2020年11月22日

DP-UB9000のレビュー。 その1

 今回はは外見と基本の操作感のレビューです。

・付属品
201115-1.jpg電源ケーブル・・
外形10mmの極太。OFCと印字あり。AVアンプ以外で付属の電源ケーブルにここまで太いものは見たことがないです。

 リモコン・・
表面は光沢がありレコーダーのそれとは一線を画する高級感。しかし操作性に関してやや気になる点があり、後述します。
 取説・・
要約版で薄いです。もっと詳しくはダウンロード版を参照というスタイル。もはや生活の色々含めてネット環境は必須。

・外観
201115-00.jpg全面パネルはほぼ真っ黒。ボタン類の凹凸も少なく、薄暗いシアター環境での準ブラインドタッチ?も真っ黒なためちょっと難しいです。

表示窓は小さく情報も必要最低限という感じ。

重さ12.5kgは思いの外ずっしり来ます。

・背面
201115-3.jpg HDMI出力端子・・
2系統。映像と音を分離して出力できます。

バランス出力端子まで装備。(個人的には未知の領域)

・操作感
201115-4.jpg トレー・・
開閉はゆっくりで重厚感あります。

ディスクの収まりは遊びが少なめです。取り出しに関しては、上からだと指に掛かり難く、裏から押し上げた方が取り出し易いです。

 読込み・・
これまで所有のAzur751BDに比べれば十分早くなっていて、ストレスを感じるほどでもないです。
レコーダーのSCZ2060と違ってカタカタと音が聞こえることはありません。

 リモコン・・
201115-2.jpg自照式ですが、「ライト」ボタンを押すタイプで照度はかなり明るめ。
点灯時間は少なめで、ボタンの位置と機能に慣れるまでは「あ、もう消えた」という感覚。しかし連続操作のときは点灯時間は長めになるようです。

ボタンを押す感触は相当に硬め。誤動作防止なのか、個人的にはやや違和感があります。

特によく使う十字キーは決定キーに近い上に面積が小さいのでちょっと押し難いです。例えばNetflixでコンテンツを横に送って選ぶ際とか、押したままの操作感は良くないです。

見た目はスマートですが、手に取ってすぐに違和感なく操作できるというリモコンではないです。もっとボタンの形やタッチの感触がナチュラルにならないかと思います。AmazonのFire TV Stickのリモコンみたいにとは言いませんが・・。
リモコンのデザインについて、過去のレコーダーも含めてパナソニックにはちょっと癖があるんですね。どうもセンスなあと感じます。


 さて、肝心の画質と音質についてですが、前に使っていたケンブリッジ・オーディオのAzur751BDとの比較ではいずれも上回っていますす。(4K再生機かつ高級機なので順当ではあります)

視聴レビューは次回。



これが観たくてUB9000の購入に踏み切ったというのもあります。

フォードvsフェラーリ [4K UHD+Blu-ray ※4K UHDのみ日本語有り](輸入版) -Ford v Ferrari 4K UHD-







タグ:DP-UB9000

 

posted by shu at 21:35 | Comment(1) | DP-UB9000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

UHD BDプレーヤーの選択肢。

 ご無沙汰しておりました。今回からは、よもやよもやのUHDブルーレイプレーヤーDP-UB9000の導入記です。

これまで使用してきたBDプレーヤーはケンブリッジ・オーディオのAzur751BDで、購入は2011年の11月ですからちょうど9年前の製品です。

201116-1.jpg最近は読込みエラーを起こしたり、リモコンのボタンが効かなくなったりと不具合が出てきました。(リモコンは分解できればボタンの内側を拭くだけで治ったりするのですが当機のリモコンはどうやっても分解ができなかったのです)

そんなこともあり、そろそろ買い替えをと思いつつも、とても高価なままのUHD BDソフトの現状をみると逡巡してきました。

しかしとうとうこの夏頃、物欲に勝てず、UHD BDプレーヤーの市場を見渡してみたところ、無い!現物が。あれ?

以前からターゲットのパイオニアのUDP-LX500が見当たらない。LX800も無い。パナソニックのDP-UB9000はあるようだが。
コロナ禍の影響だろうか。しばらく様子見していましたら結局、パイオニアのUDP-LX500はどうやら終了してしまい(在庫限り?)普及機以外での選択肢が2択。UDP-LX800とパナソニックのDP-UB9000のみ。

OPPOが遠の昔にに見限ってしまい、ケンブリッジ・オーディオもビデオディスクプレーヤーを辞めてしまった背景を考えると、今後UHD BD自体の普及も怪しい。ハイエンドのUDP-LX800に至っては最後のビデオディスクプレーヤーと目されている節もある。

その実力は認めてもディスク専用機のLX800に30数万かけるのはどうだろうか。(一応検討しまたがそもそもパッケージソフトの購入の資金力もないのに・・)

そうなるとネット動画の再生機能を持つDP-UB9000しか残らなかったのです。
ネット動画、特にNetflixの視聴契約は出たり入ったりしています。
Netflixのコンテンツは高品位な上、Dolby Atmos作品も多い。これの視聴にはレコーダーだと録画中などは制約があり、他に専用機が欲しいというのもありました。(アマゾンのFire TV Stick 4KはNetflixのDolby Atmos再生不可)

そこで、最近やや高くなっていたUB9000の価格推移を眺めながら最安になったタイミングで購入に踏み切りました。

しかし、無理せず普及機ではだめだったのか?実は以前DVDプレーヤーの時代に一時しのぎで普及機を使ったことがありますが、一度上の方を使ってしまうと、普及機ならレコーダーで我慢したほうが良いだろうということになってしまいます。

そう、どうしてもそれがなければだめなのか?なくてもいいけど欲しいものは欲しい。そういうのが趣味というものなんですね。
 

201115-8.jpg〇〇着弾!などと皆さん表現されますが、僕には「被弾」だと思います。分割払いという借金がこの先何年ものしかかります。
大損害です。



レビューは次回に続きます。









ソニー ブルーレイプレーヤー/DVDプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 4Kアップコンバート UBP-X800M2


タグ:DP-UB9000

 

posted by shu at 22:25 | Comment(2) | DP-UB9000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

DLA-X770Rのキャリブレーション。

 ご無沙汰しました。もうすっかり季刊ブログという認識でよろしいかと思います。汗

この間に遅まきながら、DLA-X770Rのキャリブレーションを行いました。結論から言えば効果は歴然というものでした。

DLA-Xシリーズから現行Vシリーズは「オートキャリブレーション機能」を謳っていて、カタログにはランプが1000時間を超えて色あせた画面とキャリブレーション後の比較イメージを載せています。

200725-7.jpgうちのX770Rもランプが1600時間を超えまして、その必要性、効果の程が気になっていました。

(保護ラバー付きの工事現場チックな見た目は頭をぶつけるほど低いからです。)

そこで、どうしても必要なのが光学センサー。これは指定があり、Datacolor社の「Spyder5 Elite」または「Spyder5 Pro」そしてx-rite社製の i1 Pro2となっています。

価格的にも現実的にも一番手頃なのは「Spyder5 Pro」なんですが、これがどうやらカタログ落ちになってしまっています。

カタログ落ちってことは後継機は使えないのか?
・・ネットでは情報を探し出せず、JVCに問い合わせました。「旧機種しか使えません。ご理解ください」とのこと。・・え?

これ結構由々しき事態ではないですか。X590RやX990Rのオーナーさんも同じですよ。
現行Vシリーズだって購入時期の早い人は、センサーは旧機種のSpyder5 Proが指定の可能性がありますからね。

じゃあどうする。ヤフオクその他で・・しかないか。


・・と、ここまでが裏ブログに5月の時点で書いていたことです。

200725-4.jpgその後、ヤフオクにてほぼ2万円の出品を見つけ・・中古でも高いと思いつつも落札。

現物は新品同様、問題なしのお品でした。


 では以下にキャリブレーションの概要を書きます。

・専用ソフトの印象

細部の操作、設定について、細かい部分がマニュアルから読み取れず、一般ユーザーが全てを理解するには専門知識が必要、あるいは本来、販売者、インストーラー向けのレクチャーが前提であるものか。そういった印象のソフトです。

ネット上の情報の少なさを見てわかるように、実践者は極、限られているものと想像します。
まあ、元々70万、90万の商品ですから、球数自体が知れていますしね。

ただ僕のように画像関連の専門知識が乏しくとも、キャリブレーション自体は可能です。
ただ出てきた絵柄を「変わった!」と素直に喜ぶとします。

・準備

200725-2.jpg光学センサー「Spyder5 Pro」の設置位置は、視聴位置のすぐ前で高さは1.1mくらい。DLA-X770Rは後方の棚置きで上の方から投射しているため、手持ちの三脚に取付けただけではSpyder5 Proが投射範囲の中央付近に届かず、そのためスピーカースタンドの上に載せて高さを稼ぎました。
(三脚に付けたセンサーが見えていますが、これはスクリーンに写った影です)

Spyder5 Proからの接続コード(USB)の長さは1.5mくらいなので、真下にノートパソコンを置かないと届かないのです。
DLA-X770RにLANケーブルをつなぎ、IPアドレスを取得。本体のメニュー画面に表示されたIPアドレスをキャリブレーションソフトに記入設定。

キャリブレーションを必要とするモードのまま30分経過後に測定を開始。

200725-5.jpgただしここが曲者で、例えば画質モードが「シネマ」の場合、カラープロファイル、ガンマ、色温度それぞれの項目に選択肢が複数あって、その組み合わせが多岐に渡ってしまいます。
全ての組み合わせをキャリブレーションしたら大変なことになりそうなのですが、共通する項目は転用されて設定されるのか・・そこがもう一つ分かりません。

なので使用頻度の高い設定を選んでキャリブレーションしました。ひとつの画質モードにつき所要時間は10分程度だったと思います。

200725-1.jpgWi-Fi接続のロースペックノートパソコンなのでキャリブレーション中にキャプチャを撮る余裕も無く、仮に撮ったとしても解説が出来ませんので、内容は先達の方々のレポートを参考にしてください。


・環境対応測定結果について

200725-3.jpg一応スクリーン周囲の迷光対策をしたうちの環境で、フレアレベルが0.26%となっています。
これがどうなのかは比較対象がないので分かりませんが、設定後でも見た目では、ほぼ変わらずといったところです。
実はこの測定後、何かの拍子に設定を2回反映したことになってしまい、推奨設定値が倍になってしまいました。

上書きではなく、加算されてしまうのです。
この推奨設定値はこのソフトの画面上では動かせません。数値を変えることもリセットも出来ません。どうしたものかと問い合わせました。

200725-6.jpgこの測定結果が反映されているのは、プロジェクター本体のメニュー画面「ガンマメニュー」の「色選択」「ピクチャートーン」「暗部補正」「明部補正」に当たる数値です。
この数値を変更、またはリセットすることでソフト側も連動します。

・まとめ

 このJVC独自のオートキャリブレーション。確かに効果はありますが、実際には使われているのでしょうか?

1600時間を経過した画質からの結果でしょう。キャリブレーション後は一見して色が濃い。鮮やか。新鮮。という感想となりました。
4Kの大河ドラマ「麒麟が来る」の特にロケシーンの映像には見入ってしまいます。


キャリブレーション以前に、確か交換ランプは5万円台。そうするとプロジェクター自体を買い替えるっていう豪気な人も・・
Twitterで聞いてみたけど反応はお一人だけでした。需要は思ったより低いのか。

Spyder5 Proの国内在庫は無く、輸入版なら手に入りそうだけど価格が安くて3万円から。うーん、これ、かつて2万円切っていたのになあ。
でも高価なプロジェクターを長く使いたいなら・・どうでしょうか。







こちらの光学センサーはDLA-Xシリーズには使えません。ご注意を。↓
《新品アクセサリー》Datacolor (データカラー) Spyder X Pro【KK9N0D18P】


 

posted by shu at 10:49 | Comment(4) | DLA-X770Rキャリブレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

アレクサ、シアターオン!

 賢明な皆さんならばもうお試しでしょうか?

200506-13.jpgホームシアターを声で操作してみようっていう話です。
と言ってもこれは正直、基本操作までです。
深いところの操作まで『アレクサ、』でやってみると、返って煩わしくなってしまいます。

立ち上げと終了。これらなら完璧です。

 まずは、今更ながらのホームシアターのリモコン事情から。
リモコンの数は常時必要なのだと5個くらい。
デフォルトの基本操作はまず、電動スクリーンを降ろして、プロジェクター、レコーダー、サブウーファー、AVアンプをONして入力ソースの選択。これが立ち上げの手順です。

この立ち上げに関して最近、AVアンプのリモコンのマクロ機能が使いやすくなりまして、それで一括操作していました。

AVC-X8500Hのリモコンにはマクロ機能用ボタンは4個あります。
Aボタンがレコーダー使用時の立ち上げ、BボタンがBDプレーヤー使用時の立ち上げ、Dボタンは全部OFFという具合にしていました。

このマクロ機能、最初にこれを試した時は感動ものです。ワンボタンで全部ONする様を体験するとですね。
これでも十分に目的は果たすわけですが、赤外線ですからそれなりの制約というものがあります。

言わずもがなですが、リモコンを向ける方向があります。うちでは仰角30度、1時15分くらいを狙ってボタンを押します。(細けー 笑)
しかもすべての信号を出し切るまで、ほんの数秒でもその方向に保持しないといけません。
言われてみれば、でしょう?って話ではありますが。

200506-11.jpg そこで、このシアターの立ち上げ、終了など一連の操作を「スマートリモコン」に置き換えて、更に「スマートスピーカー」のアマゾン・Echo(以下アレクサと書きます)に連携させました。

購入したスマートリモコンは「eRemote RJ-3」という製品です。

少々古い製品のようですが、レビュー実績があってシーン機能(マクロ機能と同じ連続操作)があること。それと外見がシアタールームに馴染むだろうというのが決め手でした。

 まずは、操作したいリモコンのボタンを1個づつ、デバイスの「照明」項目を利用して登録して行きます。
 200506-8.jpg  200506-3.jpg

方法は「照明」の「オン」に、例えばスクリーンの「ダウン」ボタンを登録するといった具合にです。
他の項目の「オフ」と「明」「暗」はスキップします。

そして名前は「照明」では無く、「スクリーンダウン」というデバイス名にします。
これを必要なだけ作成して行きます。

作成したデバイスは結構な数になります。画像は一部見切れています。
赤枠の範囲が各デバイスです。

青枠の範囲は「カスタム」で作成したものです。これはスマホをリモコン代わりに操作するための項目で、複数のボタンを登録したものです。

シアターの立ち上げといった連続動作をさせるためには、スマートリモコン側のアプリで「シーン」を作成します。
 200506-2.jpg  200506-4.jpg 

作成したデバイスとシーンをアレクサアプリに認識させます。『アレクサ、デバイスを探して』で可能です。
 200506-7.jpg  200506-6.jpg

次に個々の操作をアレクサに話しかけて操作するための「定型アクション」を作成します。

200506-9.jpg例えば、レコーダーSCZ2060の「再生」操作をさせる場合です。

定型アクションの設定画面です。
実行条件は、アレクサに話しかけるワードです。

アクションを追加で、デバイスを選択します。「SCZ2060 再生」を選択します。


200506-10.jpg一方、シアター立ち上げの場合は、このアクションを追加で「シーン」を選択するのです。

これで『アレクサ、シアターオン』と話しかけてシアター機器の一斉立ち上げが可能になりました。
シアターオフはその逆です。

任意なアナウンスをさせることも、アレクサのおしゃべりをカスタムすれば可能です。

ただ、時々アレクサの反応が悪いことがあります。はっきりと意識的に発音する必要があるのですが、これは僕の滑舌が悪いせいです。(汗)


200506-12.jpg ちなみに、レコーダーの録画視聴の際には、AVアンプとレコーダーのリモコンを交互に手にしながらになります。

これ以上の操作、これから先は何でも声でというわけにも行きません。

一応「録画一覧」と選択の「上」「下」「決定」ボタンなど設定しましたが、選択の上下は1マスづつしか動かせず、2マス以上動かすためには、その都度『アレクサ、上』とか繰り返ししないといけません。

レコーダーについては「再生」「一時停止」「停止」以外は実際のリモコン操作の方が早いでしょう。

AVアンプのメニューを開いてからの再生モード設定なども、デノンの専用アプリの方が速いのです。


 スマートリモコンの「eRemote RJ-3」ですが、最初に専用アプリの低評価を見て心配になりました。
200501-2.jpgしかしこれまでに本体の初期設定、アプリの設定、動作共に問題なく使えています。

アプリがおかしくなったらアプリを閉じて再起動すると大丈夫でした。
ただ、Wi-Fi環境の整備は必要かも知れません。僕は最近整えてありましたので。


あとは、習うより慣れろですね。コレ大事。

AVアンプも正にそうです。多機能なので。
それの取説が不親切とか思われるならば、スマートリモコンの設定にも文句を付けたくなるかも知れませんね。


 さて次ですが、しばらく間が開くと思います。皆さんコロナにはお気をつけて。

 ステイ・ホームシアター。



eRemote RJ-3 イーリモート スマホでリモコン付き全家電をコントロール、外から操作可能。



Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール








 

posted by shu at 21:12 | Comment(2) | スマートホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

視聴位置後ろの話。

 こんにちは。忘れた頃に更新をするわけですが、ブログ形式では過去の記事が埋没してしまっています。都合よく検索に引っ掛からない限り、何を書いてあるかが探しにくいと思います。実際書いた本人が忘れている記事も沢山あります。
そこで、記事ネタを無理やり考えるよりも過去記事を振り返ってみようと考えました。

こういう時期です。ステイホーム最強趣味の1つ、ホームシアターです。この機会に新しい気付きの一助となれば幸いです。


 さて、うちのシアタールームの後ろ側の話です。

この画像ですね。
200412-4.jpgいくつかの情報が写っているわけですが、ここはクローゼットの入り口です。

ここにあるのが、プロジェクターのDLA-X770R、下にあるのが前後配置のサブウーファー2台の内の1台Q400bです。

まず、この位置にプロジェクターを置くことは新築時から決めていました。部屋がすっきりするからです。

スクリーンまでの投射距離は4.5mくらい。この距離だとズームが追いつかない機種もあるので選択時は注意が必要です。

・プロジェクターの設置方法
200412-1.jpg・・アングルラックを工夫しています。ラック自体は壁などにネジで固定してあります。

X770Rの設置について 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/460654079.html

歴代のプロジェクターも基本同じアングルラックを改造して設置しています。
プロジェクター設置関連 過去記事 
http://dfly1.seesaa.net/category/5010758-2.html

・配線は?
・・オーディオラックの後ろにクローゼットにつながる「穴」を開けてもらってあります。HDMIケーブルは5mで届いてます。

プロジェクター配線用の穴 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/105535953.html


次、サブウーファーについて。

・サブウーファーの2台めはなぜここか?
前後に配置すると包み込まれる感じが自然で、1本使いには戻れません。

Q400b設置について 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/434971470.html 
http://dfly1.seesaa.net/article/357686989.html

・電源SWはONのままか?
サブウーファーの電源SWはほとんどが後ろ、背面に付いていています。その都度のON、OFFは面倒です。もちろん音声信号感知で自動的にONしますが、古い機種は待機電力が馬鹿にならないのです。以前はスイッチ付きコンセントを使ってそちらでON、OFFしていましたが、ひと手間が地味に面倒。

そこで電源のON、OFFをリモコン化しています。
200321-1.jpgこれがこの前予告した画像です。
電源タップを縦にしてあるのは、リモコンコンセントを受信しやすくするためです。これでリモコンを前に向けても反応します。

前用のサブウーファー、XQ60bも既にこの方法を使っています。

200412-2.jpg付属のリモコンはこちら。最近のは色がグレーに。
ちなみに同じ部屋に2台あれば1個のリモコンで同時に反応します。

もっともこのリモコンは使いません。AVアンプのリモコンでマクロ機能を使い、すべての機器をワンボタンで立ち上げています。ストレスフリーです。

サブウーファーのスイッチのリモコン化 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/373589469.html

AV機器と待機電力 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/372922741.html


ホームシアター機器の立ち上げ・・リモコン・・そうですね。あれを使ってみても良いか・・スマートスピーカー。

200412-3.jpg

またそのうちに。





オーム電機 OHM ELECTRIC リモコンコンセント OCR05W ホワイト


Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa


 

posted by shu at 21:25 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク