2019年04月05日

リアはトップか?ハイトか?。 その2

 本文の前に・・前回からの記事で書いている「トップ」と「ハイト」それぞれのスピーカーの区別をご理解いただけていないといけませんので、あらためて説明しておきます。

いずれもDolby Atmosの登場以降に設定された、高い位置に取付けるスピーカーのことを指しています。

まずトップスピーカーとは、天井取付けでユニットは基本下向きのスピーカーのことです。
対するハイトスピーカーとは、天井に近い高い位置にあって、ユニットは基本視聴位置に向けたスピーカーのことです。
これを視聴位置に無理なく向けるためには、壁掛けという選択が現実的ではないでしょうか。

では本文です。

 視聴位置が部屋の真ん中より後ろにあって、後ろの壁の方が近いという環境は少なくないと想像します。
その環境でトップスピーカーを4本、天井取付け、もしくは埋め込みを考えた時に「前後に45°の振り分け設置」は、リア側に関しては45°以上になりがちであり、当てはめ難いと思います。
ならば最初から面倒な天井取付けでは無く、「ハイト設置」を選択することで、作業の難易度、スピーカーの選択肢、配線の問題など、諸々ハードルが下がることでしょう。

190331-8.jpg個人的な感覚では、リアのトップスピーカーの角度が45°より高くなるのなら「ハイト設置」として40°くらいで良いという結論となりました。

これはトップスピーカーが視聴位置に向けて振ってあったとしても。です。

しかしハイトスピーカーを壁掛けと言っても、天吊り同様にそう簡単なことではありません。「壁に直接取付け」を考えると、そこに下地が都合良く入っているとは限りません。

その場合の強い味方が、2×4(ツーバイフォー)材を突っ張り棒として利用するためのアイテムでした。

それこそ自由な位置への設置が可能で、DIYらしい作業と言えば、2×4材にスピーカーを引っ掛けるためのネジを2本打つだけです。
そのため、スピーカーの上下位置も自由に出来ます。今回決定したハイトスピーカーの高さは、そこから上下に100mmずつ高さを変えた位置でも試聴した結果によるものです。
ちなみに天井近くに高くするほど、前回書いた後頭部に近い感じが強くなってしまいました。

  Dolby AtmosとAuro-3Dは無理なく共存出来るのか?・・当初は懐疑的ではありました。
どちらかを優先した設置方法を選択する必要があるのではと。
しかしこれは壁掛け、もしくは天吊りの「ハイト」スピーカーを前後に設置する。これで無理なく共存が可能です。

以上、結果的にDolby AtmosとAuro-3Dが共存するスピーカー配置は、トップスピーカーは2種類のみで、 Dolby Atmos用のトップミドル2本とAuro-3D用のトップサラウンドスピーカー1本ということになりました。

190331-0.jpg

 

 せっかくなので、今回ラブリコの「2×4アジャスター」を使用した理由を説明しておきます。

・2×4材のカット寸法の違い

ホームセンターからどうやって、この長尺ものを持ち帰るのか。そして僕のように軽自動車にも入るのか?

双璧である一つのアイテム、「ディアウォール」の場合、カット寸法は、天井の高さマイナス45mm。一方「2×4アジャスター」の方は-95mm。
この50mmの差。これが少しでも短い方が軽自動車に載せた時には余裕が出来ます。

うちで実際に必要な長さは2335mmでしたが、問題無く載せて持ち帰ることが出来ました。


・作業の収まりが良い

190331-7.jpg「2×4アジャスター」は単純にジャッキ方式でネジで天井に突っ張るものです。なので、ネジをゆるくした状態で、設置位置の近くに立ててから横移動が容易に出来て、位置出しの自由が効きます。

190403-1.jpg下の方は滑り止め付きのキャップを被せる形です。

スピーカーの横振り角度が足りなかったので、2×4材ごとやや角度を付けてあります。

一方の「ディアウォール」はバネによる押し込み式です。狙った位置でワンショットで取付けます。

190331-6.jpgうちでは何より、こういう環境での設置にはディアウォールは適さなかったのです。ラックを動かさないと物理的に無理があります。

「2×4アジャスター」は上のジャッキ部分に手が届けばこのような場所への設置が可能なのです。

ちなみに2×4材カットまで含めた2セットの購入代金は3574円でした。


平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター ブロンズ DXB-1


 壁掛けならスピーカーの選択肢は少なくないと思います。専門誌御用達のイクリプスはお高いので、KEFのこちらはどうでしょうか。


【納期はお問合せください】【送料無料】KEFE301Eシリーズペアパックサラウンドスピーカー(ペア)



 

2019年03月31日

リアはトップか?ハイトか?。 その1

 先日、リアのトップスピーカーの位置を再考してテストした結果、取付け位置とその方法も変更しました。

結果的には、約141°(後方からの仰角で39°)の位置で「ハイト」設置に変更しました。

190331-2.jpg

理由としては、図中の緑色の円で示した音場イメージが得られたからです。つまり、高さは若干低くなったものの、後方に奥行きのある音場感が得られたためです。

 リアのトップスピーカーについては「天井4本」の構成とした際に、視聴位置前後に45°ずつ振り分けるとした、それに近い位置の133°、後方からの仰角47°のまま、トップリアスピーカーの位置としては動かしようが無いだろうとして、手を付けていませんでした。

しかし、最近気になっていたのがDolby Atmos再生時のトップリアスピーカーの聴こえ方による、頭上から後方の音場感についてです。

どういうことかと言いますと、その音はほぼ後頭部の真上から肩口、そして視聴位置横にもやや回り込む感じで、後方音場の広さはほとんど感じられませんでした。それが図中の赤い縦の楕円のイメージでした。

一方、トップミドルスピーカーの追加によって、前方へと移動させ、バッフル面を視聴位置に向けたトップフロントスピーカーは、ほぼフロント「ハイト」スピーカーと呼べる位置と形態にあります。そのフロント側に広くなった音場に対してリア側のそれは視聴位置のすぐ後ろで、どんつき。ほとんど後ろが無いという印象だったのです。

それで考えたのが、リアのトップスピーカーをフロントのトップ(ハイト)スピーカーと同じ仰角にしてみようということです。
つまりフロントハイトスピーカーとの「段差」を無視してスピーカーを下げ、仰角34°にしてみることです。

190317-1.jpgテスト用のスピーカーを既設のアングルに吊るします。この機能性。アングルに優るもの無し。

最初にアングルの見た目、意匠を気にしていたなら、こういう工夫の芽の発露、改良への発展性は無かったのです。

190318-2.jpg仰角34°だとこれだけ下がります。天井から600mm位。

これで例の「ヘリコプター・デモ」※の音源を聴いてみますと・・これは予想通り。

やはりヘリの軌跡はリア側で明らかに下がってしまいました。

しかし、しかしです。音像が遠ざかって音場が後方に広がっています。以前、後頭部真上だったヘリの軌跡、これは後方に下がり、旋回がより自然にトップミドル、前方へとつながって行くようになりました。

190331-3.jpgこれは好ましい傾向だと判断して、スピーカーの位置を少し上げてみました。約39°です。

ヘリの高さについてはまだ若干下がりますが、後方音場の生成というメリットを採用するに十分な位置です。

190331-4.jpgこの角度での取付け。これは当然「リアハイト」です。この方向でスピーカーの取付けを変更することに決めましたが、その方法をどうするか?

天吊りプラス延長で下げる。いや壁掛けが妥当でしょう。
しかし下地は、はたして都合良くその位置に入っているのか?


190331-5.jpgスピーカーの壁掛けの最も合理的な方法として、2×4材を利用する「ディアウォール」でも良いのですが、今回「ラブリコ 2×4アジャスター」の方を選択することにしました。




完成形です。
190331-9.jpg

詳細は次回につづきます。



※ヘリコプター・デモとはドルビーのデモディスクに入っている音源です。
未だに、Dolby Atmosのチェックディスクというモノの存在が見当たらない中では貴重なチェック音源です。



LABRICO 2*4 アジャスター ブロンズ DXB-1(1コ入)

 

2019年03月03日

サラウンドスピーカー配置更新2019.01 まとめ。

 トップミドルスピーカーの更新とAuro-3Dの13.1ch対応のまとめです。

190303-3.jpg

時期を同じくして、視聴位置を2.8mから2.7mに変えていました。
理由としては、サラウンドスピーカーを含めた後方のスピーカーからの距離を幾らかでも取って、スピーカーサークルの真ん中に近づくことです。
プロジェクターを変えて、以前よりスクリーンに近くても画素構造が見えなくなったので実行出来ました。慣れればもう少し(もう10cmほどは)前に行けるかも知れません。

これに伴って、フロントハイトスピーカーの位置も前に移動させ、仰角は34°となっています。
つまり、リアハイトスピーカーとの距離は、これまでで一番開いた開いた格好となります。
いずれのスピーカーもDolby AtmosとAuro-3Dの推奨範囲に入れてあります。

190210-2.jpg

現状で聴くサラウンドはどんな感じになっているのか?
以下、個々に書き出します。
(サブウーファーは2台使っていますが、仕様上の表記に合わせて0.1とします)


・Dolby Atmos Dolby Surround 

スピーカー構成は7.1.6chです。
仮設置だった軽量薄型のT101(ウーファー口径115)から、天井埋め込みのProfile AIM5 Three(ウーファー口径127)に入れ替えたわけですが、正直成功だったのか失敗なのか・・他のハイトスピーカーに比べると、音色の違いと量感不足。若干これは感じます。

これはAudyssey MultEQ Editorというアプリのキャプチャで、フロントハイトのHTS3001 SEとの違いはこんな感じです。
190303-1.jpg 190303-2.jpg

ところで天井6本というのはAVC-X8500Hの特権で、僕のような実践者に限るともっと少数派。通常は前後にハイトスピーカーで7.1.4あるいは5.1.4というのが現実的でしょう。

このトップ配置ではない、前後ハイト配置の場合だと頭上の音が薄くならないか?こういう疑念は以前から有るかと思います。
そこでトップミドルを「無し」に設定して確かめてみました。

結果は意外と大丈夫でした。頭上の音は不自然に薄くなったりしません。トップミドルスピーカーの有り無しは、聴き比べると違いが判りますが、前後のハイト設置でも不満のないレベルだ思いました。
これは、僕の今の環境ではということで、トップミドルスピーカーを格上げする余地を残しているから?とも言えます。

しかし天井4本配置はトップかハイトか?という問題・・ハイトを選択してネガティブに思わなくて良いと思います。設置は断然やりやすい訳ですから。

アップミックス、Dolby Surroundの印象
・全体にふわっとして音場は広め。
・上には高い。
・天井6本の恩恵か、視聴位置横の斜め上付近も拡張される感じがある。
・SEのシャープさが薄れる。
・水平に定位するはずのSEが、上に引っ張られる傾向がある。
・しかし汎用性は高い。


・DTS:X Neural:X  

スピーカー構成は7.1.4chです。
DTS系は11.1chまでしかサポートしないので、トップミドルスピーカーは鳴りません。

DTS:Xについては、言及するほどソフトを見ていないのでスルーします。UHD BDが普及したなら出会う機会もあるでしょうけど。

アップミックス、Neural:Xの印象
・音は視聴位置により近くで鳴る印象で密度が高い。
・2chの拡張としても違和感の無いダイレクトな音場感。
・頭上は高くはないが、雨音などの表現はリアル。

評論家、山本浩司さんの言葉だけお借りしますと、個人的にDolby Surroundが拡散型。Neural:Xは凝縮型だと思います。

「IMAX Enhanced」も基本配置はDTS:Xのものですから、新たなスピーカー配置の展開はありません。
以前、DTS 5.1音源で試した「IMAX DTS」の感想で書いたように、やはりその中身は低域の増量といったテイストの付加のようです。


・Auro-3D

スピーカー構成は13.1chです。
190303-4.jpgアップミックス機能も(Auro Matic Upmixer)持ち合わせますが、サラウンドモードの選択画面の表示はAuro-3Dのままです。

AVC-X8500HではDolby Atmos再生中でも他のサラウンドモードが直接選択出来ます。

190303-5.jpgAuro-3Dも、ほとんどソフトが無く、アップミックスを常用とするわけですが、2chよりも5.1chとのマッチングが好ましく感じます。

パラメーターにはムービー、標準、大、小、スピーチの選択肢があって、例えばセリフに響きが乗る感じが違うわけですが、これはヤマハのシネマDSPに似ています。

映画ソフトではストレートな5.1chまた7.1chの定位感、ソリッドなサラウンドに、高さ成分を加えるので、Dolby Surroundで感じたSEの定位感の曖昧さやキレが損なわれない。作品にもよりますが、そういう好印象があります。

当初はフロアの7.1chプラス、ハイト4本で十分でした。デノンさんも試聴会ではトップを追加してもほとんど変わらなかったような話をされていました。
しかし色気が出まして、まずトップサラウンドを(頭上の1本。T101)追加しました。

ところが、これがなぜかハイト4本の時のようには聴けず、頭上への広がりが物足りない・・。
それならばと、ハイトセンタースピーカーを追加して13.1chとしたところ、グッとらしさが出ました。(・・これは僕の環境での話と受け取ってください。)

・・と言うことは、

Auro-3Dはハイト4本のみで良くないか?
トップスピーカーを付けるならハイトセンターもセットでないとだめか?

という疑念も出ますね。

前者については、X6500HやX6400Hのユーザーさんは安心されて良いと思います。
後者については、他のハイトスピーカーと同等のスピーカーを使うならば、また結果が違うかも知れません。


・・そもそも、こんなにスピーカーが必要なのか?ですね。

サラウンドのスピーカーは、実音源が在るほど効果が出るのは間違いありません。
しかし、部屋の大きさ、レイアウト等、消去法で考えるのが妥当だと思います。

Auro-3Dなどまで含めると、そのスピーカー配置は非現実的だと揶揄されますが、僕自身は物理的、経済的に出来ないこと以外、これは実践あるのみです。


 参考に以前の配置図を貼っておきます。
181228-2.jpg

180811-1.jpg


 これで今年のシーズン1は終わりといったところです。
次は、何かトピックがあった時か、何か思いついた時に投稿します。



こういうソフトを大音量で視聴する時には確かに「Audyssey MultEQ」をOFFにしても良いのかも知れません。鮮度が違うようです。
※注 ただし、EQがOFFになることで各スピーカーの音量が違ってしまいます。あらためての音量合わせは必要です。



【メール便送料無料】Queen / Bohemian Rhapsody (輸入盤ブルーレイ) [4K Ultra HD] (クイーン / ボヘミアン・ラプソディ)【映画】【BM2019/2/12発売】


 

2019年02月11日

Auro-3D用スピーカー追加工事。

 いつになく連投しますが、情報の新しいうちにと思いまして。また本人が細部を忘れますし。
さて、トップミドルスピーカーの工事で天井裏に入るならば、ついでにと考えたのが「Auor-3D用トップサラウンドスピーカー」の取付けです。
これもトップミドル同様、埋め込みにするのがスマートじゃあないかっていうのは、ごもっとも。しかし、下地を確認したところこれが部屋のセンターに入っているので不可能でした。(照明器具取付けの都合もあって当然でしょうね)

これは逆に、スピーカーの取付けに関しては好都合。
薄型軽量で2本のネジで天吊りが可能な旧トップミドルのT101を使うことにしました。

190204-4.jpg配線の方はこれも都合良く、今は使わなくなっていたCD管が1本あり、それが使えました。

新築時からこれまでいろいろとやって来た遺産が生きてくれました。

天井裏に引き上げたスピーカーケーブルは、下地の脇にそれが通るだけの穴を開けて通します。
190204-1.jpg 190204-2.jpg

190204-3.jpg例によってアングルを使ってT101を天吊りにします。(しかしT101は天吊り用ではありません。この取付け方法は自己責任です)

ケーブルの出口は、「電話線プレート」を細い木ネジで取付けて、それらしくします。

ただし、この赤丸の部品を加工しないとカバーが取り付きません。ニッパー等で、その出っ張っている部分を切り取ってしまいます。
190211-3.jpg 190211-4.jpg

190117-1.jpg照明器具に近接させたこの位置が、視聴位置の真上でした。
そのため、このトップサラウンドスピーカーに関しては「頭上よりも前」を選択する余地はありませんでした。


 さて、このトップサラウンドスピーカーを含めた12.1ch仕様でAuro-3D(アップミックス)を聴きました・・が、しかしこれはむしろ、ファントムの時の方が良くなかったか?

・・ここまでが1月3日時点での話です。

1月半ば、どうせならばと思い立ち、もう1本のT101を余しておくこともないし・・。
まさかの、「センターハイトスピーカー」を追加することにしました。

190211-8.jpgセンターハイト(ハイトセンター)スピーカーとは、フロントハイトスピーカーの真ん中バージョン。

これを追加すると13.1ch仕様。Auro-3Dでは最も多いスピーカー本数の配置です。

取付けは、これも部屋のセンターに縦に入った下地を利用。L字金具とアングルの組合せで、T101本来の引っ掛け式に対応。止めネジは2本です。
190204-5.jpg 190204-6.jpg

やや下向きの角度を付けました。視聴位置から見た仰角は28°になります。
190211-1.jpg 190211-2.jpg

配線の方。こちらは天井裏・・では無く、そのまま床を這わしてスクリーン左の黒いカーテン裏を立ち上げ、スクリーンBOXの上を這わすシンプルプラン。
190211-6.jpg 190211-7.jpg

スピーカーケーブルは他の天井スピーカーと同じSP-330Meisterを使いたかったのですが、残りの長さが足りずに今回は断念して在り合わせのモンスターケーブルの廉価版で妥協。

 センターハイトスピーカー追加の13.1ch仕様。これのAuro-3Dアップミックスはどうだったのか?
そもそも、「そんなにスピーカーいるの?」「Auro-3Dのソフトも無いのに?」っていう話ですよね。

190211-5.jpg

また次回、「サラウンドスピーカー配置更新。まとめ」編にて。




パナソニック フルカラー モダン電話線プレート 1連 ミルキーホワイト WN6081W



 

posted by shu at 15:36 | Comment(0) | Auro-3Dスピーカー配置 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

トップミドルスピーカー更新完了。

 その4にしてようやく、Profile AIM5 Threeの取付けです。
作業はプラスドライバー1本で済むのですが、これが意外と簡単作業ではありませんでした。

仕組みはこうなっています。
190203-5.jpgツメ状の部分が4箇所、これは最初は畳まれていますが、穴に納めてからドライバーを締める方向に回すと開きます。そのまま締め込むと天井板を挟む形で固定されるというわけです。

このツメとスピーカーのフランジとの開きが26mm。天井の石膏ボードの厚みは12.5mmなのでストロークは約13mmあり、ドライバーを結構回す必要があります。

これが地味にストレスの掛かる作業でした。
なぜかと言えば、プラスネジの頭は見えず、ドライバーが一度外れるとこれが、なかなかはまりません。
ツメは常に上がっている状態を保つために、スプリングを挟んであるのでしょう。そのため一定のテンションが掛かっているのでネジがゆるくなく、かなり回し難いのです。

その間、コーン部分に手を触れないようスピーカーを保持しながらの作業は、上向きでしかも脚立の上です。
そんな状態で4本全てを一気に締め込むことは出来ません。途中で「腕が上がってしまう」からです。

 実はようやく4本全て締め込んだつもりが、1本だけどうにも感触がぐにゃっとする感触がありました。
どうやら締め切れていないのか?これはおかしいと思い、もう一度ネジを戻してスピーカーを取り出してみると、スピーカーケーブルが最初の画像の「黄色の矢印の辺り」に挟まれていました。これを強引に締めると断線の恐れがあり、まあ何かと難儀な作業でした。

190203-1.jpg 190203-2.jpg
R側を天井裏から見た様子です。4箇所のツメが石膏ボードを挟んでいます。
ケーブル端子は上から押すワンタッチ式。

バッフルが石膏ボード1枚・・はたして音はどうか。

190120-9.jpgR側。位置的にはこんな感じ。
仮設置だったT101の前側にある理由は仰角70度に合わせたためと、最近変えた視聴位置に合わせたため。
視聴位置を2.8mから10センチ前に出て2.7mとしたからです。(しかし、この70度がやり過ぎだったという話はこの前した通り。次回以降でまた触れます)

190120-8.jpgR側に対してL側は屋根の傾斜があって、そこまで入って行けません。なので断熱材のカットは、穴から手を入れての作業に。
そのためグラスウールは乱れて、かくのごとくむき出しになってます。

190203-4.jpg白いサランネットはマグネットで付きますが、これが強力に密着してしまって取外しが困難なほどです。

190117-1.jpg工事完了。位置関係はこんな感じ。
視聴位置の真上はAuro-3D用のトップサラウンドSP。

このトップサラウンドSPとハイトセンターSP追加の件は次回で。
 

・・何回も変わり映えしない画像が並んで、そろそろ訪問者さんも飽きたようで、いよいよ閑散として来ました。
もうこうなれば個人の記録用で続けるのみです。モチベーションの在庫限りってやつです。




 最近こういうものを買いました。あっても良いと思います。↓

レーザー距離計 タジマ P15PSCマーク付 6か月保証!【 ホワイト・ブラック・レッド ・イエロー・パープル 】【 測定距離 0.5m〜15m 】【 精度 : ±3.0mm 】【 IP40 】株式会社TJMデザイン(TAJIMA)

 

 

posted by shu at 21:30 | Comment(2) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク