれだけのコンテンツが見られるのならば!

・・と思ったのもつかの間。

Dolby Atmosはこれ一本だけかいィィィィィィィ!

あと、クセがすごいんじゃ。Amazonプライム・ビデオは・・。

どこがかと言いますと・・

・本来の画質になるまでに少なくとも数十秒かかる。

190526-1.jpg本来UHD画質のはずが、スタート時はHD。それから1080P。そしてUHDへと変わって行くんです。ある意味初めての映像体験。

・シリーズ物で4Kの表示があっても、それはシーズン1の第1話のみ。「ハンナ」がそう。2話以降は1080Pです。

・4Kとあっても全編が4K画質とは限らない?

190609-5.jpg「プラネット・イン・ブルー」は冒頭サーフィンの部分はHD画質のまま。最初はWi-Fiが弱いのかと散々悩みまして、Wi-Fi環境の強化までやっても、何をしても変わらず・・。

なんの事はない。港のシーンに変わった途端に4K(UHD)画質に切り替わります。確かに波のシーンはデータ量が厳しいか。

こんな感じでクセがね。

何にしても4KのDolby Atmos収録作品を増やして欲しいです。
しかし「ジャック・ライアン」はAmazonオリジナルドラマなので、他の映画のDolby Atmos配信は期待できないのかなあ。

fire tv stick 4K、プライム会員なら追加費用が無しとは言え、現状では欲求不満は否めず。今後の期待値込みで「あり」としたいところですかねえ。


リモコンのレスポンスは良いです。暗室ではやや使いにくいかも。
デフォルトではメニュー画面を含めてHDR。さすがにこれでは不自然なので設定で変更します。プロジェクターも、ランプ出力が「高」モードになってうるさいし。


Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

posted by shu at 16:32 | Comment(4) | fire tv stick 4K | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

令和元年5月1日。

 年号が変わりました本日、誰も言いませんが、5.1サラウンドの日でもあります。(笑)

新時代のこの先、サラウンドはどうなって行くのでしょう?・・考察を少し。

190501-1.jpgサラウンドスピーカーの数については、『そもそも天井にとか言う時点で無理ゲー』という意見の一方で、『4K、8Kの22.2chには、いつ対応するつもりなのか』と、かなり前のめりな意見もあります。

ホームシアターのスピーカーを、これ以上に増やす事がこの先あるのでしょうか?

DTS:XとAuro-3Dに関しては、現時点でもう増やす必要は無いです。
両者とも使用するスピーカーの本数は、現行のAVC-X8500H(13.2ch対応)で既にその規格を満たしているからです。

つまりAuro-3Dが設定するスピーカー配置は最大13.1ch。

DTS:Xに関しては、最大で11.1ch分をサポートするのみです。(配置としては7.1.4、5.1.6、9.1.2)
IMAX EnhancedについてもDTS:Xをベースとするので、スピーカーの追加は無いと見るべきでしょう。

Auro-3DとDTS:XそれとIMAX Enhancedも、家庭用は現時点で完成されているわけです。追加の仕様変更が無い限りは。

問題は次の2つです。

・ドルビーアトモスホームに設定されるスピーカー構成が最大24.1.10chであること。
・4K、8Kの音声が22.2chであること。

アトモスの方も非現実的なので、その内容をすっかり忘れていました。いずれも家庭用としてはとんでもない数です。

スピーカーの置き場所という物理的な制約はもちろん、再生機の物量をいろんな意味で確保できるのかという問題は誰が見てもわかります。

確かに実音源は多いほうが良いです。これは間違いありませんが、物事の限界というものがあります。

現状でも13.2chを実践するという、他の人が眉をひそめるような、ある意味犬の如く従順にAVアンプの仕様が変わるたび追従してきた僕が、さらなるスピーカー本数の追加を、まだ容認するのか?

いや、これはもう物理的、経済的にはもう、できません。ただ、ドルビーアトモスに関して言えばフロントワイドスピーカー、これくらいは、ここまでは追加されても良いのかなと、音響効果での要る要らないで考えると、そう思います。

では4K、8Kの22.2chの方は?

まだ何も世に出ていないわけですが、家庭用のAVアンプに22.2chをそのまま落とし込むのは、これは現実的とは思えません。
アトモスと同様にAVアンプの仕様に合わせたダウンミックスになるというのを予想します。


ともあれ、

令和の時代に、皆さんのオーディオ・ビジュアルライフのさらなる発展をお祈りします。



↓何でレーザー距離計が必要?
測定マイクの位置出しは、メジャー?それともテキトーですか?
水平器付きで完璧です。


 

posted by shu at 15:34 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク