2017年03月19日

トップフロントスピーカーの位置再考。 その3

 前回書きました通り、トップフロントスピーカーを仮設で300mm前方に移動して試聴したところ、良い感触を得まして、本格的に設置位置を変更してみることにしました。

せっかくならと今回、取付け方法には一考を加えることにしました。
スピーカーの位置を前後に移動可能な仕組みとしたのです。

 170212.jpg 170312-3.jpg

これはパイプの上をスライドさせる事で、前後に最大300mmの調整幅を得られます。

 試聴は以下の3箇所で行いました。
170219-2.jpg

1. トップフロントスピーカーを、一番後方(視聴位置寄り)にスライドさせた位置。
ここは従来の設置位置から見て、140mm前方の位置になります。
同時に仰角がちょうど45°の位置でもあります。

仰角45°は、ドルビーが推奨する設置範囲の基準とされる位置となります。

2. 真ん中あたりの位置。
ここが前回仮設で試聴した「300mm前方」の位置相当で、仰角は41°

3. 前方いっぱいにスライドさせた位置。
従来の試聴位置からは460mm前となり、仰角は38°


 以下結果です。

1.の仰角45°・・やはりこの程度の仰角が、つまり視聴位置から離れた方が、例の「ヘリコプターデモ」のヘリの旋回の前後の移動感が自然になって来ます。

2.の仰角41°・・ヘリの軌跡は、より前方を飛びます。
映画ソフトを試聴すると、前方の空間の高さと密度が上がるように思われます。
これはフロントハイトスピーカーを最初に設置した時の印象に近い感じがしました。

この条件での「ヘリコプターデモ」の聴こえ方のイメージはこうなりました。

170312-1.jpg

旋回の部分、前後方向への移動がはっきりして来ました。

3.の仰角38°・・ヘリの軌跡はもっと遠ざかりますが、ここまでやると後ろ側とのバランスが開き過ぎる気がします。
トップリアスピーカーからのヘリの音は後頭部の上を横切りますが、前方には離れすぎて頭上という感じはなくなります。


 さて、従来の設置位置(仰角48°)と比較した今回の試聴結果をまとめますと・・

天井のサウンドエフェクトの定位と音場の広さ(サービスエリア)はトップスピーカーの位置で明確に変わってしまいます。

このために、トップスピーカーの仰角45°は確保すべきだと思います。
これ以上の角度ですと、頭上の音場が狭くなり、前後の移動感と目前から上方までの空間密度も薄くなるように感じました。

もしも新築等で天井埋め込みをお考えなら、仰角45°の前後対称施工をおすすめします。
後では動かせませんのでね。

うちではトップリアスピーカーの位置が壁際であることから動かせず、トップリアと視聴位置を挟んで前後対称に設置していたわけですが、トップフロント側だけでも前方に移動することで、上に書いた要件を改善出来たと感じています。

 この前触れた、フロアスピーカーとトップスピーカーの位置関係を横から見た場合の「台形」の歪みが緩和されていることも、音場感に影響すると思っています。下の図の左が以前、右が今回移設した状態の台形イメージです。

 170319-1.jpg 170319-2.jpg

 
 以上の試聴の結果から、現在はわかりやすい効果があった、2の仰角41°の位置に決めて使用中です。

ただし、ヘリは本来視聴位置を中心に旋回をするはずが、(前後等分配置であれば)現状の軌跡は前方に偏っています。
これは視聴位置が部屋の後方に位置するため、仕方ないとするところです。
また、映像が展開するのは前方のスクリーンのみですから、スクリーンの外は視聴者の想像と感じ方に任される部分もあり、どこに定位すべきと測れるものでもありません。

しかし、理想の試聴位置はもっと前、サラウンドスピーカーが作るサークルの真ん中に近づくほど条件は良くなるはずです。

 一方で、ドルビーの推奨範囲は仰角30°までをOKとしています。
これはフロントとリアのハイトスピーカーの利用を見込んだものと思われますが、ヘリの軌跡はどうなるか、推して知るべしかと思います。


 もう1つ、「その1」で、「頭上に定位するはずの音が、それよりもやや後ろ寄りに感じる」と書きました。
これについては、トップスピーカーの位置が変わっても明確な改善は感じられませんでした。
収録音源がそうなのか、あるいは頭上のセンター定位を明確にするための「天井6本」を必要とする問題なのかも知れません。


 肝心の「それらしい」ソフトですが、最近の(ちょっと古いけど)手持ちのですと、これですかね。↓



 

2017年02月26日

トップフロントスピーカーの位置再考。 その2

 天井スピーカーのフロント側を、従来の位置よりも前に設置したらどうなるか?というテストです。

 まず、従来の天井スピーカーの配置のおさらいです。

・基本的には、視聴位置の前後に均等配置としたものです。
前後のスピーカーの距離に数値の違いがありますが、施工誤差です。(または施工ミスとも言いますが。笑)
170219-1.jpg

・なぜ45°前後均等にしなかったのか?
トップフロントで言えば、あと140mm前に移動すると45°になりますが、リア側が壁に近くなり過ぎるのを避けた結果です。部屋の角に近づけるのは音に影響して、フロント側との音質の差も出てくるからです。

・台形の配置が気になっていた。
フロアスピーカーと天井スピーカーの位置関係を結んだ台形が、後ろに偏った形状であるのは、バランス的にどうかという疑問です。(これは視聴位置の問題ですが)
170226-1.jpg


 この配置では、前回の記事で書いた「ヘリコプターデモ」の軌跡のように、天井スピーカーの音像はスピーカーの手前(視聴者寄り)に定位します。これは意外と思ったよりも手前でした。
ですから、天井の音場イメージは4本のスピーカーで囲まれた範囲よりも、実際はもっと狭くなる感じなのです。

 以上の事も踏まえて、現状からトップフロントスピーカーのみ300mm前側に※仮設してテストしました。

方法はこうです。
170219-5.jpg 170219-7.jpg

テスト用のスピーカーはヤマハのNS-10MMTという、知る人ぞ知る往年の小型スピーカーですが、このくらいの容量があれば天井スピーカーには十分使えると思います。
工作用のクランプのバーを、既設のアングルに通した状態にして、壁掛け金具との隙間に挟んた状態です。

170219-6.jpgトップスピーカーのマウントがアングルだとこういう実験には使えます。

・・そもそも、このアングルがダメ?

機能性は抜群なのですがね。

見た目?・・そうですか。

お部屋の景観破壊、器物破損の観点から見てアウトなら、どうしようもないですね。

 ともあれ、この状態での効果は、はたして・・・

音像イメージは、やはり前方に遠ざかっています。
ヘリコプターの軌跡がUターンでは無く、旋回に近づきました。
同時に前側の音場が上方にやや広がったように感じます。

オブジェクトの定位感、解像度も上がるようです。
(この手のテストには「ネイチャー」の波のシーンから海中、滝のシーンがわかりやすいです)

 これで、トップフロントスピーカーの移動は効果的だとわかりました。
早速、本格的に移設を考えることにしました。



続きは次回です。



 ※実は300mmの根拠がありました。
「ヘリコプターデモ」の聴きながら、チェアを180°回転させて後ろを向いてみました。
後ろを向くと、頭(耳の位置)が4本のトップスピーカーの中心から、後ろ側にオフセットされた状態になります。(目前のトップリアスピーカーからは遠くなる)それが良い感じだったのです。

この時の頭の位置のオフセットがちょうど300mmでした。
これだけでも前方に離せば効果はあると。


NS-10MMTと同等品はこのあたりでしょうか。↓
NS-B210 [MB:ブラウンバーチ]YAMAHA(ヤマハ) 単品スピーカー

 

2017年02月18日

トップフロントスピーカーの位置再考。 その1

 天井(トップ)スピーカーを2本、トップミドルスピーカーとして設置する場合、試聴位置のやや前側が良いとAVアンプの取説に記載しているメーカーがあります。

僕も経験から、2本設置の場合の角度はほぼ70°で良しと判断して実際に取付けていました。

なぜ視聴位置の真上でなく、やや前なのか?

真上では音が後方、つまり後頭部に廻ってしまうためです。音を真上に自然に定位させるには、トップミドルスピーカーはやや前側に設置するのが良かったのです。(参考過去記事

 対して、天井スピーカーを4本設置の場合には、視聴位置の前後に均等配置するというのが基本の形とされています。
また、その角度については前後45°が望ましいという評論家さんのレポートも見かけたことがあります。

しかし、トップミドルスピーカーについては、やや前側設置としていたものを、4本設置では単に前後均等振り別けで良いのかという疑問が無きにしもあらずなのでした。

 では、拙宅の設置環境で、実際の音はどうだったのか?
実は以下の点で不満、または消化しきれていないと感じる事がありました。

・頭上に定位するはずの音が、やや後ろ寄りに感じる。

・ドルビーのデモディスクに入っている「ヘリコプターデモ」の聴こえ方の違和感。

「ヘリコプターデモ」とは、ヘリが左旋回する様子を天井スピーカーで再現するデモ音源です。

僕が感じた違和感の具体的イメージはこうです。
赤い線が、ヘリが旋回する軌跡の聴こえ方ですが、旋回飛行にしては不自然なのです。
170219-3.jpg


これだとヘリは「旋回」と言うよりも、左右にほぼ行ったり来たりするだけのように聴こえるのです。
点線で書いた前後方向の移動感が曖昧ですし、前後の軌跡が視聴位置(頭上)に近すぎです。

これでは天井の音場が狭く、前後の移動感に乏しいことになっていないか?

 これを改善するにはどうすれば良いか・・

トップフロントスピーカーを、実験的に前に仮設してテストすることにしました。

170219-5.jpg(仮設スピーカーはこれで300mm前)


次回に続きます。


・・なのですが、先に結論を書いておきます。
結論を引っ張るテレビの情報番組のようでは、イライラしますよね。

せっかくトップスピーカーを取付けるなら、視聴位置前後に45°配置はマスト。
これ以上狭くなる配置は、おすすめしません。(せめてトップフロントだけは厳守)




 

2017年01月29日

サブウーファー用ケーブルの新調。

唐突ですが、サブウーファー用の接続ケーブルは何をお使いでしょうか。

そもそもサブウーファー専用が必要?映像用ピンケーブルでも音は出ますし。
それに専用品を探すと選択肢は多くないように感じます。

だからここは自作という選択もあります。
そういう訳で、うちで稼働している2台分のサブウーファー用ケーブルを自作で新調して、従来の使用ケーブルと比較してみました。

まあ、僕なんかがここにわざわざ書かなくても、先達の方々がいらっしゃるわけですが。(ネタ埋めの記事稼ぎです)

170129-1.jpgまず、ケーブルの選択は「MOGAMIの2497」で、1mあたり1300円。
カタログによるとHi-Fiライン接続ケーブルという括りの製品です。

モガミは自作ケーブルを意識すると、必ず視界に入ってくるブランドです。
正直詳しくはありませんが、ケーブルの外径の太さ(Φ8)質量、見た目で選びました。

RCAプラグにはAmazonで見つけたこちら。

170129-4.jpg 170129-3.jpg

コレットチャック式のこれは、某F社のものに似ていますが、4本で2450円。半田付けタイプを選択。重量感あります。

170129-5.jpg2497の被覆を剥くとこんな感じ。同軸ケーブルです。

ホット側はもちろん半田付けですが、コールド側は折り返した状態のままネジ留めで組みました。
しかし、どうも音の出方が物足りないように感じました。

170129-6.jpgここはやはり手抜きせずに、コールド側(シールド線)をまとめて半田付けをした方が良かったです。

ですが、線の束が太くなることと、プラグのケースの内径に余裕が無くて、少々苦労します。
束にまとめたら、半田あげ部分の長さを極力短くすることです。

半田には特別こだわっていません。
ホームセンターにある音響部品用です。

さて、これまで使用していたケーブルとの比較です。

170129-7.jpg上から、今回作ったもの。

その下が、BELDENの8412の自作品で、メッシュチューブ付き。XQ60b用でした。

一番下はモンスターケーブルの「MB300SW-4M」4mで1万円。
現行の400番の1つ前の製品かと。Q400b用でした。

低音の出方、量感はBELDEN8412とモンスターケーブルがほぼ同等。
ちなみにメッシュチューブが無い8412とでは、モンスターケーブルが優位でした。

では、MOGAMIの2497はどうかと言うと・・趣きが異なります。

低い音自体はBELDEN8412の方が出ているようで、サブウーファー向けに低音を送るという用途にはあっているようではあります。
しかしその感じは、パレットに例えるとベタ塗りの一色。あえて言うならウエットな低音。

170129-2.jpgMOGAMI2497では、同じ色でも濃淡があるような感じ。
ピッチが高いのかも・・やや乾いた低音?良く言えば解像度があるのかと。

この表現性、聴こえ方、これはこれで良いと思えました。

あるいはメッシュチューブを被せると、もっと低音は増すのかも知れませんが、半田付けですし、今回はこれで収めておきます。



さて、最近ふと思うことが。

そうだ。
トップフロントスピーカーの位置を前に少し移動したらどうなるだろうか?

次回ネタです。ほぼ月刊だと思っていてください。(笑)



MOGAMI 2497 75Ω同軸ケーブル m/切り売り




AEC ハンダ式RCAプラグ ブラック4個セット


 

posted by shu at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | RCAケーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

2017年の予測。

明けましておめでとうございます。

さて、ご挨拶だけでは文字数が足りないので、無理やりに個人的視点から今年のオーディオ・ビジュアルシーンの予測を羅列することにしました。

まず、大きな流れの中心となるのはUHDブルーレイでしょうね。

プレーヤーの方もOPPOの動向を注視している人もいらっしゃるでしょう。
しかしまだ、出始めなのでこれからです。

モニターがTVの人はとっつきやすいですかね。プロジェクターは高価過ぎますから。

しかし、UHDブルーレイ。どうなんでしょう。
世間の半分はまだDVD見てますが。

業界は両極端の2極化を考えている?
普通のブルーレイを差し置いて?

まだ個人的にはちょっと実感の薄い存在です。
今年仮にUHDブルーレイの再生環境を整備すると考えると、ざっくり50万以上のコストが掛る。大変だあ。


次はAVアンプの傾向について。

フラッグシップについては11ch化が進みそうに思います。
デノンのAVR-X7200WAの後継も、次は11chになるのか。セパレートの復活か?

しかしデノンとマランツが採用する音場補正技術、Audyssey(オーディシー)も、もう見劣りしているように思いますから、そろそろ新技術のアプローチが欲しいです。

ヤマハがやっているような、スピーカー位置の3D計測をオートセットアップに取り入れることですね。

パイオニアのMCACC PROに3D計測が加わったら最強でしょう。


DTS:Xのバージョン2

DTSがそんなものがあるような事を、ずっと前に匂わせましたよね。雑誌の記事で。(WEB上だったかな)

「雑誌の記事で」・・これをあてにしたらダメだって、少なからず学習した人もいますよね。
まともに受け止めたらダメです。

メーカーからのリリース情報以外は気に留めないことです。


Auro-3D収録ソフトが出る?出ました?

ああ、12月21日発売の「ゴーストバスターズ」UHDブルーレイが「対応」になってますね。
でも再生機器側が未対応じゃあないですか!

デノンとマランツとヤマハの上位機種あたりはアップデートで(有償の可能性?)あるかも知れません。
仮に対応後のスピーカー配置は、天井スピーカーか、ハイトスピーカーの設置環境での兼用が現実的だと思います。

しかし、これも慌てる必要は無いのでは?
ソフト側の対応はUHDブルーレイだけかも知れませんね。まだ先がわからないです。


あとは何ですか?・・正直これ以上は手がまわりません。(笑)

本年もゆるく更新します。よろしくお願いします。



【送料無料】 ゴーストバスターズ / ゴーストバスターズ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット【初回生産限定】(2枚組) 【BLU-RAY DISC】


 

posted by shu at 16:41 | Comment(5) | TrackBack(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク