2020年03月21日

スピーカー配置図更新と近況。

 しばらくでした。今回はスピーカー配置図の更新(右コラム)と共に近況を書きます。
ただし、文末で椅子からずり落ちたり、スマホを手から落としたりしないようご注意ください。

まず配置図についてですが、換装したトップミドルスピーカーを書き直したのみで他の変更箇所はありません。
細かい説明は過去に書いてきましたので、ざっくりと以下の点だけ説明しておきます。

200321-0.jpg

・天井6chと4chの差

さて、天井、すなわちオーバーヘッド6ch構成というのはまず、多くの人から見ても一般的で無い。
そもそもこんなことは物理的に出来ないし、そうまでする価値と効果があるのかどうか?

Dolby Atmosを実践するにあたり、僕の感想ですと天井2本だとやはり簡易的再生になるんです。頭上感だけはありますけれども、本格的に取り組むなら、やはり4本が良いです。前後の移動感が出ますのでね。

では6本になるとどうなるか?
・・こうなります→オーバーヘッドスピーカー2本<<<4本<6本。
そうですね、6本と4本の違いは2本から4本に変えたときの段違いな感じほどは無いです。

ただ経験上言えるのは、実音源は多い方が良い。これはあります。
だからこれは比べるとわかります。この前の記事で書いた通りです。だけど比べなきゃわからない。こうも言えます。

AVC-X8500Hは買えない。6500ならどうだろう。そういう人は大丈夫です。前後ハイトスピーカーの7.1.4配置でイケます。
ヤマハを選ぶ人の場合も、売りの前後のハイト構成を捨ててトップ構成をあえて選ぶこともどうかなと思います。

20-0120-1.jpg


・Auro-3Dのトップとセンターハイトの効能

これはX8500Hの特権ですが、それでも、これらまではいらんだろう。と思われるでしょう。
これも実音源があるだけは効きます。トップサラウンド(ボイスオブゴッド)頭上を横切る定位感に寄与します。(アップミックスでも)
センターハイトはセリフのリフトアップに寄与している感じがします。

でも、この前の記事でこだわっていた、クロスオーバー値が高くないか?
この2本のスピーカーは薄型で低音が出ないタイプなのにこれでも良いのか?

実はこの2本、ガンガン鳴っているようでも無いんです。耳を近づけないとほとんどわからないくらい。
だからクロスオーバー値はそう影響しないのかも。実際にAuro-3Dアップミックスの13.2chの時と7.2.6のDolby surroundを比べても出て来る低音の量感は同じです。(むしろなぜかAuro-3Dアップミックスの方が出るくらい)


・スピーカーの大小設定について 

これはAVアンプのセットアップにおける、あるあるです。
良く見かけるのが、オートセットアップの結果が実際に則さず、「小」判定されるけど「大」に設定を変えましょう。というもの。

うちでは「大」と判定されるのはフロント(メイン)スピーカーの2本だけです。ですがなぜか「小」とされる場合もあります。

フロアの5chのうち、センターのQ600cも大きいし、サラウンドのiQ7も大きい。ならみんな「大」で良いのでは?
そうとも限りません。僕は聴感で決めています。
フロントのQ700は「大」でOK。(しかし「小」判定でもクロスオーバー値は40Hzなので聴感はそう変わらず)
サラウンドのiQ7は「小」のまま。「大」だと微妙にキレが無くなるという判断。

そしてセンターのQ600c。Q700と同じユニットがついているけど、しかしこれも「大」にはしません。セリフの量感が明らか減るからです。
人の声はかなり低いんです。これはサブウーファーに手伝ってもらった方が良い結果になっているからです。


配置、位置については前から散々書いてきました。位置は推奨の範囲を守ること。これは重要です。特にスピーカーの数が増えた分、飽和するからアバウトでOKということもありません。むしろ逆です。


 ここからは近況です。

・もはやメインは動画配信・・Netflix、アマゾンプライム・ビデオその後

正直パッケージを買うことが減ってます。これはというもの以外ですね。UHD BDは高いですし。
そこでアトモス作品の多いNetflix。アトモス効果のわかりやすい作品もあります。どんな感じだろうと思われるならば「アースクエイク・バード」をおすすめします。

でもNetflixは今月はお休みしてます。WOWOWで撮り溜めたものが見きれなくなります。1ヶ月契約出来るのは配信の妙です。

話が違いますが、4Kの大河ドラマは良いですよ。5.1chですし。大河が5.1で観られるようになるとはねえ。目がチカチカ?一般家庭のTVは輝度とシャープネスを上げすぎだからですよ。画質モードを変えましょう。

アマゾンプライム・ビデオ?あー期待はずれでした。「ジャック・ライアン」のシーズン1のみが唯一アトモス収録作品。しかし最近、そのつかみの第1話がなぜかアトモスでは無くなっている。なんでですかね。

じゃあアマプラ・ビデオは使い道無しか?

いや、ありました。

ガチガチの7.2.6システムを組んで最近は何を観ているのか・・

「ゆるキャン△」ですよ。アニメも実写も。
ああいう、ゆるゆるなのも良いです。

まあ、ほぼ地元なんで。梨っ子ってやつです。

るるぶ ゆるキャン△ (JTBのムック)





次これ、気が向いたら記事にします。

200321-1.jpg・サブウーファーのリモコン化

リモコンと言っても電源のON、OFFのことです。

オーム電機 OHM ELECTRIC リモコンコンセント OCR05W ホワイト





Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

posted by shu at 12:30 | Comment(0) | スピーカー配置図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

トップミドルスピーカー換装。まとめ

 トップミドルスピーカーを、他のオーバーヘッドスピーカーと同じKEFにして、サイズもアップしてどうなったかをまとめます。

200126-1.jpg 200126-2.jpg

結論から言えば、オーバーヘッドスピーカー6本の中にメーカーの異なるスピーカーを混在させたのは間違いだったと、なります。
あらためて音を聴くと違いがありました。その具体的な音源は以下のものです。

Dolby Atmosデモディスクに収録の映画「Unbroken」のワンシーンです。
爆撃機B24の後方へ向けたカメラがパンニングして胴体窓で機銃を構える銃手を正面に捉えるのに合わせて、プロペラエンジンの音も視聴位置の後方※から頭上へと移って行くいうシーンがあります。以前はここで音の繋がり、音質にわずかな違和感がありました。
※実機の機首側からということです。胴体窓の銃手の位置は主翼の後ろで、エンジンは主翼に付いています。

この時、オーバーヘッドスピーカーからの音の出方は(フロアのスピーカーもここでは一緒に鳴っています)最初、リアハイトスピーカーが強く鳴っていて、その音がトップミドルスピーカーとフロントハイトスピーカー側に音が移って行くというものです。
このシーンでの音の繋がりが自然になり、音質の違和感も無くなりました。

検証にはAVアンプAVC-X8500Hの設定で「アンプの割り当て」から「ハイトスピーカー4ch」を選択すると、トップミドルスピーカー無しで再生できます。これとトップミドルスピーカー有りの時を比較しました。
つまり、ハイトスピーカーが4本の時の頭上で聴こえる音はつまり、ファントムの頭上音源です。それがトップミドルスピーカー有りの時と同じ様に聴こえるかどうか?です。
AIM5 Threeの時に比べて、これがすんなり馴染んだというが今回の結果です。

それとクロスオーバー周波数の数値が110Hzから90Hzに下がったも、モノを言います。結果、低音が割増して、迫力が一段上がりました。

サラウンドのスピーカー構成に小さなスピーカーを入れること、クロスオーバー値を上げるので低音を食って軽い音調になると、前から書いてきました。この小さなスピーカーの混在を問題にならないとする人もいますが、出てくる音の違いがある以上、僕にはわかりません。

あと、先の記事で挙げたこのクロスオーバー周波数の設定画像ですが、違和感を覚える人が居られたかも知れません。そもそも他のスピーカーの設定値に違いが有るではないかと。
(左がProfile AIM5 Three 右がKEFのCi160.2CR)
191231-3.jpg 191231-2.jpg

今回視聴位置と言うか耳の高さを見直して、測定マイクの位置をやや下げて(50mm)います。それと、確かにその都度の測定誤差というのは有るのですが、これは実はCi160.2CRに換装後のデータは、オートセットアップをアプリ版の「Audyssey MultEQ Editor」を使用した結果によるものです。
対するProfile AIM5 Threeの時はAVC-X8500H内蔵の「Audyssey MultEQ」を使用していました。

経験上、双方微妙に結果が異なりまして、傾向としてはアプリ版の方が設定値がシビアに出るような感じもします。
アプリ自体は有料で、AVアンプとのやり取りする分の時間が掛かってしまい、使い勝手が良くないのが残念ですが。

 ところで冒頭に「メーカーの異なるスピーカーを混在させたのは間違いだった」と書きましたが、様々な事情でスピーカーのメーカー、モデルの混在というのは、なかなか避けられないことでもあります。特にフロアのスピーカーとオーバーヘッドスピーカーを揃えるのは難しいでしょう。

それでも実用上はそれほど気にならないということもありますが、揃えた効果の有り無しで言えばそれは有ると言えます。
今回の場合だとテストトーンの音色から全く違っていたのですから、言わずもがなではありました。

しかし、同じメーカーであっても、モデル、取付け方法、位置の違いによって出て来る音は全く同じ訳でもない。というのも否定できず・・・最後は精神衛生上安心だから。という言い分を付け足しておきます。


 さて、これでうちの7.2.6ch構成もこれで、しばらくは落ち着くと思います。どれか壊れるまでは。
200126-3.jpg

しかし、クロスオーバー設定値の話をしたらAuro-3D用のトップとセンターハイトは高いがどうなんだ?ですかね。
それについてとか、天井6chと4chの違いとか、スピーカーの大小設定の話とか・・また次の機会にします。


残念ながらアトモス仕様では無いようですが。↓

アンブロークン 不屈の男【Blu-ray】 [ ジャック・オコンネル ]





 

posted by shu at 15:53 | Comment(0) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

トップミドルスピーカー換装。その2

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年手を入れた事と言えば、何のことはない1年前の焼き直し。トップミドルスピーカーを13センチから16センチに交換しまして、メーカーも他に合わせてKEFにしました。(画像の左が口径約13センチのProfile AIM5 Three。右が16センチのCi160.2CR)
191230-1.jpg 200102-5.jpg
まあ最初からそうやっておけよって話ですが、言い訳の方は前回書きました。

そもそも天井埋め込みスピーカーなんて相当のレアケース、極めてピンポイントな話の様なので、せいぜい向こう2、3ヶ月で2、3人の方の参考になれば良いかなーと思います。
それ以外の方には退屈な記事でしょうからスルーされてもやむ無し。

事実、Profile AIM5 Threeをヤフオクに出しましたが、入札には2週掛かって1件のみ。最初の価格のまんま落札されるっていう、出品者としてはまあ、アレな状況でしたのでね。

能書きはこれくらいにして、レアな情報が欲しい人のために前回の続きを書きます。

KEFの天井埋め込みスピーカー、Ci160.2CRってどんなモノで、取付けはどうするのか?
191230-8.jpg 200102-1.jpg
取付け方法と言うか、仕組みとしては他社も似たようなものでしょう。
AIM5 Threeは4箇所でしたが、Ci160.2CRは3箇所のL型のステーがねじを締めて行くことによって展開し、そのまま石膏ボードを挟んで固定するという仕組みになっています。
これ結構ネジを回します。地味にキツイ作業です。
プロの方々なら取付けには充電ドライバードリルを使うのでしょう。僕はネジの頭をナメたくなかったので、手締めしましたけど。

200102-4.jpgスピーカーには透明のカバーが付いています。経験者ならわかると思いますが、これは助かります。

なぜかと言いますと、取付けの時に下からスピーカーを片手で押し上げる格好で持つのですが、このカバーがあると、スピーカーに直接触れてコーンをどうにかしてしまう(傷とかへこみとかですよ)危険が無くなる訳です。

ただし、このカバーを付けたままではこの3箇所のネジが回せません。
200102-3.jpg 200102-2.jpg
なのでこのネジの場所にあたる凹みに穴を開けます。これでカバーを付けたままネジが回せます。
何度も言いますが、このカバーが無いと取付け作業でスピーカーコーンに触ってしまうでしょうね。

さて、13センチのProfile AIM5 Threeから、KEFの16センチCi160.2CRに換装したことで具体的にどうなったのか?

まず両者をプリメインアンプPMA-2000REに繋いで単独の2chで聴いた感想ですと・・
Profile AIM5 Three・・低音はほとんど出ていないので、サブウーファー無しでは物足りない。音の拡散、包まれる感じも薄い。
Ci160.2CR・・普通に低音が出てくる。単独で充分聴ける。拡散、包まれ感良好。
という違いがありました。実は天井埋め込みでは低音は期待できないのではないかという懸念もあったので。これには安堵しました。

音のつながりについて・・具体的な音源の比較、今回はここまで。次回で書きます。





 

posted by shu at 21:59 | Comment(3) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

トップミドルスピーカー換装。その1

 2ヶ月ぶりのご無沙汰でした。Twitterでは先行して紹介(白状)しましたが、トップミドルスピーカーをこの12月の初めに入れ替えました。

前回の記事でトップミドルスピーカーのProfile AIM5 Threeについて触れていて、いずれ交換をしたいという意向を持っていました。

その理由をあらためて書きます。

・他のスピーカーが全てKEFである中で音色の違いが少なからずあること。
 音の繋がりの部分で気になることがあります。

・口径が13センチ弱のクラスであり量感が足りない。
 要は低音が出ない。(これは個人的には予想以上に)結果サブウーファーのクロスオーバー周波数が高く設定されてしまうのです。

そこで交換候補を考えるとKEF以外の選択肢は無く、あとはグレードと口径の選択だけでした。
口径の選択イコール、低音が出るか出ないかですが、口径は単純にアップさせるべきであろうとして選んだのは「Ci160.2CR」というモデル。16センチのウーファーに1.6センチのツイーターを備えています。
 191230-7.jpg 191228-1.jpg
一応、上位グレードのCi130.2QRも考えましたが、価格面と口径を優先しました。

AIM5 Threeとの外見上の違いはこんな感じ。
ウーファーとツイーターが可動式構造を持つProfile AIM5 Threeに比べて、シンプルなCi160.2CRの方は薄型です。
 191230-9.jpg 191231-1.jpg

191230-6.jpgそもそも、なぜ最初にProfile AIM5 Threeを選んだのか?それも16センチでは無く13センチを?
決め手はツイーターが可動することでした。

なんせ天井に穴を開けたら最後、音像定位の調整はもう出来ません。その点ツイーターが可動なら、なんとかゴマカシが効くと考えた訳です。

口径については失敗した時の金銭的損出が大きいですから、小さい方を選んでいました。
関連記事 トップミドルスピーカー更新。その1

確かに可動式ツイーター、これは効果がありました。ただし視聴位置のやや前に取付けたうちの環境で、ツイーターを視聴位置に向けて聴きますとProfile AIM5 Threeの位置、これが前にあるよ。ここで鳴っているよ。というのを逆に明確にしてしまいました。
つまり狙って音を頭上に定位させるつもりが(※)逆効果となりましたので、ツイーターは普通に下に向けた状態としていました。

考えると、スピーカークラフトのProfile AIMシリーズは、機能的にお買い得な設定ではありますね。

 話をCi160.2CRに戻します。
これに交換するために、これまでの穴をこういう形で広げました。1年に満たない11ヶ月目での作業です。(普通やる?)
付属の円形テンプレートでケガキをし、視聴位置側にわずかに近づく切り方をしました。
 191230-4.jpg 191230-5.jpg

これは地味に大変です。石膏ボードの粉が落ちますので、養生が必要です。
引き回し鋸は先の細い方で切って行くのがミソ。しかし鋸を持つ腕は途中でアガってしまいます。
穴を広げたところで、かなりの達成感。この作業の9割方終わりです。


今回はここまで、と言うか今年はここまで。


 で、結果の方は?
クロスオーバー値の設定画面を貼っておきます。左がProfile AIM5 Three。右がCi160.2CRです。
 191231-3.jpg 191231-2.jpg
測定誤差?いえ、数字以上に出る音が違いました。無論今回の換装、成功でした。



 今年は更新回数を減らしてしまいました当ブログ。・・空振り訪問も数知れずとお察しいたします。
にもかかわらず、諦めずにご訪問ありがとうございました。

皆さん、来年もより良きオーディオ・ビジュアルライフを。



(※)経験上、トップミドルスピーカーを天吊りした場合、その位置が視聴位置の前にないと、音が頭上ではなく後方に廻ってしまいました。
これが天井埋め込みスピーカーの場合はやや事情が異なるようで、天吊りスピーカーの場合ほど前に設置する必要もなさそうです。



本家龍馬 挽廻鋸 210MM|作業工具 大工道具 のこぎり 引き回し鋸


ハンディ・クラウン 布コロナ マスカー HCM-005 2600mm×25m 【 塗装 養生 ガーデン 園芸 便利 簡単 手軽 マスキング】








 

posted by shu at 13:22 | Comment(0) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

7.2.6配置のその後。

 スピーカー配置の記事がしばらく未投稿でした。と言うか投稿自体を放棄していましたので、最新の状況を交えて説明をします。

・配置の概要

 7.2.6のスピーカー配置ですが、全てのスピーカーを推奨の設置範囲に入れています。
オーバーヘッドスピーカーの位置については、行き当たりばったりのアバウトな設置位置であっても、それなりの効果が得られるというのが評論家を含めての意見のようです。自分の場合はこうあるべきでは?という聴こえ方、主観によって位置決めをしてきたつもりです。

重要なのは基本の5.1ないし7.1の配置です。ここの推奨配置を極力守ることでDolby Atmosを始めとする、イマーシブサラウンドの聴こえ方が違ってきます。

サブウーファーは2本使いで、前後配置です。うちはその機種や大きささえ違うわけですが、特に不満はありません。
前にはメインとする30センチウーファーの大きな方を、後ろには25センチウーファーを置いてあります。2本使いをすると1本には戻れません。


・リアハイトスピーカーの位置変更

191022-4.jpg リアハイトスピーカーの高さのみ、100mm上に付け直して139°としました。変更はこの一点だけです。 
リアハイトスピーカーの取り付け位置の目安は135°から150°です。
以前は141°でしたから、その差は2°・・シビアなようですが、例の「ヘリコプターデモ」の軌跡が、後方でやや下がり気味だと感じて調整しました。


191022-1.jpg


・トップミドルスピーカーのAIM5 Threeについて

 これは事実上、Dolby Atmosの再生専用となっています。
理由はAuro-3Dのアップミックスがかなり有用で、これまで常用としていたDolby Surroundに置き換わっているからです。

Auro-3Dのオーバーヘッドスピーカーの配置は、前後のハイトスピーカーと頭上のトップサラウンドスピーカー、それにセンターハイトスピーカーの6本なので、トップミドルのAIM5 Threeの使用頻度は下がったというのが実情です。

正直なところやはり気になるのは、やや量感不足に感じることと音色の違いです。他が全てKEFですからこれも一緒にすべきか。またその口径はどうするか。今後の(もっと先の・・できるのかな)課題です。

ちなみにAVアンプAVC-X8500Hのアンプ振り分けの設定で、オーバーヘッドスピーカーの内、AIM5 Threeだけを鳴らす7.2.2を試してみましたが、音色の違い以外に明らかな役不足ということは感じませんでした。上に書いたことはあくまで7.2.6配置で他と混ざった時に気になるということです。


・Auro-3Dのセンターハイトスピーカーの必要性

191022-2.jpg 頭上のトップサラウンドは解るとしても、センターハイトまで要るのか?という疑問ですね。

これがあると、トップサラウンドのみの場合よりもさらに天井が上がる印象があるのと、セリフのリフトアップ効果を感じます。Dolby SurroundやDTS Neural:Xと比較するとその違いが分かります。


 ここからはスピーカー配置とは関係ありませんが近況を。

・画策

191022-3.jpgスピーカーケーブルについてはサラウンドスピーカー以外、ランクは違いますが全てゾノトーンを使用しています。

フロントスピーカーQ700のバイワイヤを止めて、そのケーブルをサラウンドスピーカーのそれと入れ替えることを画策しました。
理由はスピーカーケーブルをゾノトーンで統一し、全体の底上げを図るためです。

試しにシングルワイヤにして比較しましたが、やはり何か物足りない。バイワイヤの方がサウンドステージの微妙な広がり、定位と空気感が違いました。なのでこの画策はもったいないのでボツ。サラウンドスピーカーには別にケーブルを用意するべきかと。


・オーディシーのDynamic EQはONかOFFか?

 デノンとマランツが採用しているリスニング環境の補正技術ですが、ここでは時々話題に乗せています。
Dynamic EQとは何かというと、音量を下げた時の音質の低下を防ぐ技術とあります。実際音痩せを補い迫力が出ます。

試聴会や雑誌のレビュー等ではこれらの付帯機能はOFFにしていることもあって、Dynamic EQはONかOFFか?という話題はほぼ上がりません。

デノンの開発担当者も、ある程度整った環境ではMulti EQ自体をOFFでも良い。という発言をしています。
つまり、オートセットアップで得られたルームイコライザーの補正値を使用せず、活かすのは音量と距離の補正値のみでスピーカーの素の音で鳴らすということです。

そこで個人的実情なのですが、これらをOFFにするための条件としてある程度の音量が必要と考えます。それで音漏れしても問題がない環境が加わります。相当の大音量だと思います。毎日毎回そういう音量が現実的に可能なのかと思います。僕はNOです。そもそも小音量派だと言えますので。

191022-5.jpgなのでDynamic EQはONの場合も多いのですが、その味付けにあざとさを感じなくもありません。音質に不満はありませんが、リア全体の音量が大きくなりすぎるのです。

そこで「リファレンスオフセット」の数値を映画向けの0dbではなく、10dbとかにしてあざとさを抑えることを試しています。

ちなみにDynamic Volumeの方はほぼOFF。ただし、さらに音が痩せていて物足りない2ch収録のドラマやアニメの視聴時には使います。


今回は以上です。



最近見た映画です。↓


クワイエット・プレイス【Blu-ray】 [ エミリー・ブラント ]


エイリアンものならこちらもアトモス効果はおすすめ。↓


10 クローバーフィールド・レーン【Blu-ray】 [ ジョン・グッドマン ]




 

posted by shu at 18:42 | Comment(0) | スピーカー配置図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク