2020年05月06日

アレクサ、シアターオン!

 賢明な皆さんならばもうお試しでしょうか?

200506-13.jpgホームシアターを声で操作してみようっていう話です。
と言ってもこれは正直、基本操作までです。
深いところの操作まで『アレクサ、』でやってみると、返って煩わしくなってしまいます。

立ち上げと終了。これらなら完璧です。

 まずは、今更ながらのホームシアターのリモコン事情から。
リモコンの数は常時必要なのだと5個くらい。
デフォルトの基本操作はまず、電動スクリーンを降ろして、プロジェクター、レコーダー、サブウーファー、AVアンプをONして入力ソースの選択。これが立ち上げの手順です。

この立ち上げに関して最近、AVアンプのリモコンのマクロ機能が使いやすくなりまして、それで一括操作していました。

AVC-X8500Hのリモコンにはマクロ機能用ボタンは4個あります。
Aボタンがレコーダー使用時の立ち上げ、BボタンがBDプレーヤー使用時の立ち上げ、Dボタンは全部OFFという具合にしていました。

このマクロ機能、最初にこれを試した時は感動ものです。ワンボタンで全部ONする様を体験するとですね。
これでも十分に目的は果たすわけですが、赤外線ですからそれなりの制約というものがあります。

言わずもがなですが、リモコンを向ける方向があります。うちでは仰角30度、1時15分くらいを狙ってボタンを押します。(細けー 笑)
しかもすべての信号を出し切るまで、ほんの数秒でもその方向に保持しないといけません。
言われてみれば、でしょう?って話ではありますが。

200506-11.jpg そこで、このシアターの立ち上げ、終了など一連の操作を「スマートリモコン」に置き換えて、更に「スマートスピーカー」のアマゾン・Echo(以下アレクサと書きます)に連携させました。

購入したスマートリモコンは「eRemote RJ-3」という製品です。

少々古い製品のようですが、レビュー実績があってシーン機能(マクロ機能と同じ連続操作)があること。それと外見がシアタールームに馴染むだろうというのが決め手でした。

 まずは、操作したいリモコンのボタンを1個づつ、デバイスの「照明」項目を利用して登録して行きます。
 200506-8.jpg  200506-3.jpg

方法は「照明」の「オン」に、例えばスクリーンの「ダウン」ボタンを登録するといった具合にです。
他の項目の「オフ」と「明」「暗」はスキップします。

そして名前は「照明」では無く、「スクリーンダウン」というデバイス名にします。
これを必要なだけ作成して行きます。

作成したデバイスは結構な数になります。画像は一部見切れています。
赤枠の範囲が各デバイスです。

青枠の範囲は「カスタム」で作成したものです。これはスマホをリモコン代わりに操作するための項目で、複数のボタンを登録したものです。

シアターの立ち上げといった連続動作をさせるためには、スマートリモコン側のアプリで「シーン」を作成します。
 200506-2.jpg  200506-4.jpg 

作成したデバイスとシーンをアレクサアプリに認識させます。『アレクサ、デバイスを探して』で可能です。
 200506-7.jpg  200506-6.jpg

次に個々の操作をアレクサに話しかけて操作するための「定型アクション」を作成します。

200506-9.jpg例えば、レコーダーSCZ2060の「再生」操作をさせる場合です。

定型アクションの設定画面です。
実行条件は、アレクサに話しかけるワードです。

アクションを追加で、デバイスを選択します。「SCZ2060 再生」を選択します。


200506-10.jpg一方、シアター立ち上げの場合は、このアクションを追加で「シーン」を選択するのです。

これで『アレクサ、シアターオン』と話しかけてシアター機器の一斉立ち上げが可能になりました。
シアターオフはその逆です。

任意なアナウンスをさせることも、アレクサのおしゃべりをカスタムすれば可能です。

ただ、時々アレクサの反応が悪いことがあります。はっきりと意識的に発音する必要があるのですが、これは僕の滑舌が悪いせいです。(汗)


200506-12.jpg ちなみに、レコーダーの録画視聴の際には、AVアンプとレコーダーのリモコンを交互に手にしながらになります。

これ以上の操作、これから先は何でも声でというわけにも行きません。

一応「録画一覧」と選択の「上」「下」「決定」ボタンなど設定しましたが、選択の上下は1マスづつしか動かせず、2マス以上動かすためには、その都度『アレクサ、上』とか繰り返ししないといけません。

レコーダーについては「再生」「一時停止」「停止」以外は実際のリモコン操作の方が早いでしょう。

AVアンプのメニューを開いてからの再生モード設定なども、デノンの専用アプリの方が速いのです。


 スマートリモコンの「eRemote RJ-3」ですが、最初に専用アプリの低評価を見て心配になりました。
200501-2.jpgしかしこれまでに本体の初期設定、アプリの設定、動作共に問題なく使えています。

アプリがおかしくなったらアプリを閉じて再起動すると大丈夫でした。
ただ、Wi-Fi環境の整備は必要かも知れません。僕は最近整えてありましたので。


あとは、習うより慣れろですね。コレ大事。

AVアンプも正にそうです。多機能なので。
それの取説が不親切とか思われるならば、スマートリモコンの設定にも文句を付けたくなるかも知れませんね。


 さて次ですが、しばらく間が開くと思います。皆さんコロナにはお気をつけて。

 ステイ・ホームシアター。



eRemote RJ-3 イーリモート スマホでリモコン付き全家電をコントロール、外から操作可能。



Echo Dot (エコードット)第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール








 

posted by shu at 21:12 | Comment(2) | スマートホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

視聴位置後ろの話。

 こんにちは。忘れた頃に更新をするわけですが、ブログ形式では過去の記事が埋没してしまっています。都合よく検索に引っ掛からない限り、何を書いてあるかが探しにくいと思います。実際書いた本人が忘れている記事も沢山あります。
そこで、記事ネタを無理やり考えるよりも過去記事を振り返ってみようと考えました。

こういう時期です。ステイホーム最強趣味の1つ、ホームシアターです。この機会に新しい気付きの一助となれば幸いです。


 さて、うちのシアタールームの後ろ側の話です。

この画像ですね。
200412-4.jpgいくつかの情報が写っているわけですが、ここはクローゼットの入り口です。

ここにあるのが、プロジェクターのDLA-X770R、下にあるのが前後配置のサブウーファー2台の内の1台Q400bです。

まず、この位置にプロジェクターを置くことは新築時から決めていました。部屋がすっきりするからです。

スクリーンまでの投射距離は4.5mくらい。この距離だとズームが追いつかない機種もあるので選択時は注意が必要です。

・プロジェクターの設置方法
200412-1.jpg・・アングルラックを工夫しています。ラック自体は壁などにネジで固定してあります。

X770Rの設置について 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/460654079.html

歴代のプロジェクターも基本同じアングルラックを改造して設置しています。
プロジェクター設置関連 過去記事 
http://dfly1.seesaa.net/category/5010758-2.html

・配線は?
・・オーディオラックの後ろにクローゼットにつながる「穴」を開けてもらってあります。HDMIケーブルは5mで届いてます。

プロジェクター配線用の穴 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/105535953.html


次、サブウーファーについて。

・サブウーファーの2台めはなぜここか?
前後に配置すると包み込まれる感じが自然で、1本使いには戻れません。

Q400b設置について 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/434971470.html 
http://dfly1.seesaa.net/article/357686989.html

・電源SWはONのままか?
サブウーファーの電源SWはほとんどが後ろ、背面に付いていています。その都度のON、OFFは面倒です。もちろん音声信号感知で自動的にONしますが、古い機種は待機電力が馬鹿にならないのです。以前はスイッチ付きコンセントを使ってそちらでON、OFFしていましたが、ひと手間が地味に面倒。

そこで電源のON、OFFをリモコン化しています。
200321-1.jpgこれがこの前予告した画像です。
電源タップを縦にしてあるのは、リモコンコンセントを受信しやすくするためです。これでリモコンを前に向けても反応します。

前用のサブウーファー、XQ60bも既にこの方法を使っています。

200412-2.jpg付属のリモコンはこちら。最近のは色がグレーに。
ちなみに同じ部屋に2台あれば1個のリモコンで同時に反応します。

もっともこのリモコンは使いません。AVアンプのリモコンでマクロ機能を使い、すべての機器をワンボタンで立ち上げています。ストレスフリーです。

サブウーファーのスイッチのリモコン化 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/373589469.html

AV機器と待機電力 参考記事 
http://dfly1.seesaa.net/article/372922741.html


ホームシアター機器の立ち上げ・・リモコン・・そうですね。あれを使ってみても良いか・・スマートスピーカー。

200412-3.jpg

またそのうちに。





オーム電機 OHM ELECTRIC リモコンコンセント OCR05W ホワイト


Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa


 

posted by shu at 21:25 | Comment(0) | ホームシアターコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

スピーカー配置図更新と近況。

 しばらくでした。今回はスピーカー配置図の更新(右コラム)と共に近況を書きます。
ただし、文末で椅子からずり落ちたり、スマホを手から落としたりしないようご注意ください。

まず配置図についてですが、換装したトップミドルスピーカーを書き直したのみで他の変更箇所はありません。
細かい説明は過去に書いてきましたので、ざっくりと以下の点だけ説明しておきます。

200321-0.jpg

・天井6chと4chの差

さて、天井、すなわちオーバーヘッド6ch構成というのはまず、多くの人から見ても一般的で無い。
そもそもこんなことは物理的に出来ないし、そうまでする価値と効果があるのかどうか?

Dolby Atmosを実践するにあたり、僕の感想ですと天井2本だとやはり簡易的再生になるんです。頭上感だけはありますけれども、本格的に取り組むなら、やはり4本が良いです。前後の移動感が出ますのでね。

では6本になるとどうなるか?
・・こうなります→オーバーヘッドスピーカー2本<<<4本<6本。
そうですね、6本と4本の違いは2本から4本に変えたときの段違いな感じほどは無いです。

ただ経験上言えるのは、実音源は多い方が良い。これはあります。
だからこれは比べるとわかります。この前の記事で書いた通りです。だけど比べなきゃわからない。こうも言えます。

AVC-X8500Hは買えない。6500ならどうだろう。そういう人は大丈夫です。前後ハイトスピーカーの7.1.4配置でイケます。
ヤマハを選ぶ人の場合も、売りの前後のハイト構成を捨ててトップ構成をあえて選ぶこともどうかなと思います。

20-0120-1.jpg


・Auro-3Dのトップとセンターハイトの効能

これはX8500Hの特権ですが、それでも、これらまではいらんだろう。と思われるでしょう。
これも実音源があるだけは効きます。トップサラウンド(ボイスオブゴッド)は、頭上を横切る定位感に寄与します。(アップミックスでも)
センターハイトはセリフのリフトアップに寄与している感じがします。

でも、この前の記事でこだわっていた、クロスオーバー値が高くないか?
この2本のスピーカーは薄型で低音が出ないタイプなのにこれでも良いのか?

実はこの2本、ガンガン鳴っているようでも無いんです。耳を近づけないとほとんどわからないくらい。
だからクロスオーバー値はそう影響しないのかも。実際にAuro-3Dアップミックスの13.2chの時と7.2.6のDolby surroundを比べても出て来る低音の量感は同じです。(むしろなぜかAuro-3Dアップミックスの方が出るくらい)


・スピーカーの大小設定について 

これはAVアンプのセットアップにおける、あるあるです。
良く見かけるのが、オートセットアップの結果が実際に則さず、「小」判定されるけど「大」に設定を変えましょう。というもの。

うちでは「大」と判定されるのはフロント(メイン)スピーカーの2本だけです。ですがなぜか「小」とされる場合もあります。

フロアの5chのうち、センターのQ600cも大きいし、サラウンドのiQ7も大きい。ならみんな「大」で良いのでは?
そうとも限りません。僕は聴感で決めています。
フロントのQ700は「大」でOK。(しかし「小」判定でもクロスオーバー値は40Hzなので聴感はそう変わらず)
サラウンドのiQ7は「小」のまま。「大」だと微妙にキレが無くなるという判断。

そしてセンターのQ600c。Q700と同じユニットがついているけど、しかしこれも「大」にはしません。セリフの量感が明らか減るからです。
人の声はかなり低いんです。これはサブウーファーに手伝ってもらった方が良い結果になっているからです。


配置、位置については前から散々書いてきました。位置は推奨の範囲を守ること。これは重要です。特にスピーカーの数が増えた分、飽和するからアバウトでOKということもありません。むしろ逆です。


 ここからは近況です。

・もはやメインは動画配信・・Netflix、アマゾンプライム・ビデオその後

正直パッケージを買うことが減ってます。これはというもの以外ですね。UHD BDは高いですし。
そこでアトモス作品の多いNetflix。アトモス効果のわかりやすい作品もあります。どんな感じだろうと思われるならば「アースクエイク・バード」をおすすめします。

でもNetflixは今月はお休みしてます。WOWOWで撮り溜めたものが見きれなくなります。1ヶ月契約出来るのは配信の妙です。

話が違いますが、4Kの大河ドラマは良いですよ。5.1chですし。大河が5.1で観られるようになるとはねえ。目がチカチカ?一般家庭のTVは輝度とシャープネスを上げすぎだからですよ。画質モードを変えましょう。

アマゾンプライム・ビデオ?あー期待はずれでした。「ジャック・ライアン」のシーズン1のみが唯一アトモス収録作品。しかし最近、そのつかみの第1話がなぜかアトモスでは無くなっている。なんでですかね。

じゃあアマプラ・ビデオは使い道無しか?

いや、ありました。

ガチガチの7.2.6システムを組んで最近は何を観ているのか・・

「ゆるキャン△」ですよ。アニメも実写も。
ああいう、ゆるゆるなのも良いです。

まあ、ほぼ地元なんで。梨っ子ってやつです。

るるぶ ゆるキャン△ (JTBのムック)





次これ、気が向いたら記事にします。

200321-1.jpg・サブウーファーのリモコン化

リモコンと言っても電源のON、OFFのことです。

オーム電機 OHM ELECTRIC リモコンコンセント OCR05W ホワイト





Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

posted by shu at 12:30 | Comment(0) | スピーカー配置図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

トップミドルスピーカー換装。まとめ

 トップミドルスピーカーを、他のオーバーヘッドスピーカーと同じKEFにして、サイズもアップしてどうなったかをまとめます。

200126-1.jpg 200126-2.jpg

結論から言えば、オーバーヘッドスピーカー6本の中にメーカーの異なるスピーカーを混在させたのは間違いだったと、なります。
あらためて音を聴くと違いがありました。その具体的な音源は以下のものです。

Dolby Atmosデモディスクに収録の映画「Unbroken」のワンシーンです。
爆撃機B24の後方へ向けたカメラがパンニングして胴体窓で機銃を構える銃手を正面に捉えるのに合わせて、プロペラエンジンの音も視聴位置の後方※から頭上へと移って行くいうシーンがあります。以前はここで音の繋がり、音質にわずかな違和感がありました。
※実機の機首側からということです。胴体窓の銃手の位置は主翼の後ろで、エンジンは主翼に付いています。

この時、オーバーヘッドスピーカーからの音の出方は(フロアのスピーカーもここでは一緒に鳴っています)最初、リアハイトスピーカーが強く鳴っていて、その音がトップミドルスピーカーとフロントハイトスピーカー側に音が移って行くというものです。
このシーンでの音の繋がりが自然になり、音質の違和感も無くなりました。

検証にはAVアンプAVC-X8500Hの設定で「アンプの割り当て」から「ハイトスピーカー4ch」を選択すると、トップミドルスピーカー無しで再生できます。これとトップミドルスピーカー有りの時を比較しました。
つまり、ハイトスピーカーが4本の時の頭上で聴こえる音はつまり、ファントムの頭上音源です。それがトップミドルスピーカー有りの時と同じ様に聴こえるかどうか?です。
AIM5 Threeの時に比べて、これがすんなり馴染んだというが今回の結果です。

それとクロスオーバー周波数の数値が110Hzから90Hzに下がったも、モノを言います。結果、低音が割増して、迫力が一段上がりました。

サラウンドのスピーカー構成に小さなスピーカーを入れること、クロスオーバー値を上げるので低音を食って軽い音調になると、前から書いてきました。この小さなスピーカーの混在を問題にならないとする人もいますが、出てくる音の違いがある以上、僕にはわかりません。

あと、先の記事で挙げたこのクロスオーバー周波数の設定画像ですが、違和感を覚える人が居られたかも知れません。そもそも他のスピーカーの設定値に違いが有るではないかと。
(左がProfile AIM5 Three 右がKEFのCi160.2CR)
191231-3.jpg 191231-2.jpg

今回視聴位置と言うか耳の高さを見直して、測定マイクの位置をやや下げて(50mm)います。それと、確かにその都度の測定誤差というのは有るのですが、これは実はCi160.2CRに換装後のデータは、オートセットアップをアプリ版の「Audyssey MultEQ Editor」を使用した結果によるものです。
対するProfile AIM5 Threeの時はAVC-X8500H内蔵の「Audyssey MultEQ」を使用していました。

経験上、双方微妙に結果が異なりまして、傾向としてはアプリ版の方が設定値がシビアに出るような感じもします。
アプリ自体は有料で、AVアンプとのやり取りする分の時間が掛かってしまい、使い勝手が良くないのが残念ですが。

 ところで冒頭に「メーカーの異なるスピーカーを混在させたのは間違いだった」と書きましたが、様々な事情でスピーカーのメーカー、モデルの混在というのは、なかなか避けられないことでもあります。特にフロアのスピーカーとオーバーヘッドスピーカーを揃えるのは難しいでしょう。

それでも実用上はそれほど気にならないということもありますが、揃えた効果の有り無しで言えばそれは有ると言えます。
今回の場合だとテストトーンの音色から全く違っていたのですから、言わずもがなではありました。

しかし、同じメーカーであっても、モデル、取付け方法、位置の違いによって出て来る音は全く同じ訳でもない。というのも否定できず・・・最後は精神衛生上安心だから。という言い分を付け足しておきます。


 さて、これでうちの7.2.6ch構成もこれで、しばらくは落ち着くと思います。どれか壊れるまでは。
200126-3.jpg

しかし、クロスオーバー設定値の話をしたらAuro-3D用のトップとセンターハイトは高いがどうなんだ?ですかね。
それについてとか、天井6chと4chの違いとか、スピーカーの大小設定の話とか・・また次の機会にします。


残念ながらアトモス仕様では無いようですが。↓

アンブロークン 不屈の男【Blu-ray】 [ ジャック・オコンネル ]





 

posted by shu at 15:53 | Comment(3) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

トップミドルスピーカー換装。その2

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年手を入れた事と言えば、何のことはない1年前の焼き直し。トップミドルスピーカーを13センチから16センチに交換しまして、メーカーも他に合わせてKEFにしました。(画像の左が口径約13センチのProfile AIM5 Three。右が16センチのCi160.2CR)
191230-1.jpg 200102-5.jpg
まあ最初からそうやっておけよって話ですが、言い訳の方は前回書きました。

そもそも天井埋め込みスピーカーなんて相当のレアケース、極めてピンポイントな話の様なので、せいぜい向こう2、3ヶ月で2、3人の方の参考になれば良いかなーと思います。
それ以外の方には退屈な記事でしょうからスルーされてもやむ無し。

事実、Profile AIM5 Threeをヤフオクに出しましたが、入札には2週掛かって1件のみ。最初の価格のまんま落札されるっていう、出品者としてはまあ、アレな状況でしたのでね。

能書きはこれくらいにして、レアな情報が欲しい人のために前回の続きを書きます。

KEFの天井埋め込みスピーカー、Ci160.2CRってどんなモノで、取付けはどうするのか?
191230-8.jpg 200102-1.jpg
取付け方法と言うか、仕組みとしては他社も似たようなものでしょう。
AIM5 Threeは4箇所でしたが、Ci160.2CRは3箇所のL型のステーがねじを締めて行くことによって展開し、そのまま石膏ボードを挟んで固定するという仕組みになっています。
これ結構ネジを回します。地味にキツイ作業です。
プロの方々なら取付けには充電ドライバードリルを使うのでしょう。僕はネジの頭をナメたくなかったので、手締めしましたけど。

200102-4.jpgスピーカーには透明のカバーが付いています。経験者ならわかると思いますが、これは助かります。

なぜかと言いますと、取付けの時に下からスピーカーを片手で押し上げる格好で持つのですが、このカバーがあると、スピーカーに直接触れてコーンをどうにかしてしまう(傷とかへこみとかですよ)危険が無くなる訳です。

ただし、このカバーを付けたままではこの3箇所のネジが回せません。
200102-3.jpg 200102-2.jpg
なのでこのネジの場所にあたる凹みに穴を開けます。これでカバーを付けたままネジが回せます。
何度も言いますが、このカバーが無いと取付け作業でスピーカーコーンに触ってしまうでしょうね。

さて、13センチのProfile AIM5 Threeから、KEFの16センチCi160.2CRに換装したことで具体的にどうなったのか?

まず両者をプリメインアンプPMA-2000REに繋いで単独の2chで聴いた感想ですと・・
Profile AIM5 Three・・低音はほとんど出ていないので、サブウーファー無しでは物足りない。音の拡散、包まれる感じも薄い。
Ci160.2CR・・普通に低音が出てくる。単独で充分聴ける。拡散、包まれ感良好。
という違いがありました。実は天井埋め込みでは低音は期待できないのではないかという懸念もあったので。これには安堵しました。

音のつながりについて・・具体的な音源の比較、今回はここまで。次回で書きます。





 

posted by shu at 21:59 | Comment(3) | スピーカー天井埋め込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     スポンサードリンク